ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 日本語
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • Korean
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • 資料請求
  • お問合せ
  • サイトマップ

研究者検索

大学紹介


ここから本文

HOME > 横浜市立大学鶴見キャンパス・理化学研究所横浜研究所が一般公開を実施

横浜市立大学鶴見キャンパス・理化学研究所横浜研究所が一般公開を実施

記 者 発 表 資 料
平成22年5月28日
公立大学法人横浜市立大学
学務・教務課長 廣瀬 進
TEL 787−2496
独立行政法人理化学研究所
横浜研究所
総務課長 佐藤 太一
TEL 503−9322

一般公開 「世界最高峰の未来体験へ。」

横浜市立大学鶴見キャンパスと理化学研究所横浜研究所は共同して、7月3日(土)に毎年恒例の「一般公開」を開催します。

「一般公開」は、今年で9回目。昨年度は2,600名以上の方々が訪れた大好評のイベントです。ふだん見ることのできない実験設備や施設を公開し、タンパク質を中心とした生命科学分野の研究について理解を深めていただく機会を提供しています。

大学、研究所の研究室や研究施設の公開だけでなく、今年も生命科学分野の最先端の研究内容をご紹介する講演会や、子ども向けの実験教室、コンピューターなどを使った体験実習、ジグソーパズルラリーなど、楽しい催しが満載です。
また、受験を考えている学生の方に入試相談も行います。

開催日時

平成22年7月3日(土) 午前10時〜午後5時(最終入場は午後4時30分)
※無料、入場自由。プログラム詳細は、別添チラシ参照のこと。

会場

横浜市立大学鶴見キャンパス
理化学研究所横浜研究所
〒230-0045
横浜市鶴見区末広町1−7 
(市大)TEL 045−508−7201
(理研)TEL 045−503−9110

【無料シャトルバス(JR・京急鶴見駅前)】
JR鶴見駅東口10番乗り場から
一般公開会場まで直行(一般公開当日のみ)
(公共の交通機関をご利用の場合)
鶴見駅東口バスターミナル7番乗り場より
川崎鶴見臨港バス「ふれーゆ」行き
「理研・市大大学院前」下車 徒歩1分
またはJR鶴見線「鶴見小野駅」下車 徒歩15分

取材の方は、当日直接、横浜市立大学鶴見キャンパス1Fプレス受付にお越しください。

「施設一般公開・講演会」プログラム(横浜市立大学)

(1) 横浜市立大学の施設公開、研究室紹介 (10:00〜17:00)

・パネルやポスター展示による研究内容の紹介
・模擬実験(いろいろな色のイクラを作ってみよう他)
・超低温の不思議な世界
〜-196℃のマシュマロを試食してみよう!〜
・実験機器のデモストレーション(質量分析装置他)
・NMR、X線回折装置、スーパーコンピューターの公開、説明
・鶴見キャンパスにおける最近の研究成果の紹介

(2) 実験教室、体験型イベント

  実験教室 体験型イベント
テーマ 「ホタルの光をつくってみよう!」 「からだの不思議を調べてみよう」 クイズに答えてバイオ分子博士になろう! 〜認定証がもらえるよ〜 細胞の膜タンパク質研究とシャボン玉 〜シャボン玉で遊ぼう!〜
対象 小中学生(保護者同伴可) どなたでも参加可
時間 1回目
 11:00〜12:00
2回目
 14:00〜15:00
1回目
 12:30〜13:30
2回目
 15:30〜16:30
10:00〜17:00(随時)
場所 2階学生実習室 2階コンピューター実習室 1階バルコニー
定員 各回20名 各回20名 なし
受付方法 当日1階ロビー実験教室受付窓口にて受付 直接会場にお越しください
※受付は10:00より先着順。(定員に達し次第締切)

(3) 講演会

時間 11:00〜11:45
場所 理化学研究所交流棟ホール
講演タイトル「インフルエンザへの挑戦」
講師 横浜市立大学大学院生命ナノシステム科学研究科
教授 朴三用
<講演内容>
人類は20世紀に入り数回の新型インフルエンザウイルスの登場を経験しています。新型インフルエンザウイルスが出現すれば、人々は当然過去にこのウイルスの感染を受けた事がないため抗体もなく、一時に新型ウイルスの感染を受ける人が多くなり、容易に大流行が起こります。高病原性である鳥インフルエンザウイルスの人への感染や2009年4月にメキシコで発生し大流行を見せた豚由来の新型インフルエンザは記憶に新しいです。幸いにタミフルなどの薬剤が有効であり弱毒性でありましたが、ウイルスの変異は頻繁に起こりうるためいつこれが強毒型に変異を遂げるかその脅威は想像に難くありません。講演では、インフルエンザウイルスの持つRNAポリメラーゼを用いた新規薬剤開発の最先端研究について紹介します。

※定員250名。直接会場にお越しください。
※その他、理化学研究所横浜研究所の講師3名が講演予定。

(4) 入試相談会

時間 10:00〜17:00(随時受付) 講義棟1階講義室にて
内容 教員と学生が横浜市立大学大学院生命ナノシステム科学研究科

生体超分子システム科学専攻の教育研究内容について質問に回答します。

ページトップへ