ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 日本語
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • Korean
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • 資料請求
  • お問合せ
  • サイトマップ

研究者検索

大学紹介


ここから本文

HOME > 平成22年度より大学院医学研究科に看護学専攻の修士課程がスタートします

平成22年度より大学院医学研究科に看護学専攻の修士課程がスタートします

記 者 発 表 資 料
平成21年10月30日
公立大学法人 横浜市立大学
福浦キャンパス学務課長
石田英昭 TEL 787−2501

平成21年10月30日付けで文部科学大臣から設置が認可されました

 横浜市立大学大学院では、平成22年度より医学研究科に看護学専攻の修士課程を設置し、少子高齢化、疾病構造の変化、医療の高度化へ対応できる専門性の高い高度実践看護師の育成を目指します。

 大学院看護学専攻では、先端医療看護学分野に「感染看護学」・「がん看護学」・「母子看護学」を、地域生活支援看護学分野に「精神看護学」・「地域看護学」の2分野5看護学の専門領域を設け、専門看護師(CNS)に代表される高度実践看護師を育成し、多様な保健・医療・福祉ニーズへの対応と、病院等医療機関における看護職員の指導・支援を行うことにより、地域医療と保健福祉の向上に寄与します。

 本専攻では、看護職者ができるだけ離職しないで修学できるように、1.講義・演習科目の夜間・土曜日開講、2.長期履修学生制度の整備を行うとともに、3.実務経験者を対象とした特別選抜を実施します。

横浜市立大学大学院医学研究科看護学専攻の概要

1 研究科・専攻
 医学研究科看護学専攻  学位:修士(看護学)  入学定員:12人  収容定員:24人

2 養成する人材の特徴
 (1) 先端医療に対応する専門性の高い人材育成
 (2) 都市住民への地域生活支援を変革できる人材育成

3 教育理念・目標
 (1) 生命と人権の尊重
 (2) 質の高い看護サービス提供に貢献できる人材育成

4 専攻に設置する分野等
 (1) 先端医療看護学分野
    1) 感染看護学 2) がん看護学 3) 母子看護学
 (2) 地域生活支援看護学分野
    4) 精神看護学 5) 地域看護学

以上、2分野5看護学の専門領域を設けます。このうち、1)感染看護学、2)がん看護学、4)精神看護学の3つの看護学においては、専門看護師(CNS=Certified Nurse Specialist)※の認定に必要な能力を念頭において教育内容を構成しています。

 ※ 専門看護師:社団法人日本看護協会が認定する資格。複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族及び集団に対して水準の高い看護ケアを効率よく提供するための、特定の専門看護分野の知識及び技術を深めた看護職の資格。専門看護師の認定課程を設けている大学院は、全国に34校(神奈川県内には3校)あり、横浜市内では初の認定課程となる予定。

5 社会人への対応
 (1) 夜間・土曜日開講の実施
講義・演習科目を夜間・土曜日にも開講するなど、勤務を継続しながら大学院で修学できるよう配慮しています。
 (2) 長期履修学生制度の整備
職業を有する人のため、修業年限の2年を超えて、計画的に教育課程を履修する制度を整備しています。(本人の申請に基づき、審査・承認を経て、学長の許可により長期履修学生となります。)
 (3) 実務経験者を対象とした特別選抜の実施
一般選抜の他に、5年以上の実務経験者を対象とした、社会人特別選抜、地域推薦特別選抜を実施します。

6 入学者選抜
 (1) 選抜日程
出願期間:平成21年12月 9日(水曜)〜12月18日(金曜)必着
試 験 日:平成22年 1月 9日(土曜)
合格発表:平成22年 1月19日(火曜)
※ 学士の資格を有していない看護短期大学・専修学校等の卒業者も一定の条件で出願できます。その場合は、事前に個別出願資格審査を受ける必要があります。この個別出願資格審査は、平成21年11月18日(水曜)から11月25日(水曜)の間に審査を受け付けます。
 (2) 入学者選抜方法
入学者の選抜は、本学大学院が実施する学力試験(専門科目、英語)、面接試験及び出願書類の内容を総合的に判定して行います。

※学生募集要項の配布は、11月6日(金曜)から行う予定です。

ページトップへ