ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 日本語
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • Korean
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • 資料請求
  • お問合せ
  • サイトマップ

研究者検索

大学紹介


ここから本文

HOME > 東京大学・横浜市大・東邦大学の共同取組が文部科学省の「がんプロフェッショナル養成プラン」に採択!

東京大学・横浜市大・東邦大学の共同取組が文部科学省の「がんプロフェッショナル養成プラン」に採択!

質の高いがん専門医等の養成に着手


記 者 発 表 資 料
平成19年8月1日
公立大学法人横浜市立大学
福浦キャンパス管理部
庶務・学務課長 小林謙一
TEL 787−2501

文部科学省において、がん医療の担い手となる高度で総合的な知識・技術を持つがん専門医師、および、がん専門看護師、薬剤師などの医療人の育成を目的とした文部科学省の「がんプロフェッショナル養成プラン」の選定結果が7月31日に公表されました。その中で、東京大学(主幹)・横浜市大・東邦大学が共同で申請した「横断的ながん医療の人材育成と均てん化*1推進」プログラムが厳正な審査により採択されました。

このプログラムは、がんの集学的治療*2、特に化学療法、放射線治療の指導的人材の育成を目的とし、連携3大学およびがん医療拠点におけるがん医療チームやキャンサーボード*3での実地修練など診療科の枠を越えたがんの横断的医療研修や国内外で高く評価されているがん医療指導者の下での学位取得により、卒後各領域において高度かつ集学的ながん専門医療を担う医師やコメディカルの育成を行うものです。これにより、わが国におけるがん集学的治療の専門医療人の教育基盤を形成し、がん臨床の全国均てん化を推進するとともに、がんトランスレーショナル・リサーチ*4拠点を形成するものです(裏面の図1をご参照下さい)。横浜市大は、特に重粒子線療法等の放射線治療を担うがん専門医療人の育成を重視し、南関東の「広域がん医療ネットワーク」や全国の労災病院群との広い連携体制を生かして(裏面の図2参照)、本プランの成果が全国のがん医療水準の向上やがん臨床研究の体制拡充に貢献する役割を担います。

 このプログラムの中で横浜市立大学は下記のコースの設定を予定しています(裏面の図3参照)。
1 がん医療に携わる専門医師養成コース(博士課程、20年4月設定予定)
・ がん薬物療養専門医、放射線治療専門医、緩和ケア専門医
2 がん医療に携わるコメディカル養成コース(修士課程、20年4月設定予定)
・ 放射線治療技術、がん専門薬剤師
3 がん医療に携わる専門医師等の研修(インテンシブ*5)コース(3〜12か月、19年秋設定予定)


今回、新たにこの「がんプロフェッショナル養成プラン」に採択されたことを含め、横浜市立大学は横浜市の中期計画に掲げられている「がん対策の推進」に邁進して参ります。

*1均てん化:全国どこでもがんの標準的な専門治療を受けられるよう、医療技術等の格差の是正を図ること
*2集学的治療:各分野の専門医が協力して治療に当たること
*3キャンサーボート:各専門医が一同に集まり、治療法を包括的に議論する場のこと
*4トランスレーショナル・リサーチ:基礎的研究成果を臨床に応用することを目的に行う研究のこと
*5インテンシブ:集中的に行うこと

☆内容に関するお問い合わせ先:福浦キャンパス学務課 電話(787)2501
(裏面あり)

ページトップへ