YCU 横浜市立大学

第2回経営審議会

議事録

日 時:平成22年6月24日(木) 10時00分~12時10分
会 場:金沢八景キャンパス 大会議室
委 員:本多理事長、布施副理事長(学長)(欠席)、五嶋理事(副学長)重田理事(副学長)、関理事(事務局長)、梅村理事(附属病院長)、今田理事、田中理事、馬場理事、福井理事(欠席)、矢部理事、長峯監事、和田監事




議事


1 平成22年度第1回経営審議会について
 平成22年度第1回経営審議会について事務局から報告があり、承認された。

2 平成22年度第1回・第2回・第3回合同調整会議について
 平成22年度第1回・第2回・第3回合同調整会議について、事務局から報告があった。

3 平成22年度第1回・第2回教育研究審議会について
 平成22年度第1回・第2回教育研究審議会について、事務局から報告があった。

4 平成21年度公立大学法人横浜市立大学の年度計画における業務の実績報告書(案)について
 平成21年度公立大学法人横浜市立大学の年度計画における業務の実績報告書(案)の概要と今後のスケジュール(案)の報告が事務局から行われ、承認された。
<補足説明>
・ 本日の経営審議会の了承をもって確定版となり、7月の法人評価委員会で説明して9月に評価結果を受ける。
・ 看護学科卒業生の附属2病院への就職率の低下における対策として、看護職の学生指導能力向上の検討、また基礎・卒後一貫
教育体制を構築し、就職しやすい環境整備を図ることとした。
・ 地域貢献センターができたことによって学内の様々な地域貢献の情報が集約され、地域貢献のランキングを167位から11位へと飛躍的に順位を上げる結果となった。

5 第2期中期目標中間案について
 第2期中期目標中間案について、横浜市立大学検討案の修正箇所の説明及び第2期中期目標・計画策定スケジュールについて事務局から報告が行われ、確認された。
<補足説明>
・ 横浜市が進める中期的計画及び5月の法人評価委員会にて多文化共生が重点としてあげられており、追記することとした。

6 平成21年度決算の報告について
 平成21年度決算について、事務局から報告が行われ、承認された。

7 目的積立金の今後の活用及び平成22年度補正予算案について
 目的積立金の今後の活用及び平成22年度補正予算案(退職給付引当金)について、事務局から報告が行われ、承認された。
<補足説明>
・ 法人の経営、法人負担及び緊急対応すべきものに対して、優先的に活用していく。

8 平成22年度監事監査計画について
 平成22年度監事監査計画について、事務局から報告が行われ、承認された。
・ 今後法人として支出が決定しているものについて、大学が使える資金及び使用目的を明確にすべきである。

9 その他
・ 研究費の獲得状況について
  研究費の獲得状況について平成21年度の実績及び22年度の現状について、事務局から報告が行われた。

・ 医学部看護学科の3年次編入学学生の募集停止について
  看護系大学院修士課程の増加による看護師免許保持者の就学先の多様化等を背景に、3年次編入制度を維持する必要性が薄れてきたため、3年次編入学制度を維持する必要性が薄れてきたため、3年次編入学の募集を停止する旨の報告が、事務局から行われた。

・ 平成21・22年度学部・大学院入試における市内在住者の割合等について
  平成21・22年度学部・大学院入試における市内在住者(入学者数)の割合等について事務局から報告が行われた。
・ 学部・大学院の市内在住者の割合が3割を切っていることについて今後、取組むべき課題であると認識している。横浜市が何のために市大を設置したのか、ということを念頭に置いて、引き続き入試制度等を検討していくべきである。

《次回日程》次回は、8月26日(木)の開催予定。

法人情報Corporate Information