YCU 横浜市立大学

第2回教育研究審議会

第2回教育研究審議会

議事録

日時:平成29年6月6日(火)16:30~17:45
会場:大会議室(金沢八景キャンパス)
委員:
窪田学長、重田副学長、岡田副学長(国際担当)、五嶋副学長(研究・融合型大学院担当)、篠崎国際総合科学群長、藤内医学群長、中條国際総合科学部長、井上医学部長、叶谷医学部看護学科長、大澤国際マネジメント研究科長 兼 人文社会科学系列長、橘生命ナノシステム科学研究科長、木寺生命医科学研究科長、大野医学研究科長、高山木原生物学研究所長、三浦学術情報センター長、宇都木事務局長、小林学務・教務部長 兼 学長室長、渡邉研究推進部長、西村慶應義塾大学名誉教授、篠﨑国立研究開発法人理化学研究所環境資源科学研究センター長、平野学長補佐(産学連携・イノベーション担当)、横山自然科学系列長
欠席:
齋藤副学長、鈴木都市社会文化研究科長、相原附属病院長、後藤附属市民総合医療センター病院長、折舘先端医科学研究センター長、西村学長補佐(理研・産総研連携担当)、井村学長補佐(国際化推進担当)

議事

1.前回議事録について

前回議事録について確認し、了承された。

2.審議事項

(1) 公立大学法人横浜市立大学の第2期中期計画における業務の実績報告書(案)及び平成28年度 年度計画における業務の実績報告書(案)について

企画調整担当係長から、第2期中期計画における業務の実績報告書(案)及び平成28年度 年度計画における業務の実績報告書(案)について、それぞれ実績報告の「総括」部分に基づき説明があり、審議の結果、承認された。なお、6/22(木)の経営審議会を以って決定するが、最終的な文言等の微修正については学長に一任することについて、あわせて承認した。
また、以下のような意見が出された。
・第2期中期計画の自己評価の集計結果について、平成28年度から、評価の基準に変更はないが評価の表記が変更になったことにより、中間評価ではA~Dの4段階であるのに対し、最終評価ではS~Cの4段階評価で示されている。その点がわかりにくいので工夫して記載すべきである。
・「研究の推進に関する取組」の最終評価をS評価としている中に、イノベーション事業で高い評価を得たことについての記載を加え、十分にアピールすべきである。

(2)平成29年度 伊藤雅俊奨学金奨学生および成績優秀者特待生制度普通特待生の推薦について

学生・キャリア支援課長から、伊藤雅俊奨学金奨学生(計3名)、および成績優秀者特待生制度普通特待生(計52名)の候補者について説明があり、審議の結果、候補者全員を承認した。
さらに学生にとって意義のある制度となるよう、次年度に向けて引き続き検討することが補足された。

(3) 課題解決型高度医療人材養成プログラムについて

学術企画担当係長から、文部科学省が公募する平成29年度事業「課題解決型高度医療人材養成プログラム」へ応募することについて説明があり、審議の結果、承認した。
申請にあたっては、横浜市立大学の特色を出せるよう文言等を工夫することが補足された。

3.報告事項

(1)平成30年度入試 データサイエンス学部入学者選抜方法について

アドミッション課長から、平成30年度4月データサイエンス学部設置に伴う、平成30年度入学者選抜方法について報告があった。

(2) 平成30年度入試 看護学科一般選抜における入試科目の変更について

アドミッション課長から、平成30年度入試一般選抜における医学部看護学科の入試科目を一部変更することについて報告があった。

(3) 基礎研究医養成活性化プログラムへの申請について

福浦キャンパス医学国際化担当係長から、文部科学省が公募する平成29年度大学教育再生戦略推進費「基礎研究医養成活性化プログラム」に応募したことについて報告があった。

 

法人情報Corporate Information