YCU 横浜市立大学

第6回教育研究審議会

第6回教育研究審議会

議事録

日時:平成28年10月4日(火)16:30~17:20
会場:大会議室(八景キャンパス)
委員:
窪田学長、重田副学長、齋藤副学長、岡田副学長(国際担当)、五嶋副学長(研究・融合型大学院担当)、藤内医学群長、篠崎国際総合科学群長、中條国際総合科学部長、井上医学部長、叶谷医学部看護学科長、丸山国際マネジメント研究科長、橘生命ナノシステム科学研究科長、木寺生命医科学研究科長、大野医学研究科長、三浦学術情報センター長、高橋学務・教務部長、渡邉研究推進部長、西村慶應義塾大学名誉教授、西村学長補佐(理研・産総研連携担当)、平野学長補佐(産学連携・イノベーション担当)、井村学長補佐(国際化推進担当)、大澤人文社会科学系列長
欠席:
鈴木都市社会文化研究科長、相原附属病院長、後藤附属市民総合医療センター病院長、高山木原生物学研究所長、折舘先端医科学研究センター長、増住事務局長、篠﨑国立研究開発法人理化学研究所環境資源科学研究センター長

議事

1.前回議事録について

前回議事録について確認し、了承された。

2.審議事項

(1) Tribhvan University(トリプバン大学)のInstitute of Medicine との部門間協定について

医学国際化担当係長から、トリプバン大学のInstitute of Medicine と本学医学部との間で教育・研究の双方向的な発展、およびその発展を通した社会貢献を果たすための環境整備として部門間協定を締結することについて説明があり、審議の結果、承認した。

(2) 平成28年度 学生生活アンケートの実施について

学生・キャリア支援課長から、学生生活アンケートは、学生の学習、研究、課外活動、生活等の実態の把握と、学生の大学に対する声を拾い上げてキャンパス内の学習・生活環境の改善に繋げることを目的とし、4年周期で実施してきたが、この度、全ての学生が卒業するまでにアンケート結果を知り、改善事項を確認できるようにするために3年周期に変更し、平成28年度に実施することになったことについて説明があり、審議の結果、承認した。
アンケート実施にあたり、基本データの収集だけでなく環境改善に繋げることも視野に入れ、回収率を高める努力をして結果を反映するべきであるとの意見が出された。また、設問内容については、出された意見をもとに検討を行うことが補足された。

3.報告事項

(1) JICA人材育成支援事業について

国際交流担当係長から、JICAの人材育成支援事業を活用した優秀な留学生の受入れ、英語による授業の充実と修士の学位取得が可能となるカリキュラム構築に向け、PEACE事業で2名、ABEイニシアティブ事業で1名、計3名の留学生を本年9月から受入れることが報告された。
受入期間について、最初の半年は研究生として、その後2年間は博士前期課程の留学生として受入れることが補足された。

(2) 平成28年度 FD研修会等の実施報告について

学術企画担当係長から、第1回教養ゼミFD研修会を9/1に、第1回英語で行う授業ワークショップを9/15に、FD・SD研修会を9/29に実施したことについて報告があった。
FD研修会への教員の参加率向上のために、多くの教員が出席できる時間帯に開催するなどの工夫が必要であるとの意見が出された。
 

法人情報Corporate Information