YCU 横浜市立大学

第6回教育研究審議会

第6回教育研究審議会

議事録

日 時:平成24年12月4日(火)16:30~17:10
会 場:大会議室
委 員:
布施学長、窪田副学長、重田副学長、岸川副学長(学術院担当)、岡田国際総合科学部長、
倉持都市社会文化研究科長、三浦国際マネジメント研究科長、荻原生命ナノシステム科学研究科長、五嶋医学研究科長、金子国際総合科学群長、白石学術情報センター長、平安附属市民総合医療センター病院長、土肥理化学研究所社会知創成事業本部長、西村慶應義塾大学文学部教授、関事務局長、斉藤学務・教務部長
欠  席:
横田医学部長、坂梨医学部看護学科長、梅村医学群長、平原附属病院長、平野先端医科学研究センター長、吉田木原生物学研究所長、

議 事

1 前回議事録について
  前回議事録について確認し、了承された。

2 審議事項
(1) 看護学科学生の懲戒処分について
  福浦キャンパス学務・教務担当係長から、資料に基づき、医学部看護学科の当該学生に対する懲戒処分の内容について説明があり、適否について審議の結果、承認された。
 
3 報告事項
(1) 東京大学大学院医学系研究科との特別研究学生交流に関する覚書について
  福浦キャンパス学務・教務担当係長から、資料に基づき、大学院医学研究科では、教育研究活動の充実のため「東京大学と横浜市立大学との間における特別研究学生交流に関する協定書」に基づき「東京大学と横浜市立大学との間における特別研究学生交流に関する覚書」を締結することについて報告があった。
(2) 教員向け通知「学生にレポート作成を課す際の留意点」について
  学習教育担当係長から、資料に基づき、学部学生のレポート作成に関する問題を改善するため、共通教養・国際総合科学部専門教養の科目担当教員に対しレポート作成指示時に確認していただくための留意点をまとめた通知「学生にレポート作成を課す際の留意点」について報告があった。
  通知文中に「他者に自分自身のレポートを見せる行為も、不正行為の対象となります」とあるが、不正行為の対象となるケースばかりではないため、表現に注意してほしいとの意見があった。また、教員と学生との間で議論し、共通の認識を持つことが必要であるとの意見があった。
  共通教養課程で、基本的なルールや考え方をまとめ、統一されたフォーマットを作ってはどうかとの意見があった。
  参考資料の総合履修ガイドに記載されている試験受験上の注意事項については、実際の事例を網羅できているかの検証が必要ではないかという意見があった。
(3) 国際総合科学部在学生保護者対象説明会について
  キャリア支援担当係長から、資料に基づき、国際総合科学部在学生保護者対象説明会について報告があった。また、12月1日の読売新聞にも関連記事が掲載されたことが報告された。
  保護者に本学を紹介することによって、学生が愛校心を育む後押しになると良いとの意見があった。

4 その他
(1) 駐日ドイツ大使による講演会の開催について(報告)
  国際政策担当係長より、駐日ドイツ大使による講演会の開催について報告があった。
(2) 絵画の寄贈について
  医学研究科長より、横浜市在住であった画家の兵頭和男氏(本年6月ご逝去)から絵画7点の寄贈を受けることについて報告があった。
(3) 教育研究審議会の会議回数について(お詫びと訂正)
  学術戦略担当係長より、教育研究審議会の会議回数について休会となった回については、欠番としないで通し番号とすることについて報告があった。
     <変更箇所>
9月4日開催審議会:第5回から第4回に変更
11月6日開催審議会:第7回から第5回に変更
12月4日開催審議会:第8回から第6回に変更 

法人情報Corporate Information