YCU 横浜市立大学

子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)の概要

※環境省(http://www.env.go.jp/chemi/ceh/intro/index.html)より抜粋

環境省では、日本中で10万人のお母さんと赤ちゃんとに参加してもらう大規模な疫学調査を開始します。
赤ちゃんがお母さんのお腹にいる時から13歳に達するまで、定期的に健康状態を確認させていただき、環境要因が子どもたちの成長・発達にどのような 影響を与えるのかを明らかにしていこうとしています。
環境リスクが私たちの健康に与える影響を明らかにするために、従来から動物実験、基礎研究を中心としたメカニズムの解明が図られてきました。一方で動物 と人間とでは、形態学的、生理学的に大きな違いがあることから、動物実験の結果だけから人間の健康影響を知ることには困難があります。人間に悪影響が生じているのかどうかを、実際に人間の集団で観察する疫学的なアプローチが重要になります。
脆弱であるとされている子どもたちの健全な成長・発達に、環境要因が与える影響を明らかにすることは重要です。化学物質の曝露や生活環境など、胎児期か ら小児期にわたる子どもたちの成長・発達に影響を与える環境要因を明らかにするため、環境省では疫学調査によるアプローチを計画しています。
疫学調査によって子どもたちの成長・発達に影響を与える環境要因が明らかと なれば、リスク管理部局への情報提供を通じ、自主的取組への反映、化学物質規制の審査基準への反映、環境基準(水質、土壌)等、適切なリスク管理体制の構 築へとつなげることができます。
また、このような疫学調査を通じて、環境保健の分野における若い研究者を中心とした人材育成も可能になります。
環境省の計画する疫学調査は、「胎児期から小児期にかけての化学物質曝露をはじめとする環境因子が、妊娠・生殖、先天奇形、精神神経発達、免疫・アレル ギー、代謝・内分泌系等に影響を与えているのではないか」という大きな仮説を解明するために行われます。
その目的のためには、化学物質の曝露などの環境影 響以外にも、遺伝要因、社会要因、生活習慣要因など、さまざまな要因について、幅広く調べていかなければなりません。
環境省では、幅広い専門分野の研究者からなるワーキンググループを組織し、科学的な手法に則って、複数の作業仮説を立て、調査を実施することによってこれらの仮説を解明していきます。


かながわユニットセンターでは、神奈川県内の3つの地域(横浜市金沢区・大和市・小田原市)在住の方で、2011年7月以降に出産予定である妊婦さんに対して、病院(産科)に受診したときや、母子手帳を受け取りに役場へ行かれたときに、調査への協力依頼をさせていただきます。

ご賛同いただきましたお母様(ならびにお父様)には、アンケート調査や採血、採尿などのご負担をおかけすることになりますが、本研究は今後のお子様の成長に必要なデータを得るためのものとなります。また、説明をさせていただくエコチル調査員はこれから生まれて来られるお子様の成長過程での様々のご不安などのご相談にも乗ることができる専門家ですので、いろいろな相談をお受けすることも可能です。
かながわユニットセンターの職員を病院で見かけたときにはぜひ声をかけてみてください。

大学の取り組みYCU's approach