YCU 横浜市立大学

がんプロセミナー(平成24年~25年度)

がんプロセミナー(平成24年~25年度)


第20回 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン合同セミナー

日時 平成26年02月20日(木)18:45-20:15 来場に関しましては、公共交通機関をご利用ください。
シーサイドライン市大医学部駅下車徒歩1分
横浜市立大学附属病院へのアクセス
場所 横浜市立大学附属病院10階修士講義室
〒236-0004 神奈川県横浜市金沢区福浦3-9

※東京大学(東大病院中央診療棟II7階大会議室)にて開催されますセミナーを遠隔同時中継にて行う予定です。


がんゲノム異常

演者: 吉見 昭秀(東京大学医学部附属病院 血液腫瘍内科 特任助教)

ヒトゲノム塩基配列の全容が明らかにされて10年以上が経過し、最近では次世代シークエンサーの登場により全ゲノム解析やゲノム機能解析が比較的容易に行えるようになってきました。今や、がんゲノム異常の知識と理解は、がんの病態を理解するためにも、さらにがんのトランスレーショナル研究を展開する上でも必須となっています。がんゲノム研究の今とこれからの課題について、みなさんと一緒に考えてみたいと思います。


第20回合同セミナーイメージ

ちらし拡大



第 4 回東邦大学地域がん支援セミナー

日時 平成26年02月19日(水)19:30-20:30 来場に関しましては、公共交通機関をご利用ください。
シーサイドライン市大医学部駅下車徒歩1分
横浜市立大学附属病院へのアクセス
場所 横浜市立大学附属病院10階修士講義室
〒236-0004 神奈川県横浜市金沢区福浦3-9

※東邦大学医学部第4講義室にて開催されますセミナーを遠隔同時中継にて行う予定です。


在宅医療における緩和医療

演題:チャレンジ!在宅緩和ケア
座長:島田 英昭(東邦大学大学院臨床腫瘍学講座 教授)
演者:茅根 義和(東芝病院 緩和ケアセンター長)


第4回東邦セミナーイメージ

ちらし拡大



第19回 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン合同セミナー

日時 平成26年01月16日(木)18:45-20:15 来場に関しましては、公共交通機関をご利用ください。
シーサイドライン市大医学部駅下車徒歩1分
横浜市立大学附属病院へのアクセス
場所 横浜市立大学附属病院10階臨床講堂
〒236-0004 神奈川県横浜市金沢区福浦3-9

※東京大学(東大病院中央診療棟II7階大会議室)にて開催されますセミナーを遠隔同時中継にて
行う予定です。


肝細胞癌で考えるがん治療の未来

演題: 「肝細胞癌で考えるがん治療の未来」
演者: 建石 良介(東京大学医学部附属病院 消化器内科 特任講師)

ひとつの癌を探求していくことは、決して専門バカへの道ではありません。ひとつひとつの個別の癌は、数多くの一般化できる要素を内包しています。肝細胞癌を例にとって疫学・予防・診断・治療の観点から「個別から一般化」の道筋を示すとともに、がん診療の今後について皆さんと一緒に考えてみたいとおもいます。


第19回合同セミナーイメージ

ちらし拡大



第18回 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン合同セミナー

日時 平成25年12月19日(木)18:45-20:15
場所 中央診療棟II 7F大会議室

分子標的薬が日本で発売されてから10年余りが経過しますが、がん研究の進歩・新たな標的分子の発見などにより、様々な抗体医薬・低分子阻害剤が開発され、その種類は年々増加しています。 今回は近年急速に種類が増えつつある分子標的薬の中でも、マルチキナーゼ阻害剤の最近の動向についてわかりやすくご講演いただきます。


マルチキナーゼ阻害剤の最近の動向

演者: 三浦 将吾(東京大学医学部附属病院 薬剤部 特任助教)
浅岡 良成(東京大学医学部附属病院消化器内科 助教)

第18回合同セミナーイメージ

ちらし拡大



横浜市立大学がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン 第9回 市民公開セミナー

RI内用療法とは、癌細胞そのものを標的とした分子標的治療薬に、放射線治療で用いられる放射性同位元素という物質を結合させて患者さんに投与し、放射性同位元素を癌そのものに到達させることで、直接的に癌の放射線治療をしようという方法です。古くからある治療法ですが最近再び癌の治療法として注目されています。ただし様々な規制などのためなかなか広まっていかない現状があります。 RI内用療法の現状を日本とスイスの専門科から説明していただきます。


日 時 平成25年11月02日(土) 10:00~12:30
場 所 横浜市教育会館 大ホール (〒220-0044 横浜市西区紅葉ヶ丘53番地)
※来場に関しましては、公共交通機関をご利用ください。
横浜市教育会館へのアクセス
テーマ 神経内分泌腫瘍に対するスイス・バーゼル大学の取り組みを中心に
RI内用療法によるがんの放射線治療(英語→日本語の同時通訳が入ります)
対象者 一般市民, 医療関係者
定 員 500名
連絡先 横浜市立大学がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン事務局
メール:
tel:045-787-2623
参加費 無料 事前申し込み不要

第9回市民公開 がんプロセミナー



横浜市立大学がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン 第8回 公開セミナー・第17回合同セミナー

日 時 平成25年11月01日(金) 18:30~20:00
場 所 横浜市立大学附属病院10F 臨床講堂 (〒236-0004 横浜市金沢区福浦3-9)
シーサイドライン市大医学部駅下車徒歩1分
※来場に関しましては、公共交通機関をご利用ください。
横浜市立大学附属病院へのアクセス
テーマ 世界最先端のがん治療の開発 スイス バーゼル大学 DOTATOC治療について
対象者 医療関係者他
定 員 100名
連絡先 横浜市立大学がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン事務局
メール:
tel:045-787-2623
参加費 無料 事前申し込み不要

遠隔同時中継を東京大学(東大病院中央診療棟II7階大会議室)・東邦大学・自治医科大学で行う予定です。



第8回公開セミナーちらし



東京大学がんプロフェッショナル基盤養成推進プラン 市民公開講座

日時 平成25年10月20日(日) 13:30~16:30
場所 東京大学医学部 教育研究棟14階 鉄門記念講堂

テーマ:「がん患者のこころ」

<プログラム>
第一部(13:30~15:00)
 基調講演1.「がん患者のこころ」松本陽子NPO法人愛媛がんサポート おれんじの会http://machinaka-orange.jp/
 基調講演2.「がん患者のこころのケア」吉内一浩 東京大学医学部附属病院心療内科 准教授

第二部(15:10~16:25)
 パネル・ディスカッション:がん医療とこころ
       司会:岩瀬哲 東京大学医科学研究所附属病院緩和医療科 講師
       パネリスト:
        松本陽子(患者代表) NPO法人愛媛がんサポート おれんじの会
        内田絵子(患者代表) NPO法人ブーゲンビリア http://www.buugenvilia.com/index.htm
        君塚靖(ジャーナリスト)株式会社キャリアブレイン 「医療・介護情報CBニュース記者」
        吉内一浩  東京大学医学部附属病院心療内科 准教授
        山口博紀  東京大学医学部附属病院大腸・肛門外科 講師
        中井陽介  東京大学医学部附属病院消化器内科 助教
総括(16:25~16:30)

◆お問合せ 稲田修士
  東京大学大学院医学系研究科ストレス防御・心身医学(心療内科)


東大市民セミナー2013年10月20日イメージ

ちらし拡大



第3回東邦大学地域がん支援セミナーのお知らせ

日時 平成25年10月17日(木)19:30-20:30
場所 東邦大学医学部第4講義室

経口抗がん剤の注意点

講演:『誰も教えてくれない調剤「経口5-FU製剤」』
講師:渡辺 和美(東邦大学医療センター大森病院薬剤部)
特別講演:『経口抗がん薬の光と影』
 講師:相羽 恵介(東京慈恵会医科大学腫瘍・血液内科 教授)



第16回 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン合同セミナー

日時 平成25年10月09日(水)18:45-20:15 来場に関しましては、公共交通機関をご利用ください。
シーサイドライン市大医学部駅下車徒歩1分
横浜市立大学附属病院へのアクセス
場所 横浜市立大学附属病院10階臨床講堂
〒236-0004 神奈川県横浜市金沢区福浦3-9

※東京大学(東大病院中央診療棟II7階大会議室)にて開催されますセミナーを遠隔同時中継にて
行う予定です。


記者として、サバイバーとして見つめた“がん医療”

講師:小嶋修一(TBSテレビ報道局解説委員)

がん患者は診断時から経過を通して様々な問題を抱えています。
アメリカでは医療スタッフだけでなく同じがんを経験した先輩サバイバーによるフォローがあること、患者だけでなく患者を取り巻く友人、家族、パートナーも「サバイバー」であるという共通認識が孤独感を軽減し、前向きに取り組んでいく原動力となっています。
本講演では日本においてサバイバーがどうあるべきか、記者として、サバイバーとしての目線から現状と解決の糸口についてお話しいただきます。



第15回 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン合同セミナー

日時 平成25年09月11日(月)19:00-20:30 来場に関しましては、公共交通機関をご利用ください。
シーサイドライン市大医学部駅下車徒歩1分
横浜市立大学附属病院へのアクセス
場所 横浜市立大学附属病院10階臨床講堂
〒236-0004 神奈川県横浜市金沢区福浦3-9

※東京大学(東大病院中央診療棟II7階大会議室)にて開催されますセミナーを遠隔同時中継にて
東邦大学・自治医科大学とともに行う予定です。


悪性消化管狭窄に対するステント治療(十二指腸ステント・大腸ステント)

講師 : 佐々木 隆 (東京大学医学部付属病院消化器内科 助教)十二指腸ステント
吉田俊太郎 (東京大学医学部付属病院消化器内科 特任臨床医)大腸ステント

消化管狭窄は、悪性腫瘍による合併症の中でも、最もQOLを低下させるものである。がんに苦しむ患者さんの栄養不足を助長するのみならず、口から食べる喜びを奪ってしまう。根治切除不能な症例では、従来外科的なバイパス術が施行されてきた。しかし、手術侵襲が問題であり、より低侵襲な内視鏡的金属ステント留置術が欧米では行われてきた。本邦でも近年、保険適応となり施行が可能となった。十二指腸は根治切除不能例のみが対象であるが、大腸では切除可能例での術前イレウス解除のためにも施行されている(Bridge to surgery)。がん患者を診療される方で、本手技になじみのある方は少ないと思うので、今回はこれらの技術、成績等を紹介し、理解を深めて頂きたいと思っている。



第14回 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン合同セミナー

日時 平成25年08月26日(月)18:45-20:15 来場に関しましては、公共交通機関をご利用ください。
シーサイドライン市大医学部駅下車徒歩1分
横浜市立大学附属病院へのアクセス
場所 横浜市立大学附属病院10階臨床講堂
〒236-0004 神奈川県横浜市金沢区福浦3-9

※東京大学(東大病院中央診療棟II7階大会議室)にて開催されますセミナーを遠隔同時中継にて
東邦大学・自治医科大学とともに行う予定です。


がん領域という劇場において、非コードRNAはどのような役者であるのか?

講師:宮川 隆 (東京大学大学院医学系研究科 人体病理学・病理診断学分野 特任助教)

ヒトゲノムの完全解読を皮切りに、DNA 上の多くの領域において、タンパク質の設計図とはならない領域が見いだされました。当時はこの部分はジャンク(がらくた)と呼ばれ、何の役割も持っていないと考えられておりました。しかしながら、近年の世界規模での活発な研究解析におきまして、この部分からは多数の機能性 RNA が作り出されてきていることが見いだされてきております。これらの RNA はタンパク質の鋳型とはならないことから、非コード RNA と呼ばれております。タンパク質になることがない RNA がどういった役割を演じているのか?今回は特に、がん病態と関わっていると考えられている非コード RNA に焦点をあて、基礎研究の最先端の話題から臨床応用の可能性までをわかりやすくご講演いただきます。




第2回東邦大学地域がん支援セミナー「在宅医療」

日時 平成25年07月11日(火)19:30~20:30 来場に関しましては、公共交通機関をご利用ください。
シーサイドライン市大医学部駅下車徒歩1分
横浜市立大学附属病院へのアクセス
場所 横浜市立大学附属病院10階臨床講堂
〒236-0004 神奈川県横浜市金沢区福浦3-9

※東邦大学(医学部第4講義室)にて開催されますセミナーを遠隔同時中継にて
東京大学・自治医科大学とともに行う予定です。




第13回 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン合同セミナー

日時 平成25年07月05日(金)18:45-20:15 来場に関しましては、公共交通機関をご利用ください。
シーサイドライン市大医学部駅下車徒歩1分
横浜市立大学附属病院へのアクセス
場所 横浜市立大学附属病院10階修士講義室
〒236-0004 神奈川県横浜市金沢区福浦3-9

※東京大学(東大病院中央診療棟II7階大会議室)にて開催されますセミナーを遠隔同時中継にて
東邦大学・自治医科大学とともに行う予定です。


がん治療医・一般診療医のためのがん疼痛緩和のエッセンス

講師:金井 良晃 (東京大学医学部附属病院 緩和ケア診療部副部長)

がん診療に携わる医師にとって、基本的な疼痛緩和は不可欠なスキルのひとつと言えます。
東大病院キャンサーボードでは、ペインや緩和ケアを専門としないがん治療医に向けた「がん疼痛治療マニュアル」を作成しています。
セミナーでは、このマニュアルの目的でもある安全かつ有効ながん疼痛緩和について、エッセンスをわかりやすく紹介します。



横浜市立大学がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン 第7回 公開セミナー

日 時 平成25年6月24日(月) 18:30~20:00
場 所 横浜市立大学附属病院10F 臨床講堂 (〒236-0004 横浜市金沢区福浦3-9)
シーサイドライン市大医学部駅下車徒歩1分
※来場に関しましては、公共交通機関をご利用ください。
横浜市立大学附属病院へのアクセス
テーマ カナダ・アルバータ大学における緩和医療について
対象者 医療関係者他
定 員 100名
連絡先 横浜市立大学がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン事務局
メール:
tel:045-787-2623
参加費 無料 事前申し込み不要

遠隔同時中継を東京大学(東大病院中央診療棟II7階大会議室)・東邦大学・自治医科大学で行う予定です。


第7回がんプロ公開セミナーイメージ



第12回 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン合同セミナー

日時 平成25年06月18日(火)18:45~20:15 来場に関しましては、公共交通機関をご利用ください。
シーサイドライン市大医学部駅下車徒歩1分
横浜市立大学附属病院へのアクセス
場所 横浜市立大学附属病院10修士講義室
〒236-0004 神奈川県横浜市金沢区福浦3-9

※東京大学(東大病院中央診療棟II7階大会議室)にて開催されますセミナーを遠隔同時中継にて
東邦大学・自治医科大学とともに行う予定です。


「多職種連携による造血幹細胞移植治療」

講師:篠原明仁 (東京大学医学部附属病院 血液・腫瘍内科 特任講師)



第11回 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン合同セミナー

日時 平成25年05月22日(水)18:45~20:15 来場に関しましては、公共交通機関をご利用ください。
シーサイドライン市大医学部駅下車徒歩1分
横浜市立大学附属病院へのアクセス
場所 横浜市立大学附属病院10階臨床講堂
〒236-0004 神奈川県横浜市金沢区福浦3-9

※東京大学(東大病院中央診療棟II7階大会議室)にて開催されますセミナーを遠隔同時中継にて
東邦大学・自治医科大学とともに行う予定です。


「機能温存と腫瘍制御の両立を目指した悪性脳腫瘍に対する治療」

講師:齊藤 邦昭 (東京大学医学部付属病院 脳神経外科 助教)


「悪性脳腫瘍に対する放射線治療 多様な放射線を用いた線量増加」

講師:井垣 浩(東京大学医学部付属病院 放射線科 講師)


第10回 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン合同セミナー「分子標的薬の臨床薬理」

日時 平成25年3月11日(月)18:45~20:15 来場に関しましては、公共交通機関をご利用ください。
シーサイドライン市大医学部駅下車徒歩1分
横浜市立大学附属病院へのアクセス
場所 横浜市立大学附属病院10階臨床講堂
〒236-0004 神奈川県横浜市金沢区福浦3-9

※東京大学で行われるセミナーを、横浜市大ではじめてTV会議システムにより同時中継します。


横浜市立大学がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン 第6回 市民公開セミナー

日 時 平成25年2月17日(日) 10:00~12:40
場 所 県民共済みらいホール
(〒231-8418 横浜市中区桜木町1-1-8-2 県民共済プラザ1階)
テーマ がんと栄養~がんにかからないために、がんにかかってしまったら~」
対象者 一般市民、医療関係者他
定 員 300名
連絡先 横浜市立大学がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン事務局
メール:
tel:045-787-2623
参加費 無料 事前申し込み不要

プ ロ グ ラ ム
10:00 開会の辞 横浜市立大学大学院医学研究科長
横浜市立大学大学院医学研究科分子薬理神経生物学 教授
五嶋 良郎先生
10:10 講 演I 横浜市大の栄養部の役割
演 者 横浜市立大学附属病院栄養部
雁部 弘美先生
10:30 講 演II 食べる喜びを支える
演者 島根大学医学部附属病院 栄養治療室 室長
川口美喜子先生
11:20 講 演III がん患者の栄養管理
演者 山中温泉医療センター センター長
大村 健二先生
12:30 閉会の辞 横浜市立大学医学部消化器・腫瘍外科学 教授
がんプロフェッショナル養成基盤推進プランコーディネーター委員長
遠藤 格先生

第6回市民公開セミナーちらしイメージ


研修会 緩和ケアと薬物療法について

日 時:平成24年6月28日(木) 18:00-19:00
場 所:横浜市立大学B441
講 演:「精神症状の緩和(不安・抑うつ)」
演 者:鎌田 鮎子先生(精神医学科)

日 時:平成24年7月11日(水) 18:30-19:30 終了時間が変更になりました。
場 所:横浜市立大学B441
講 演:「がん性疼痛治療について」
演 者:小川 賢一先生(麻酔科)

日 時:平成24年7月12日(木) 18:30-20:30 終了時間が変更になりました。
場 所:横浜市立大学B441
講 演:「抗がん剤治療1」
「抗がん剤治療2」
演 者:市川 靖史先生(臨床腫瘍科)

 

大学の取り組みYCU's approach