ナビゲーションをスキップして本文へ
  • Japanese
  • English
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • Korean
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • サイトマップ
  • 大学トップ

研究者検索


ここから本文

HOME  > 「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」(眼科)が先進医療に承認されました

「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」(眼科)が先進医療に承認されました

症例:白内障

水晶体は目の中でレンズの役割をする組織です。水晶体が濁ると光が十分に通らなくなります。これが「白内障」です。
白内障は主に手術によって治療が行なわれます。小さな切開から濁った水晶体を超音波で砕いて取り出し、その代わりに人工の水晶体である眼内レンズを入れる方法で行なわれます。
眼内レンズは取り出した水晶体の代わりになる人工水晶体で、2種類のレンズがあります。従来の単焦点眼内レンズはピントが1つのレンズです。多焦点眼内レンズは近くと遠くの両方にピントを合わせることができるレンズですが、自由にピントを変えることができる若い頃の見え方とは異なります。