研究推進センター研究推進センター

橘勝教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました

2016.09.30
  • TOPICS
  • 研究

橘勝教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました。

生命ナノシステム科学研究科の橘勝教授らが、株式会社IHIと共同で出願していた下記の特許が、2016年7月22日付で日本において特許権として認定されました。
発明の名称 窒素導入方法
出願日 2012年2月20日
発明者 橘勝、シンソクチョル、(吉村昭彦、松尾貴寛(株式会社IHI))
登録日 2016年7月22日
番 号 第5971840号
特許成立国 日本
内 容 既存のカーボン材料を利用して容易に窒素をドーピングする方法。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加