ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 日本語
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • Korean
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • 資料請求
  • お問合せ
  • サイトマップ

研究者検索

研究・産学連携


ここから本文

HOME > 研究・産学連携 > 横浜市立大学初! 文部科学省「科学技術振興調整費」に提案課題が採択されました。

横浜市立大学初! 文部科学省「科学技術振興調整費」に提案課題が採択されました。

「翻訳後修飾プロテオミクス医療研究拠点」の実現に大きく踏み出す!

 横浜市立大学では、タンパク質研究や分子細胞生物学、分子イメージング技術など、これまでの本学の優れた研究実績を、医療につなげていくことを目的とする、世界レベルのユニークな研究拠点「翻訳後修飾プロテオミクス医療研究拠点」を構想しました。
 これは、本学が生命科学や先端医療の分野において、基礎研究の成果を臨床医療の現場に結びつけることを目的に、「先端医科学研究センター」を平成18年度に開設し、先端医科学研究の推進体制の整備を図ってきた取り組みの一環です。
 今回、文部科学省の平成20年度科学技術振興調整費(「先端融合領域イノベーション創出拠点の形成」プログラム)に提案課題が採択されたことを受け、今後10年をかけて、『翻訳後修飾プロテオミクス医療研究拠点』の実現を目指します。

1 提案課題名 「翻訳後修飾プロテオミクス医療研究拠点の形成」

翻訳後修飾プロテオミクス医療研究拠点の形成

2 研究体制

 国際総合科学研究科及び医学研究科 16名の教員を含む学際的研究体制を構築します。
 (研究リーダー 国際総合科学研究科 平野 久 教授)
 このほか協働研究機関として、優れた研究開発実績を有する民間企業4社が参加します。
 ・ 株式会社島津製作所
 ・ 株式会社日立ハイテクノロジーズ
 ・ 株式会社メディカル・プロテオスコープ
 ・ 大鵬薬品工業株式会社

3 実施予定期間

 平成20年度〜平成29年度(10年間)

※用語解説

本件に関するお問合せ先

 横浜市立大学 
 先端医学研究課長 室谷 洋一(TEL)045-787-2517 (FAX)045-787-2509
 研究推進課長 奥田 裕之(TEL)045-787-2019 (FAX)045-787-2025

ページトップへ