ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 日本語
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • Korean
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • 資料請求
  • お問合せ
  • サイトマップ

研究者検索

大学紹介


ここから本文

HOME > 【開催報告】平成26年度 留学生 秋季卒業式及びJICA研究生開講式

【開催報告】平成26年度 留学生 秋季卒業式及びJICA研究生開講式

平成26年度 留学生 秋季卒業式

2回目を迎える留学生の秋季卒業式。今年度は平成26年9月30日(火)、金沢八景キャンパス市大交流プラザ「いちょうの館」において開催しました。
式典では、駐日アフガニスタン大使館、独立行政法人科学技術振興機構(JST)、独立行政法人国際協力機構(JICA)関係者の方々にご列席いただき、和やかな雰囲気で執り行われました。
今年度の卒業生は2名。「地球規模課題対応国際科学技術協力事業(SATREPS(サトレップス))」によるアフガニスタンからの留学生です。大学院生命ナノシステム科学研究科博士前期課程で2年間学びました。

学長から卒業への祝福とエール

卒業生2人は、帰国後、アフガニスタンの主食の原材料であるコムギの品種改良を支えていく若手研究員として、母国の未来を担うリーダーとして期待されています。学長からは、「教職員を代表して、心からお祝い申し上げます。皆さんの期待に応えられるよう、SATREPSプロジェクトをはじめ、本学で学んだ力と経験を活かし、大いに活躍されることを願っています。母国と日本の架け橋となるよう、挑戦し続けてください」と、卒業への祝福とエールが贈られました。

「学位記」・「JICA研修修了証書」

学長から「学位記」が、独立行政法人国際協力機構(JICA)横浜国際センター所長からは「JICA研修修了証書」が、卒業生2人にそれぞれ手渡されました。2人は本学の留学生であるとともに、JICA長期研修生として学んでいました。

「学位記」・「JICA研修修了証書」授与



記念撮影

記念撮影

最後に式典列席者、卒業生、本学教職員管理職との記念撮影を行いました。
本学では、今後も駐日アフガニスタン大使館をはじめ、独立行政法人科学技術振興機構(JST)、独立行政法人国際協力機構(JICA)と連携してSATREPSプロジェクトを進め、アフガニスタン復興の一翼を担えるよう、国際貢献に努めてまいります。

◆「地球規模課題対応国際科学技術協力事業」(SATREPS)
アフガニスタン在来のコムギ遺伝資源の探索・保存ならびに新しい育種素材、食糧技術の開発を目指し、自国のコムギ品種改良を支えていくアフガニスタン若手研究者の人材育成を行う事業で、本学では、平成22年度から独立行政法人科学技術振興機構(JST)及び独立行政法人国際協力機構(JICA)による委託を受けて実施しています。

平成26年度 JICA研究生開講式

留学生秋季卒業式に引き続き、「JICA研究生開講式」を開催しました。JICA事業である「未来への架け橋・中核人材育成プロジェクト(PEACE(ピース)」及び「アフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ(ABEイニシアティブ)」にて、研究生として本学での学生生活をスタートした留学生を対象に、駐日アフガニスタン大使館、独立行政法人国際協力機構(JICA)、独立行政法人科学技術振興機構(JST)関係者の方々にご列席いただき、執り行われました。
PEACEプロジェクトでアフガニスタンから来日した1名と、ABEイニシアティブでタンザニアから来日した2名が紹介された後、学長から「目標に向けて勉学や研究に励み、大学院に進まれること、そして、将来の自国の発展に一躍を担う研究者、次世代のリーダーとなるという覚悟を持って、学生生活を送ってほしい。」との祝辞が贈られました。

記念撮影

また、独立行政法人国際協力機構(JICA)横浜国際センター所長からも「母国の発展のために、習得した知識や技術を広めるために、しっかり学んでほしい。」と祝辞をいただきました。
3名は研究生として学んだ後、アフガニスタンからの留学生は大学院生命ナノシステム科学研究科、タンザニアからの留学生は国際マネジメント研究科の博士前期課程に進学する予定です。

◆「未来への架け橋・中核人材育成プロジェクト」(PEACE)
独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施しているアフガニスタンの人材育成事業。本学では、農学/遺伝資源育種の分野での採択を受け、平成24年度秋から留学生の受け入れを行っています。

◆「アフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ」(ABEイニシアティブ)
5年間で1,000人のアフリカの若者に対し、日本の大学や大学院での教育に加え、日本企業でのインターンシップの機会を提供するものです。独立行政法人国際協力機構(JICA)では、ABEイニシアティブの主要な取り組みとして、「修士課程およびインターンシップ」プログラムを開始し、アフリカ諸国の有望な若手人材を外国人留学生として日本へ受け入れ、日本の大学における、原則として英語による修士課程教育と、企業への見学およびインターンシップ実習を実施します。本学では、経済・経営系の分野での採択を受け、今年度(平成26年度)秋から留学生の受け入れを行います。

ページトップへ