YCU 横浜市立大学

専任教員:有機物質科学(助教)

専任教員の公募

横浜市立大学大学院生命ナノシステム科学研究科物質システム科学専攻では、「ものづくり、計測科学、計算科学」を基盤とした8部門が相互に連携融合し、「エネルギー・環境、先端医療」分野への展開を目指しています。特に、本専攻の中心を担う有機物質科学部門を強化するため、創薬を視野に入れた実験研究が展開できる化学分野の教員を公募致します。低分子有機医薬品の開発は「ものづくり」を中核とする有機物質科学部門を牽引する分野であり、今後の有機物質科学に関連する教育研究を積極的に推進し、国際総合科学部理学系における基礎理学教育にも貢献できる人材を求めます。

1 主な担当科目等・職位・人数

主な担当科目等 職位 人数
<分野>
有機物質科学
<主な担当科目>
学部
(1)自然科学基礎実験B(化学系)(共通教養科目、1単位分担)
(2)物質創製実験(物質科学コース展開科目、2単位分担)
(3)先端物性測定講義・実習Ⅱ(物質科学コース展開科目、4単位分担)
(4)物質科学ゼミ・演習(8単位分担)
(5)卒業演習・卒業論文(6単位)
                                
大学院
(6)ナノ構造分析実習(博士前期課程、1単位分担)
 
助教
 
1名

2 応募資格

次の1~5の資格要件をすべて満たす方
  1. 化学、なかでも有機合成化学や天然物有機化学をベースにした創薬科学やケミカルバイオロジーの分野で業績があり、有機物質科学部門の教員と協力して、実験科学の研究、教育ができること
  2. 産学連携・地域貢献・国際交流に関して積極的に取り組むとともに、生命科学分野への応用も視野に入れた教育・研究ができること
  3. 学部・大学院での教育、および学部コース・大学院専攻の運営に充分な熱意を持って担当できること
  4. 英語で授業ができること
  5. 博士号取得者、又は2018年3月迄に博士号取得見込の方

3 就任予定年月日

平成30年4月1日

4 応募方法

(1)応募書類

ア 履歴書(参考様式)正本1部、副本6部
イ 教育研究業績書(参考様式)正本1部、副本6部
ウ 主たる研究論文(5点以内)の別刷り又はコピー 各7部
エ これまでの研究の概要(2,000字以内)正本1部、副本6部
オ 教育・研究に対する抱負[応募資格要件を含むこと](2,000字以内)
  正本1部、副本6部
カ 応募者について意見を伺える照会先2名の所属・氏名・連絡先・メールアドレス
  正本1部、副本6部
キ 学位を証明する文書 正本1部、副本6部

(2)提出方法

 ア 応募書類は一括送付してください。
 イ 封筒に「教員公募書類在中」「有機物質科学」と朱書きしてください。
 ウ 応募書類は、原則として返却しません。

(3)提出先

〒236-0027 横浜市金沢区瀬戸22-2
公立大学法人横浜市立大学 企画総務部人事課調整担当

(4)提出期限

平成29年8月31日(木)必着

5 選考方法

(1) 一次選考:書類審査
(2) 二次選考:面接(一次選考に合格した方を対象に本年10月中を予定しています。また、模擬授業をお願いすることがあります。)

6 待遇

職位・業績・職務内容などに応じた年俸制
 ※初年度の給与水準は、職歴・経歴を基に算出します。
 ※退職手当は法人退職時に別に支給します。

7 勤務地

横浜市立大学金沢八景キャンパス(横浜市金沢区瀬戸22-2)

8 任期

(1)任期は、博士の学位を有する方等は5年、それ以外は3年となります。
※任期の更新時に審査を行い、任期の上限年数は10年となります。
(2)定年満65歳。満65歳に達した日以降の最初の3月31日を定年退職日とします。
(3)昇任制度あり
※雇用契約は年度単位とし、年度途中採用者は採用年度を雇用契約期間の初年度とします。

9 お問い合わせ先

〒236-0027 横浜市金沢区瀬戸 22-2 
横浜市立大学 大学院生命ナノシステム科学研究科 教授 橘 勝
Fax:045-787-2307 E-mail: tachiban@yokohama-cu.ac.jp

10 備考

(1) 本件公募によって採用される方は、公立大学法人横浜市立大学が定める規程に基づいて、公立大学法人横浜市立大学と雇用契約を締結していただくことになります。
(2) 二次選考(面接)を行わせていただく方については、日程及び実施方法を、ご本人に連絡します。
(3) 二次選考(面接)の実施に当たって必要な旅費・滞在費等は応募者に負担いただきます。
(4) 選考結果については、最終選考が終了次第、ご本人に通知します。