医学部看護学科・医学研究科看護学専攻医学部看護学科
医学研究科看護学専攻

精神看護学

精神看護学

精神看護学とは

精神看護は、近年大きく変化しています。その一つは、精神看護学の領域と対象者の拡大であり、それに伴う精神看護学の考え方・役割・機能の変化です。背景には、現在社会の急速な変化とその中で起こっている様々な問題、医療の変化、新しい制度の動向などがあり、それらが人々の生活のしづらさに影響しているものと考えます。
精神看護学では、このような社会変化の中で、病院・学校・職場・地域という様々な場で生活する人々の心の健康の保持・増進、心の問題を抱える人々が社会的資源を活用しながら、本来の生活のあり様やその人らしさを取り戻せるよう援助することを探求します。
また、看護を展開していく上で人と人との関係性作りは重要であり、信頼関係を軸とした専門的援助関係を構築していく過程を体験し、その中で自分自身を道具としてどう活用できるのか、自己の看護観を深めていきます。

教員紹介 (2017年4月現在)

教員 研究テーマ
松下 年子
教授
アディクション看護の開発とその検証
精神臨床及び精神保健領域における高度実践看護の実現
田辺 有理子
講師
医療現場の倫理と暴力に関する研究
精神障がい者の地域生活支援に関する研究
一柳 理絵
助教
女性薬物依存症者の支援に関する研究
桐生 敏行
助教
ギャンブル依存症者の支援に関する研究
精神看護学領域
松下年子    045-787-2541
田辺有理子   045-787-2752
一柳理絵   045-787-2751
桐生敏行  kiryu@yokohama-cu.ac.jp 045-787-2752

看護学科