ナビゲーションをスキップして本文へ
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • サイトマップ
  • 大学トップ

研究者検索


ここから本文

業績

研究

論文

[2014]
1)Makiko Muya, Kimiko Katsuyama, Fusako Ozaki, Hifumi Aoyama; Development of a scale measuring the job satisfaction of Japanese hospital nurses, Japan Journal of Nursing Science ,17 APR 2013, doi:10.1111/jjns.12017
2)勝山貴美子:看護職のチーム医療における協働意識と自律性―歴史的背景と調査結果からの考察―、医学哲学・医学倫理、第32号、2014 pp33-42
3)撫養真紀子、池亀みどり、河村美枝子、清水厚子、志田京子、勝山貴美子、北居明、上野恭裕、青山ヒフミ:病院統合を経験した看護師の認識の変化と看護管理上の支援、大阪府立大学紀要20巻1号、2014(in press)
4)撫養真紀子、池亀みどり、河村美枝子、清水厚子、志田京子、勝山貴美子、北居明、上野恭裕、青山ヒフミ:病院に勤務する看護師の職業継続意思に関連する要因の検討、大阪府立大学20巻1号、2014(in press)
5)小西由紀子、撫養真紀子、勝山貴美子、青山ヒフミ:看護職における再就職者の組織社会化の様相、日本看護管理学会誌18巻、2014(in press)
6)撫養真紀子、勝山貴美子、尾?フサ子、青山ヒフミ:一般病院に勤務する看護師の職務満足感とバーンアウト、自尊感情との関連、日本看護管理学会誌18巻、2014pp27-35
7)Akemi Nomura, Yasuko Ando, Tomohiro Yano, Yosuke Takami, Shoichiro Ito, Takako Sato, Akinobu Nemoto, Hiroshi Arisawa: Development of a Motion Capturing and Load Analyzing System for Caregivers Aiding a Patient to Sit Upright in Bed,Changming Sun ed. , “ Signal and Image Analysis for Biomedical and Life Sciences”, in the Springer, “Advances in Experimental  Medicine and Biology” book series pp.1-15, 2014. (to appear)
8)塚越みどり・赤瀬智子・林さとみ,看護学修士課程におけるフィジカルアセスメントの教育方法と今後の課題 横浜看護学雑誌 7(1):22-26,2014.
9)Sandoval Garrido FA, Tamiya N, Kashiwagi M, Miyata S, Okochi J, Moriyama Y, Yamaoka Y, Takamuku K: Relationship between structural characteristics and outcome quality indicators at health care facilities for the elderly requiring long-term care in Japan from a nationwide survey. Geriatr Gerontol Int. 2013 Jun 18 (in press). doi: 10.1111/ggi.12098.
10)Kobayashi M, Tamiya N, Kashiwagi M, Ito T, Yamaoka Y, Matsuzawa A: Factors related to positive feelings of caregivers who provide home-based long-term care for their family members in Japan. Journal of Research on Humanities and Social Sciences, 3(16):27-36, 2013.
11)松田智行, 田宮菜奈子, 柏木聖代, 森山葉子. 介護保険制度導入前後における在宅サービス利用の変化. 日本公衆衛生雑誌. 60(9): 586-595, 2013.
12)松澤明美, 田宮菜奈子, 柏木聖代, 田中竜太, 竹谷俊樹, 野村芳子. 障害者自立支援法導入による在宅障碍児・者の母親の養育負担感の変化とその関連要因. 小児保健研究, 72(1): 54-64, 2013.
13)柏木聖代, 田宮菜奈子. 在宅での安心・安全診療のポイント. 在宅医療における感染対策, 医療廃棄物の処理, 予防接種など. 実地医家のための在宅医療実践ガイド. 入門から最前線まで. Medical Practice 2013 増刊号, Vol. 30: 77-82, 2013.

[2013]
1)Makiko Muya, Kimiko Katsuyama, Fusako Ozaki, Hifumi Aoyama;Development of a scale measuring the job satisfaction of Japanese hospital Japan Journal of Nursing Science 2013
2)Santaro Kobayashi, Ken Kato, Nakako Fujiwara, Makoto Miyaji, Hirishi、 Amano, Mitio Naito, Kimiko Katuyama, Kazunobu Yamauchi.; Comparative study of ethical problems on national board exams in Japan for healthcare professions - specific examples of physicians, pharmacists, and speech therapists, International Journal of Medical Science and Public Health
2013 2(3) 376-381
3)宇田賀津, 松田常美, 田中結華, 勝山貴美子, 安藤嘉子, 福嶋智子, 末平智子, 西浦絵理, 松田貴子, 栗林永紀, 加藤憲. ストーマ外来を運営する皮膚・排泄ケア認定看護師のコミュニケーションの特徴. 第一段階:会話の導入部分. 摂南大学看護学研究,1(1): 15-24, 2013.
4)加藤憲, 勝山貴美子. 臨床研究におけるQOL評価に関する一考察. 星城大学研究紀要Pp49-57, 第13号, 2013.
5)塚越みどり. 38℃加温における冷罨法用具、冷却枕の温度変化. 横浜看護学雑誌 Vol.6, No1, 57-60, 2013
6)Kashiwagi M, Tamiya N, Sato M, Yano E. Factors associated with the use of home-visit nursing services covered by the long-term care insurance in rural Japan: a cross-sectional study.BMC Geriatrics, 2013 Jan 2;13:1. doi: 10.1186/1471-2318-13-1.
7)Sandoval F, Tamiya N, Kashiwagi M, Miyata S, Okochi J, Takamuku K. Relationship between Structural Characteristics and Outcome Quality Indicators at Health Care Facilities for the Elderly Requiring Long-Term Care in Japan from a Nationwide Survey. Gerontology and Geriatrics International, 2013, doi: 10.1111/ggi.12098.
8)Kobayashi M, Tamiya N, Kashiwagi M, Ito T, Yamaoka Y, Matsuzawa A: Factors related to positive feelings of caregivers who provide home-based long-term care for their family members in Japan. Journal of Research on Humanities and Social Sciences (in press)
9)松田智行, 田宮菜奈子, 柏木聖代, 森山葉子. 介護保険制度導入前後における在宅サービス利用の変化. 日本公衆衛生雑誌 2013, 60(9): 586-595.
10)Ken Kato, Kimiko Katsuyama, Kazunobu Yamauchi et.al. Factors relating to doctors’ desire to change hospitals in Japan. International Journal of Health Care Quality Assurance. Vol. 25 Isse : 1, 19-40, 2012
11)Satomi Hayashi, Kimiko Katsuyama: Potential nursing interventions for treatment delay among patients with acute myocardial infarction in Japan - A literature review, Yokohama journal of nursing 5(1), pp9-14, 2012
12)東堤久恵, 青山ヒフミ, 勝山貴美子. 就任初期の看護師長が役割移行において役割を取得するプロセス. 困難の体験に関連した役割の取得からの検討. 大阪府立大学看護学部紀要, 18(1): 11-21, 2012.
13)柏木聖代. 在宅サービスのアウトカム評価と質改善. 季刊社会保障研究, 48(2): 152-164, 2012.
14)Oyama Y, Tamiya N, Kashiwagi M, Sato M, Ohwaki K, Yano E. Factors that allow elderly individual to stay at home with their families using the Japanese long-term care insurance system. Gerontology and Geriatrics International. 2012, 13(3):764-73.
15)Olivares-Tirado P, Tamiya N, Kashiwagi M. Effect of in-home and community-based services on the functional status of elderly in the long-term care insurance system in Japan. BMC Health Services Research, 12(1): 239, 2012
16)杉本健太郎, 松田ひとみ. 「高齢者の飲酒」の概念分析と睡眠ケアにおける課題. 高齢者ケアリング学研究会誌. 2(2): 29-37,2013
17)天野寛, 加藤憲, 宮治眞, 藤原奈佳子, 勝山貴美子, 小林三太郎, 牧靖典, 川原弘久, 柵木充明, 姉尾淑郎:暴言・暴力およびセクシャルハラスメントに関する愛知県下病院アンケート調査の分析. 日本医療・病院管理学会誌, 48(4): 35-47, 2011.
18)撫養真紀子、勝山貴美子、青山ヒフミ、小笠幸子、宮本ありさ、森迫京子、高橋惠子、牧野惠子、田中睦子、川本彰子、今阪洋子、鳥井元純子、寺下久代:行政・病院・教育研究機関・看護協会が連携して行った中小規模病院ネットワーク構築事業の意義 東海病院管理学研究会年報2011 17巻
19)Olivares-Tirado P, Tamiya N, Kashiwagi M, Kashiwagi K. Predictors of the highest long-term care expenditures in Japan. BMC Health Services Research, 17;11:103, 2011.
20)Hirano Y, Yamamoto-Mitani N, Ueno M, Takemori S, Kashiwagi M, Sato I, Miyata N, Kimata M, Fukahori H and Yamada M. Home Care Nurses’ Provision of End-of-life Support to Families of the Elderly. Qualitative Health Research, 21(2):199-213,2011.
21)柏木聖代. ヘルスサービスリサーチ地域ケア活動の評価. 日本公衆衛生雑誌, 58(1): 54-57, 2011.
22)佐藤泉, 山本則子, 竹森志穂, 平野優子, 宮田乃有, 深堀浩樹, 上野まり, 柏木聖代, 木全真理, 山田雅子. 終末期の訪問看護における時期別の期間と訪問頻度の違い: がんとがん以外の事例の比較. 日本看護科学学会誌, 31(1): 68-76, 2011
23)Kimiko Katsuyama, Yuich Kouyama, Yasushi Hirano, Kenji Mase, Ken Kato, Satoshi Muzuno, Kazunobu Yamauchi: Computer Analysis System of the Physician-Patient Consultation Process International Journal of Health Care Quality Assurance, 23(4):378-399, 2010
24)勝山貴美子, 加藤憲, 宮治眞, 藤原奈佳子, 小林三太郎, 天野寛, 川原弘久, 牧靖典, 柵木充明, 妹尾淑郎. 受療行動からみた二次医療圏の問題と限界. 愛知県における小児科と産婦人科を中心に. 社会医学研究.27(2): 11-19,2010.
25)勝山貴美子. 日本における次世代の看護管理者教育とは何か? アメリカのプログラムの学びを通して 大阪府立大学看護学部紀要.16(1),21-32,2010.
26)勝山貴美子, 勝原裕美子, 星和美, 鎌田佳奈美, ウィリアムソン彰子. 過去5年間の倫理に関する研究の特徴と今後の課題. 日本看護倫理学会誌.2(1),77-86,2010.
27)塚本尚子, 舩木由香, 野村明美. 看護学生のソーシャルスキルが実習直前のストレス低減に及ぼす影響. ストレス科学研究. 25: 30-36, 2010
28)Tamiya N*, Okuno M*, Kashiwagi M*, Nishikitani M*, Aruga E. Collaboration between physicians and a hospital-based palliative care team in a general acute-care hospital in Japan. BMC Palliative Care, 15;9:13, 2010. * Contributed equally
29)Yoshioka Y, Tamiya N, Kashiwagi M, Sato M, Okubo I. Comparison of public and private care management agencies under public long-term care insurance in Japan: a cross-sectional study. Geriatrics and Gerontology International. 10: 48-55, 2010.
30)Nishi A, Tamiya N, Kashiwagi M, Takahashi H, Sato M, Kawachi I. Mothers and daughters-in-law: a prospective study of informal care-giving arrangements and survival in Japan. BMC Geriatrics. 29;10:61, 2010.
31)久保谷美代子, 柏木聖代, 村田昌子, 田宮菜奈子. 訪問看護ステーションにおける看護職員の外部研修への参加の実態と関連要因. 日本プライマリ・ケア学会誌,33(1):42-49,2010.
32)塚越みどり. 自律神経調節とTRPチャネルファミリー. 痛み、飲水、カルシウム吸収から血圧調節に至る多彩な関与 ラット骨格筋および皮膚に分布するTRPV1受容体の神経学的検討. 自律神経. 46(3): 205-207, 2009
33)柏木聖代, 田宮菜奈子, 村田昌子. 訪問看護ステーションにおける看護職員の採用・離職の実態と職員増減の関連要因. 日本プライマリ・ケア学会誌. 32(4):209-217, 2009.
34)Kato G, Tamiya N, Kashiwagi M, Sato M , Takahashi H. Relationship between home care service use and changes in the care needs level of elderly Japanese. BMC Geriatrics. 2009:21(9) 58.

著書

[2014]
1)勝山貴美子、関東医学哲学倫理学会編:胎児の異常と中絶、『新版 医療倫理Q&A』、太陽出版、東京、2013
2)勝山貴美子、任和子編:目標管理、キャリア発達理論、キャリアパス、クリニカルラダー、『みんなの看護管理』、南江堂、東京、69-88、2013
3)勝山貴美子、小林美亜編:看護人材マネジメント論、『Basic&practice シリーズ 
看護管理』学研、東京、36-48、2013
4)勝山貴美子、任和子編:質管理―質管理手法を使って資源の効果的・効率的運用をめざす、『学研ナーシングサポート 看護管理学(上級コース)』 、学研メディカル、東京、2014
5)塚越みどり(分担執筆),香春知永・斉藤やよい編集,基礎看護技術.改訂第2版,
南江堂,東京:呼吸・循環調節章 分担執筆 2014.3改訂
6)柏木聖代: 看護業務量, 一般社団法人社会調査協会(編), 社会調査事典, 丸善出版,
東京, 2014年
7)柏木聖代: 訪問看護と情報システム, 日本医療情報学会医療情報技師育成部会(編), 新版医療情報. 医療情報システム編, 篠原出版新社, 東京: 296-297, 2013年

[2013]
1)勝山貴美子:第4章 看護師一患者・家族関係『シリーズ生命倫理学14巻. 看護倫理』pp64-84, 平成24年7月 丸善(東京)
2)勝山貴美子.『放送大学 テキスト 看護管理と医療安全』4.看護組織の管理, 5.看護ケアの管理, pp54-81(全300頁) . 平成24年4月NHK出版(東京)

[2012]
1)塚越みどり他 高等学校職業教科書. 人体と看護. 人体の構造と機能. 文部科学省2012

[2011]
1)安藤郁子編, 野村明美:「根拠と写真で学ぶ看護技術2、もう一度確認」. 中央法規2011
2)日本ストレス学会・パブリックヘルスリサーチ編、野村明美他多数ストレス科学事典  実務教育出版 2011

[2010]
1)勝山貴美子他, 『看護学大事典第二版』医学書院 2010
2)勝山貴美子、青山ヒフミ他.、「3節:中小規模病院看護職員資質向上委員会およびネットワーク構築事業とその評価」 『「大阪府立大学における分野横断型研究の展開〜21世紀科学研究所の挑戦〜」pp184-190,2010
3)柏木聖代. 施設ケアにおける訪問看護. 根拠に基づく高齢者施設ケア(田宮菜奈子, 阿部芳道, 山本秀樹編), 金芳堂, 108-114,2010.

[2009]
1)勝山貴美子、加藤憲、宮治真他:『暴言・暴力・セクシュアルハラスメント対処法』メディカル・ビュー 2009
2)柏木聖代. 看護研究百科(ジョイス・J.フィッツパトリック, メレディス・ウォーレス編,岡谷恵子監訳)照林社, 担当:108-110,321-136,141-144,149-152,306-310,316-318,344-346,351-352,400-402,420-421,471-473,510-511529-530,621-626,636-638,643-645, 2009

学会発表

[2014]
1)田中結華、勝山貴美子、松田常美、安藤嘉子、福島智子、末平智子、西浦絵理、松田貴子:ストーマ外来における皮膚・排泄ケア認定看護師のセルフケア促進行為:患者の問題の把握、第22回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会、静岡、2013年5月24日-25日
2)緒方泰子、勝山貴美子、田中幸子、菅田勝也:Healthy Work Environment とは何か? マグネット病院特性・海外の取組・参加者の経験をヒントに考える、第39回日本看護研究学会学術集会、2013年8月22-23日、秋田
3)勝山貴美子、緒方泰子、田中幸子、菅田勝也:Healthy Work Environmentとは何か?
北米の看護管理者へのインタビューの報告、第17回日本看護管理学会学術集会、2013年8月24-25日、東京
4)勝山貴美子、緒方泰子、田中幸子、永野みどり、加藤憲、菅田勝也北米の看護管理者が考えるHealthy Work Environment特性およびその創出に関わる看護管理者の能力に関する調査、日本医療・病院管理学会 第51回学術集会、2013年9月、京都
5)Akemi Nomura, Yasuko Ando, Tomohiro Yano, Yosuke Takami, Shoichiro Ito, Takako Sato, Akinobu Nemoto, Hiroshi Arisawa : Development of a Motion Capture System for Measuring Hidden Points on a Human Model and Its Application to Aiding a Patient to Sit Upright in Bed, 2013 International Symposium on Computational models for Life Sciences (CMLS-13), pp.221-229, Sydney, Nov. 27-29, 2013
6)塚越みどり、船越健悟、菱沼典子:背部温罨法における足趾皮膚温・皮膚血流量の検討,浜松,第11回日本看護技術学会学術集会,2013.9
7)塚越みどり:背部温罨法による筋硬度の変化,第18回日本看護研究学会東海地方学術集会,名古屋,2014.3
8)中村博文、服部紀子、渡部節子、塚越みどり、臺由佳、林さとみ、金嶋祐加、廣瀬幸美、叶谷由佳:看護学士課程4年生における看護実践能力到達度の状況,第18回日本看護研究学会東海地方学術集会,名古屋,2014.3
9)柏木聖代, 緒方泰子, 大山裕美子: 訪問看護ステーションにおける医療事故・ヒヤリハット・クレームの定期的な集計に関連する要因. 第18回日本在宅ケア学会学術集会, 東京, 2014年3月.
10)大山裕美子, 柏木聖代, 緒方泰子. 訪問看護ステーションにおけるインシデント等の再発予防策の定期的な検討に関連する要因. 第33回日本看護科学学会学術集会, 大阪, 2013年11月.
11)伊藤智子, 田宮菜奈子, 柏木聖代. 要介護高齢者における死亡前1年間の生活場所と要介護度の変化. 第72回日本公衆衛生学会総会, 三重, 2013年10月.
12)OLIVARES-TIRADO P., Tamiya N., Kashiwagi M. Institutional Long-term Care Expenditures & Proximity to Death in Japan. Third International Conference on Health, Wellness and Society. 15th to 16th March 2013 .Sao Paulo, Brazil.

[2013]
1) Kimiko Katsuyama, Yuka Tanaka ,Ken Kato, Yoshiko Ando, Satoko Fukushima, Tomoko Suehira, Nishiura Takako, Matsuda, Tsunemi Matsuda, Towaki Kuribayashi:THE STUDY ON CHARACTERISTICS OF COMMUNICATION IN OUTPATIENT CLINIC OPERATED BY WOCN 平成24年9月2-6日(Yokohama) 4th Congress of the World union of Wound Healing Societies Program and Abstracts p437
2) Yuka Tanaka, Kimiko Katsuyama, Ken Kato, Yoshiko Ando, Satoko Fukushima, Tomoko Suehira, Nishiura Takako, Matsuda, Tsunemi Matsuda, Towaki Kuribayashi: FEATURES OF COMMUNICATION BETWEEN OSTOMY OUTPATIENT AND WOCN: QUALITATIVE ANALYSIS OF THE COMMUNICATION 平成24年9月2-6日(Yokohama)4th Congress of the World union of Wound Healing Societies Program and Abstracts  Program and Abstracts p437
3) 勝山貴美子, 加藤憲, 山内一信, 内藤道夫, 平田明美, 竹内朋子:医療従事者が認識する学際的医療連携の実態と課題 第3回看護経済政策研究学会学術集会 平成24年9月6日(横浜)
4) 勝山貴美子, 加藤憲, 山内一信, 内藤道夫, 平田明美, 竹内朋子:「医療従事者が認識する学際的医療連携の実態と課題―職種間比較からの考察」第50回日本医療・病院管理学会 日本医療・病院管理学会誌Vol.49 supplement p81 平成24年10月18-19日(東京)
5) 勝山貴美子:―チーム医療に関する認識調査―職種間比較からみる問題と課題 第31回日本医学哲学・倫理学会大会抄録集p18 平成24年11月17-18(金沢)
6) 勝山貴美子 、平田明美、竹内朋子:医療従事者が認識する学際的医療連携の実態と課題看護職の特徴に焦点をあてて- 第32回日本看護科学学会学術集会 抄録集p275 平成24年11月30日-12月1日(東京)
7) 撫養真紀子、勝山貴美子、尾崎フサコ、青山ヒフミ:一般病院に勤務する看護師の職務満足測定尺度の信頼性・妥当性の検討 共同 平成24年8月23-24日(札幌)第16回日本看護管理学会 講演抄録集 p220
8) 撫養真紀子、勝山貴美子、尾崎フサコ、青山ヒフミ:一般病院に勤務する看護師の職業継続意思と自律性および自己効力感との関連 共同 平成24年11月30日-12月1日 第32回日本看護科学学会学術集会 抄録集p303
9) 藤田彬、金子つばさ、佐藤貴子、野村明美、田村直良、有澤博:介護予防対象者のトータルモニタリングシステムの開発、第11回情報科学技術フォーラム、法政大学(東京)、 2012年9月
10) 柏木聖代,田宮菜奈子,高橋秀人,菊池潤,佐藤幹也,伊藤智子, 野口晴子. 居宅介護支援事業所の開設法人とケアプランのサービス種類数・総単位数との関連. 第71回日本公衆衛生学会総会, 2012年10月24-26日(発表日10月26日), 山口.

地域貢献

学会・研究会など

勝山貴美子:
日本医療・病院管理学会評議員(編集委員)、日本看護経済・政策研究学会(理事)、日本医学哲学・倫理学会理事(教育委員、編集委員)、日本看護研究学会(編集委員)、日本看護倫理学会(評議員)、東海病院管理研究会(幹事)、International Journal of Health Care Quality Assurance(査読者)、日本看護管理学会(査読者)、聖路加看護学会(査読者)、外国人受け入れ医療機関認証評価事業(認証審査会委員)他

塚越みどり:
高等学校職業教科書 人体と看護 編集協力および審査協力委員 文部科学省

柏木 聖代:
日本公衆衛生学会(評議員、査読委員)、日本看護科学学会(研究・学術情報委員会委員)、看護系学会等社会保険連合委員、日本在宅看護学会(評議員)他

研修会等講師

勝山貴美子:
横浜市立大学附属病院研修講師「看護倫理II」「看護倫理III」「研究指導」、合同研修講師「副看護師長合同研修 看護専門職としての倫理」、「看護師長研修 看護倫理」、「専門・認定看護師研修 看護倫理」、「リーダーシップ研修」、「人材育成と教育カリキュラムの構築(3回講義、演習)」、日本看護協会神戸研修センター認定看護管理者教育サードレベル「組織倫理」、「臨床看護実践における倫理〜基礎編〜」、大阪府看護協会認定看護管理者教育ファーストレベル「関連職種とその機能」、サードレベル「看護管理者の倫理的意思決定」、神奈川県看護協会認定看護管理者研修セカンドレベル「組織論」、独立行政法人 地域医療機能推進機構 看護研修センター「組織倫理(サードレベル)」、横浜市立大学付属病院・横浜市立大学附属市民総合医療センター 看護研究指導(4病棟)神奈川県立保健福祉大学看護学専攻科非常勤講師(看護倫理学)、東海大学大学院非常勤講師(看護管理学)他

野村明美:
横浜市立大学市民総合医療センター研修講師「事例検討看護実践を支える思考」、横浜市立大学附属病院「臨地実習における学習を支援する」、横須賀共済病院看護研究指導講師・研究発表会講評担当講師、横浜市立大学医学部医学科講師「医療安全」、横浜国立大学大学院環境情報学部「看護福祉工学」講師、神奈川県新人看護職員研修体制整備事業「他施設合同研修」講師

塚越みどり:
横浜市立大学附属病院 新採用者フィジカルアセスメント研修講師、横浜保土ヶ谷中央病院看護研究指導講師

柏木聖代:
横浜市立大学附属病院「看護師長分科会」「専門・認定看護師会」研修講師、横浜市立大学市民総合医療センター研修講師、神奈川県立保健福祉大学実践教育センター認定看護管理者養成・サードレベル「保健医療福祉政策論」・セカンドレベル「ヘルスケアサービス管理論」非常勤講師、筑波大学「在宅看護論(看護学類)」「ヘルスサービスリサーチ演習(大学院博士後期課程ヒューマン・ケア科学専攻)」非常勤講師 他