医学部看護学科・医学研究科看護学専攻医学部看護学科
医学研究科看護学専攻

科目概要

科目概要

専門科目

1年次

看護学概論(2単位30時間・1年前期)

専門科目としての看護学を学ぶ上での基礎的、本質的な事柄について学習し、今後、学んでいく看護学の扉を開き、主体的な学びを引き出す科目です。講義は、看護の基本的な概念を看護の定義、看護理論から理解し、専門職としての看護、看護と倫理、看護と法、看護の教育などについて学んでいきます。看護実践の場で活躍する専門・認定看護師や、医療チームのメンバーからの実際の活動をうかがうこと、患者さんからのお話をうかがうことで、今後、どのように看護を学び、関わっていくかを位置づけます。


基礎看護方法論 I (1単位30時間・1年後期)

看護の対象となる個人の健康状態を捉えるための看護技術、健康レベルに適した日常生活への援助は、原理・原則・技術の根拠をふまえ、安全、安楽に実践することが必要です。各看護技術(手指衛生・療養環境調整・移動・体位・食事・清潔・排泄・バイタルサイン測定・罨法など)の実践に必要な知識、根拠、一般的法則を解説します。


基礎看護援助論 I (3単位90時間・1年後期)

各看護技術(手指衛生・療養環境調整・移動・体位・食事・清潔・排泄・バイタルサイン測定・罨法など)の一般的な法則に加えて、対象者個人の健康レベルに応じたケアの実施方法を計画し、実践するために必要な技術、態度、評価方法を演習形式で学習します。


基礎看護学実習 I (1単位45時間・1年後期)

看護学を学ぶ初期段階において、「人が病んで入院すること」とははどういうことなのかを臨床実践の場で考え、看護を提供することの楽しさや難しさ、奥深さを感じ、看護とは何なのか、その意義を探求するきっかけとなることをねらいとしています。実習では、入院患者のベッドサイドで患者やその家族と話をしたり、看護師とともに看護を提供したりします。

2年次

基礎看護方法論 II (1単位30時間・2年前期)

看護過程の基礎を学習する科目です。看護過程とは、科学的な問題解決法を用いた思考過程であり、看護の実践そのものです。講義・演習を通して、アセスメント→診断→計画→実施→評価の一連のプロセスを経験します。また、看護過程に必要な知識・技術として、観察やコミュニケーション、情報の収集や共有、対人関係の構築についても幅広く学びます。


基礎看護援助論 II (1単位30時間・2年前期)

看護の対象は多様な健康レベルの人々です。対象となる人々の身体諸機能について正常および正常からの逸脱を判断するために必要な知識、技術の習得に向けて問診、視診、触診、聴診、打診の方法、系統別、症状のアセスメントについて学習します。演習はシミュレータ、臨床で使用される器具を活用し、呼吸系、循環器系、感覚器系、運動器系、神経系に関するフィジカルアセスメントの基本的技法を習得します。


基礎看護援助論 III (2単位60時間・2年前期)

保健師助産師看護師法に定められている看護師の業務には「療養上の世話」「診療の補助」があります。ここでは「診療の補助」について学習します。患者が受ける検査・診断・治療過程において、看護師が担う役割について学びます。また、これらの過程が、患者にとって安全かつ効果的に進むための診療の補助技術が習得できることを目指します。



基礎看護学実習 II (2単位90時間・2年前期)

この実習では入院患者の日常生活援助の一部に参加することを目指しています。学生は患者1名を受け持ち、患者と関わり、看護活動への参加を通して学習を進めます。また、受け持ち患者を対象に、基礎看護方法論IIで学習した看護過程の一連のプロセスを体験し、看護過程についての理解を深めます。

看護学科