医学部看護学科・医学研究科看護学専攻医学部看護学科
医学研究科看護学専攻

業績2016

業績2016

論文

1) Makihara H, Koike Y, Ohta M, Horiguchi E, Tsubata M, Kinoshita K, Akase T, Goshima Y, Aburada M, Shimada T: Gallic acid, the active ingredient of Terminalia bellirica, enhances adipocyte differentiation and adiponectin secretion, Biological and Pharmaceutical Bulletin, vol.39(7), 1137~1143, 2016.

2) Makihara H, Nakai S, Ohkubo W, Yamashita N, Nakamura F, Kiyonari H, Shioi G, J-Takahashi A, Nakamura H, Tanaka F, Akase T, Kolattukudy P and Goshima Y: CRMP1 and CRMP2 have synergistic but distinct roles in dendritic development, Genes to Cells, vol.21(9), 994~1005, 2016.

3) Imamura M, Higashi K, Yamaguchi K, Asakura K, Furihata T, Terui Y, Satake T, Maegawa J, Yasumura K, Ibuki A, Akase T, Nishimura K, Kashiwagi K, R J. Linhardt, Igarashi K, Toida T: Polyamines release the let-7b-mediated suppression of initiation codon recognition during the protein synthesis of EXT2, Scientific Reports, Published online 2016 Sep 21, DOI:10.1038/srep33549, 2016.

4) Makihara H, Hidaka M, Sakai Y, Horie Y, Mitsui H, Ohashi K, Goshima Y, Akase T: Reduction and framentation of elastic fibers in the skin of obese mice is associated with altered mRNA expression levels of fibrillin-1 and neprilysin, Connective Tissue Research, vol.28, 1~8, 2016.

5) Hidaka M, Horikawa K, Akase T, Makihara H, Ogami T, Tomozawa H, Tsubata M, Ibuki A, Matsumoto Y: Efficacy of Kaempferia parviflora in a mouse model of obesity dermatopathy. Journal of Natural Medicines, vol.7(1), 59~67, DOI:10.1007/s11418-016-1027-8

6) Tamai N, Akase T, Minematsu T, Higashi K, Toida T, Igarashi K, Sanada H: Association between components of exudates and periwound moisture-associated dermatitis in breast cancer patients with malignant fungating wounds. Biological Research for Nursing, vol.18(2), 199~206, 2016.

7) Horikawa K, Hashimoto C, Kikuchi Y, Makita M, Fukudome S, Okita K, Oishi K, Wheat alkylresorcinols reduces micellar solubility of cholesterol in vitro and increases cholesterol excretion in mice, Natural Product Research, 2016


総説、研究報告など 

1) 赤瀬智子 知るとおもしろい!薬理学の世界. Clinical Study12月号, 第37巻第14号, 65~73, 2016.

2) 編)真田弘美, 正木治江 著)赤瀬智子他多数 老年看護学技術 改訂第2版. 404-414「薬物療法を受ける高齢者の看護」, 南江堂.

3) 伊吹愛, 藤本千尋, 松本裕, 堀川和政, 赤瀬智子 更年期女性のホットフラッシュに対するクラリセージ精油の経皮吸収効果の検討. 一般財団法人横浜総合医学振興財団 研究等報告書抄録集, 21, 2016.

4) 松本裕, 赤瀬智子, 伊吹愛, 堀川和政 アトピー性皮膚炎患者への軟膏処置についての実態調査, 一般財団法人横浜総合医学振興財団 研究等報告書抄録集, 23, 2016.

5) 堀川和政 出願特許「食品の摂取方法」 特開2016-132641 (P2016-132641A)  公開日:2016/07/25

6) 落合亮太, 松本裕,大 河内彩子, 宮内清子, 塚越みどり, 片山典子, 中村幸代, 渡邉知子, 佐藤朝美, 叶谷由佳, 渡部節子 看護大学1年生を対象とした看護英語教育プログラムに関する実践報告,横浜看護学雑誌, 第10巻第1号, 19~24,2017

7) 松本裕, 日下真咲代, 大久保みづき, 藤本千尋, 堀川和政, 伊吹愛, 赤瀬智子 クラリセージオイルの経皮吸収に対する検討-更年期症状に対する看護ケアの確立に向けて- 日本未病システム学会雑誌.第22巻第2号,72~76,2016


学会発表

1) 伊吹愛, 堀川和政, 前澤美佳, 松本裕, 赤瀬智子,  肥満による創傷治癒遅延への影響‐皮下脂肪組織の低酸素に着目して‐, 第25回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会, 金沢, 2016, 6

2) 松本裕, 伊吹愛, 赤瀬智子, アトピー性皮膚炎患者に対する軟膏指導とセルフケアの実態, 第25回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会, 金沢, 2016, 6

3) 堀江良子, 堀川和政, 伊吹愛, 松本裕, 赤瀬智子, BMIと皮膚脂質量との関連, 第37回日本肥満学会, 東京, 2016, 10

4) 伊吹愛, 堀江良子, 松本裕, 堀川和政, 勇史行, 寺内康夫, 赤瀬智子 , 肥満糖尿病による皮膚の加齢性変化に関する実態調査, 第37回日本肥満学会, 東京, 2016, 10

5) 伊吹愛, 前澤美香, 松本裕, 赤瀬智子 , 肥満および老化マウスにおける皮膚組織の構造比較, 第4回看護理工学会学術集会, 岩手, 2016, 10

6) 赤瀬智子, 松本裕, 狩野美華, 益田ゆず香, 杉山紹美, 杉村篤士, 藤波富美子, 伊吹愛, 廣瀬幸美, アトピー性皮膚炎患者の外用アドヒアランスに及ぼす背景因子-ステロイド外用薬の塗布量に着目して-, 第23回日本未病システム学会学術総会, 福岡, 2016, 11

7) 松本裕, 狩野美華, 益田ゆず香, 杉山紹美, 杉村篤士, 藤波富美子, 伊吹愛, 廣瀬幸美, 赤瀬智子 , アトピー性皮膚炎患者の外用アドヒアランスに及ぼす背景因子-ステロイド外用薬の塗布回数に着目して-, 第23回日本未病システム学会学術総会, 福岡, 2016, 11

8) 堀川和政, 大久保みづき, 松本裕, 赤瀬智子 , スクラレオールによる脂質代謝の促進と血中コレステロールの低下作用, 第23回日本未病システム学会学術総会, 福岡, 2016, 11

9) 堀川和政, 後藤千鶴, 小此木辰輝, 松本裕, 赤瀬智子, 軽度肥満者における皮膚理モデリング関連遺伝子の発現動態, 第46回日本創傷治癒学会, 東京, 2016, 12

10) 槇原弘子, 日高萌子, 坂井佑衣, 堀江良子, 五嶋良朗, 赤瀬智子, 肥満2型糖尿病モデルマウスを用いた肥満に伴う真皮弾性線維の減少とそのメカニズム解析, 第31回日本糖尿病・肥満動物学会, 神奈川, 2017, 2

11) 赤瀬智子, 伊吹愛, 前澤美佳, 堀江良子, 槇原弘子, 肥満モデルマウスとヒトにおける皮膚組織の構造比較, 第31回日本糖尿病・肥満動物学会, 神奈川, 2017, 2


受賞

赤瀬智子  横浜市立大学理事長表彰, 2016






 



 

看護学科