医学部看護学科・医学研究科看護学専攻医学部看護学科
医学研究科看護学専攻

業績2015

業績2015

論文

1) Ibuki A, Inoue S, Matsumoto Y, Horie Y, Akase T, Evaluation of Epidermal barrier function in the Skin of Japanese Obese Women: a Pilot Study, Yokohama Journal of Nursing, 8(1), 28-32, 2015

2) Inoue S, Zingani E, Ibuki A, Akase T, A fieldwork program in the Republic of Zambia - health seminar by nursing students, Yokohama Journal of Nursing, 8(1), 49-56, 2015

3) 赤瀬智子, 看護学におけるトランスレーショナルリサーチー肥満の皮膚障害に対するスキンケア方法の確立を目指してー, Co-Medical研究会雑誌, 3(1), 13-15, 2015

4) Nakao R, Yamamoto S, Horikawa K, Yasumoto Y, Nikawa T, Mukai C, Oishi K, Atypical expression of circadian clock genes in denervated mouse skeletal muscle, Chronobiol Int, 32(4), 486-496, 2015

5) Ibuki A, Nishijima Y, Minematsu T, Sanada H, Expression profiles of the antioxidant enzymes gene (SOD1, CAT, GPX, and HMOX1) in the skin of UV-irradiated and obese mice, Journal of Nursing Science and Engineering, 3(1), 13-19, 2016

5) 荒木紀美, 太田智子, 若菜美和, 延永真実, 小林幹彦, Bacillus circulans G22-10変異株によるα-グルカナーゼの生産と精製, 応用糖質科学, 5(4), 237-244, 2015

6) 庄司紗都美, 篠崎小記, 清野友香, 延永真実, 荒木紀美, 小林幹彦, リノール酸の酸化に対するサイクロオリゴ糖の影響, 実践女子大学 生活科学部紀要, 第52号, 15-21, 2015


総説、研究報告など

1)著)赤瀬智子 他多数, 編)介護支援専門員テキスト編集委員会, 介護支援専門員基本テキスト七訂, 2 介護保険サービス, 第1編第6章第1節~5節122-134, 第9節~第12節143-158, 第2編第4章300-302, 一般財団法人 長寿社会開発センター(東京), 2015

2) 赤瀬智子, 女と男の再発見、生殖器・皮膚の生物学的視点から. 日本性とこころ関連問題学会, 7(2), 69-75, 2016

 

学会発表

1) Ibuki A, Horie Y, Horikawa K, Matsumoto Y, Akase T, HOW OBESITY IMPAIRS HUMAN SKIN FUNCTIONS?, The 6th International Academic Consortium for Sustainable Cities Symposium, Yokohama, 2015.9

2) 松本裕, 堀川和政, 藤本千尋, 大久保みづき, 日下真咲代, 伊吹愛, 赤瀬智子, クラリセージオイルの経皮吸収に対する検討 -更年期症状に対する看護ケアの確立に向けて-, 第22回日本未病システム学会, 北海道, 2015.10

3) 堀江良子, 伊吹愛, 赤瀬智子, 肥満による表皮の組織学的変化, 第24回創傷・オストミー失禁管理学会, 2015.5

4) 日高萌子, 堀川和政, 伊吹愛, 松本裕, 槇原弘子, 袴田仁人, 赤瀬智子, 肥満マウスの紫外線照射による炎症性皮膚障害に対するKaempferia Parvifloraの有効成分の検討, 第3回看護理工学会, 2015.10

5) 堀江良子, 堀川和政, 伊吹愛, 松本裕, 赤瀬智子, 肥満者における皮膚バリア機能に関連する因子の評価, 第36回日本肥満学会, 2015.10

6) Nakao R, Yamamoto S, Horikawa K, Yasumoto Y, Nikawa T, Mukai C, Oishi K, ABERRANT EXPRESSION OF CIRCADIAN CLOCK GENES IN DENERVATED MOUSE SKELETAL MUSCLE, XIV European Biological Rhythms Society (EBRS) and IV World Congress of Chronobiology (WCC), 2015.8

7) 橋本千秋, 堀川和政, 菊池洋介, 沖田公子, 福留真一, 和田直之, 大石勝隆, 小麦アルキルレゾルシノールの抗肥満効果, 第2回時間栄養科学研究会(共催:第10回ニュート リズム検討会)時間栄養学の橋渡し研究, 東京, 2015.9

8) 橋本千秋, 堀川和政, 菊池洋介, 沖田公子, 福留真一, 和田直之, 大石勝隆, 小麦アルキルレゾルシノールはコレステロールの排出を促進し肥満を抑制する, BMB2015(第38回日本分子生物学会年会, 第88回日本生化学会大会 合同大会), 神戸, 2015

9) 橋本千秋, 堀川和政, 菊池洋介, 牧田美希, 沖田公子, 福留真一, 和田直之, 大石勝隆, 小麦アルキルレゾルシノールはコレステロールの排出を促進し肥満を抑制する Wheat alkylresorcinols suppress diet-induced obesity by increasing cholesterol excretion in mice, LS-BT合同研究発表会, つくば, 2016, 2

10) 舟根和美, 一ノ瀬仁美, 鈴木龍一郎, 木村啓太郎, 齋藤勝一, 荒木紀美, 小林幹彦, 藤本瑞, 石塚敏, 木村淳夫, 澱粉を原料とした環状イソマルトオリゴ糖・メガロ糖の酵素生産と分離精製, 日本農芸化学会2014年度大会, 岡山, 2015

11) 一ノ瀬仁美, 鈴木龍一郎, 木村啓太郎, 齋藤勝一, 荒木紀美, 小林幹彦, 藤本瑞, 木村淳夫, 舟根和美, 澱粉を基質とする環状イソマルトオリゴ糖生産に重要な酵素の解析, 日本農芸化学会2014年度大会, 岡山, 2015

看護学科