医学部看護学科・医学研究科看護学専攻医学部看護学科
医学研究科看護学専攻

業績

論文

2016
1) Makihara H, Koike Y, Ohta M, Horiguchi E, Tsubata M, Kinoshita K, Akase T, Goshima Y, Aburada M, Shimada T: Gallic acid, the active ingredient of Terminalia bellirica, enhances adipocyte differentiation and adiponectin secretion, Biological and Pharmaceutical Bulletin, vol.39(7), 1137~1143, 2016.

2) Makihara H, Nakai S, Ohkubo W, Yamashita N, Nakamura F, Kiyonari H, Shioi G, J-Takahashi A, Nakamura H, Tanaka F, Akase T, Kolattukudy P and Goshima Y: CRMP1 and CRMP2 have synergistic but distinct roles in dendritic development, Genes to Cells, vol.21(9), 994~1005, 2016.

3) Imamura M, Higashi K, Yamaguchi K, Asakura K, Furihata T, Terui Y, Satake T, Maegawa J, Yasumura K, Ibuki A, Akase T, Nishimura K, Kashiwagi K, R J. Linhardt, Igarashi K, Toida T: Polyamines release the let-7b-mediated suppression of initiation codon recognition during the protein synthesis of EXT2, Scientific Reports, Published online 2016 Sep 21, DOI:10.1038/srep33549, 2016.

4) Makihara H, Hidaka M, Sakai Y, Horie Y, Mitsui H, Ohashi K, Goshima Y, Akase T: Reduction and framentation of elastic fibers in the skin of obese mice is associated with altered mRNA expression levels of fibrillin-1 and neprilysin, Connective Tissue Research, vol.28, 1~8, 2016.

5) Hidaka M, Horikawa K, Akase T, Makihara H, Ogami T, Tomozawa H, Tsubata M, Ibuki A, Matsumoto Y: Efficacy of Kaempferia parviflora in a mouse model of obesity dermatopathy. Journal of Natural Medicines, vol.7(1), 59~67, DOI:10.1007/s11418-016-1027-8

6) Tamai N, Akase T, Minematsu T, Higashi K, Toida T, Igarashi K, Sanada H: Association between components of exudates and periwound moisture-associated dermatitis in breast cancer patients with malignant fungating wounds. Biological Research for Nursing, vol.18(2), 199~206, 2016

7) Horikawa K, Hashimoto C, Kikuchi Y, Makita M, Fukudome S, Okita K, Oishi K, Wheat alkylresorcinols reduces micellar solubility of cholesterol in vitro and increases cholesterol excretion in mice, Natural Product Research, 2016



2015
1) Ibuki A, Inoue S, Matsumoto Y, Horie Y, Akase T, Evaluation of Epidermal barrier function in the Skin of Japanese Obese Women: a Pilot Study, Yokohama Journal of Nursing, 8(1), 28-32, 2015

2) Inoue S, Zingani E, Ibuki A, Akase T, A fieldwork program in the Republic of Zambia - health seminar by nursing students, Yokohama Journal of Nursing, 8(1), 49-56, 2015

3) 赤瀬智子, 看護学におけるトランスレーショナルリサーチー肥満の皮膚障害に対するスキンケア方法の確立を目指してー, Co-Medical研究会雑誌, 3(1), 13-15, 2015

4) Nakao R, Yamamoto S, Horikawa K, Yasumoto Y, Nikawa T, Mukai C, Oishi K, Atypical expression of circadian clock genes in denervated mouse skeletal muscle, Chronobiol Int, 32(4), 486-496, 2015

5) Ibuki A, Nishijima Y, Minematsu T, Sanada H, Expression profiles of the antioxidant enzymes gene (SOD1, CAT, GPX, and HMOX1) in the skin of UV-irradiated and obese mice, Journal of Nursing Science and Engineering, 3(1), 13-19, 2016




2014
1) Akase T, Inoue S, Koyama H, Makihara H: Education for translational nursing between basic science and clinical practices, Yokohama Journal of Nursing. 7(1), 47-52, 2014

2) Inoue S, Zingani E, Akase T: An international fieldwork program in Sub-Saharan Africa for Japanese nursing students to learn intercultural competence for healthcare support, Yokohama Journal of Nursing.7(1), 16-21, 2014

3) 塚越みどり林さとみ赤瀬智子、看護学修士課程におけるフィジカルアセスメントの教育方法と今後の課題,横浜看護学雑誌,7(1), 22-26, 2014

4) 中村博文、服部紀子、渡部節子、塚越みどり、䑓有佳、林さとみ、金嶋祐加、井上聡、廣瀬幸美、叶谷由佳,ポートフォリオから見た看護学士課程4年生における看護実践能力の到達度の状況,.横浜看護学雑誌7(1),2014

5) Matsumoto Y, Gotoh N, Sano S, Sugiyama K, Ito T, Abe Y, Katano Y, Ishihata A: Effects of scirpusin B, a polyphenol in passion fruit seeds, on the coronary circulation of the isolated perfused rat heart, International Journal of Medical Research & Health Sciences, vol.3(3), 547-553, 2014

6) Matsumoto M, Ibuki A, Minematsu T, Sugama J, Horii M, Ogai K, Nishizawa T, Dai M, Sato A, Fujimoto Y, Okuwa M, Nakagami G, Nakatani T and Sanada H: Structural changes in dermal collagen and oxidative stress levels in the skin of Japanese overweight males. International Journal of Cosmetic Science 36 (5), 477–484, 2014

7) 板垣英治, 松本裕, 阿部陽平, 文屋芽生, 西川さとみ, 片野由美: 低温負荷が冠循環と心拍数におよぼす影響-ノルアドレナリンおよびフェニレフリンを用いた検討-, 基礎科学をもとにしたCo-Medical研究会雑誌 Vol.2(1), 25-32, 2014

8) 塚越みどり, 船越健悟, 菱沼典子: 60℃の背部温罨法による上半身・指尖皮膚温・皮膚血流の変化, 日本看護技術学会誌 13巻(3), 219-229, 2014



2013

1) Akase T*, Nagase T*, Sanada H,Minematsu T, Ibuki A, Huang L, Asada M,Yoshimura K, Nagase M, Shimada T, Aburada M, Nakagami G, Sugama J, Aging-Like Skin Changes in Metabolic Syndrome Model Mice Are Mediated by Mineralocorticoid Receptor Signaling., AgingCell,12(1):50-57,2013.

2) 塚越みどり, 38℃加温における冷罨法用具・冷却枕の温度変化., 横浜看護学雑誌, 6(1):57-60, 2013.

3) T Sugimoto,T Minematsu, Huang L,Y Yamamoto,M Asada, Nakagami G, Akase T, Nagase T,Oe M,T Mori,H Sanada, Impaired Aquaporin 3 Expression in Re-epithelialization of Cutaneous Wound Healing in Diabetic Rat, Biological Research for Nursing,15(3):347-355,2013.

4) 井上聡, バルサルタン錠20mg「サワイ」、バルサルタン錠40mg「サワイ」、バルサルタン錠80mg「サワイ」およびバルサルタン錠160mg「サワイ」の健康成人における生物学的同等性試験,新薬と臨床,3,2014.

5) 堀井素子、須釜淳子、大江真琴、峰松健夫、長瀬敬、薮中幸一、赤瀬智子、仲上豪二朗、伊吹愛、真田弘美,超音波画像診断装置を用いた男性肥満者の真皮および皮下脂肪組織の構造変化の抽出ならびに酸化ストレスとの関連性の検討,日本創傷オストミー失禁管理学会誌17巻1号 23-32.2013



2012

1) Akase T, Nagase T, Huang L, Ibuki A, Minematsu T, Nakagami G, Ohta Y, Shimada T, Aburada M, Sugama J, and H Sanada, Aging-like Skin Changes Induced by Ultraviolet Irradiation in Metabolic Syndrome Model Animals., Biological Research for Nursing, 14(2): 180-187, 2012.

2) 林さとみ, 中村充浩, 平田美和, 高畠有理子, 看護学生に視聴覚教材をオンデマンドで閲覧させる学習環境の評価 第2報 -教育的効果の再現性の検討-., 東京有明医療大学雑誌, 3: 9-17, 2012.

3) Koyama H, Taneda Y, Ishii T, The postbranchial digestive tract of the ascidian, Polyandrocarpa misakiensis (Tunicata: Ascidiacea). 2. Stomach., Zoological Science, 29 (2): 97-110, 2012.

4) Makihara H, Shimada T, Machida E, Oota M, Nagamine R, Tsubata M, Kinoshita K, Takahashi K, Aburada M, Preventive effect of Terminalia bellirica on obesity and metabolic disorders in spontaneously obese type 2 diabetic model mice., Journal of Natural Medicines, 66(3): 459-467, 2012.

5) Asada M, Nakagami G, Minematsu T, Nagase T, Akase T, Huang L, Yoshimura K, Sanada H, Novel biomarkers for the detection of wound infection by wound fluid RT-PCR in rats., Experimental Dermatology, 21(2): 118-122, 2012.

6) Asada M, Nakagami G, Minematsu T, Nagase T, Akase T, Huang L, Yoshimura K, Sanada H, Novel models for bacterial colonization and infection of full-thickness wounds in rats., Wound Repair and Regeneration, 20(4): 601-610, 2012.

7) Ibuki A, Akase T, Nagase T, Minematsu T, Nakagami G, Horii M, Sagara H, Komeda T, Kobayashi M, Shimada T, Aburada M, Yoshimura K, Sugama J, Sanada H, Oxidative stress mediates skin fragility in obese diabetic mice., Experimental Dermatology, 21(3):178-183, 2012.

8) Sugimoto T, Minematsu T, Huang L, Yamamoto Y, Asada M, Nakagami G, Akase T, Nagase T, Oe M, T Mori, H Sanada, Impaired Aquaporin 3 Expression in Re-epithelialization of Cutaneous Wound Healing in Diabetic Rat., Biological Research for Nursing, 2012 Apr 23. [Epub ahead of print]doi:10.1177/1099800412437032

9) Minematsu T, Huang L, Ibuki A, Nakagami G, Akase T, Sugama J, Nagase T, Yoshimura K, Sanada H, Altered expression of matrix metalloproteinases and their tissue inhibitors in matured rat adipocytes in vitro., Biological Research for Nursing, 14(3): 242-249, 2012.

10) Sato T, Saito Y, Inoue S, Shimosato K, Takagi S, Kaneko T, Ishigatsubo Y, Serum Heme-Oxygenase-1 as a Marker of Lung Function Decline in Patient with Chronic Silicosis., Occupational and Environmental Medicine, 54(12): 1461-1466, 2012.



2011

1) Akase T, Shimada T, Harasawa Y, Akase T, Ikeya Y, Nagai E, Iizuka S, Nakagami G, Iizaka S, Sanada H, Aburada M, Preventive Effects of Salacia reticulate on Obesity and Metabolic Disorders in TSOD Mice., Evidence-based Complementary and Alternative Medicine, doi: 10.1093/ecam/nep052. Epub 2011 Jun 23

2) Inoue S, Watanuki Y, Kaneko T, Sato T, Miyazawa N, Kaneko T, Ishigatsubo Y, Morita S, Natsumeda Y, Mizushima S, Heterogeneity of the efficacy of the 23-valent pneumococcal polysaccharide vaccine caused by various underlying conditions of chronic pulmonary disease in elderly patients: Prospective cohort study., BMJ Open, 1(1): e000105, 2011.

3) 林さとみ, Perceived Risk for Cardiovascular Disease among Japanese Adults., ProQuest/UMI, AZ:1-259, 2011.

4) 林さとみ, 伊豆上智子, 北島泰子, 中村充浩, 高橋正子, 看護学生に視聴覚教材をオンデマンドで閲覧させる学習環境の評価., 東京有明医療大学雑誌, 2: 13-201, 2011.

5) Koyama H, The postbranchial digestive tract of the ascidian, Polyandrocarpa misakiensis (Tunicata: Ascidiacea). 1.Oesophagus., Zoological Science, 28 (2): 118-125, 2011.

6) Shimada T, Akase T, Kosugi M, Aburada M, Preventive Effect of Boiogito on Metabolic Disorders in the TSOD Mouse, a Model of Spontaneous Obese Type II Diabetes Mellitus., Evidence-based Complementary and Alternative Medicine, doi: 10.1093/ecam/nep012. Epub 2011 Jun 5.

7) Shimada T, Nagai E, Harasawa Y, Watanabe M, Negishi K, Akase T, Sai Y, Miyamoto K, Aburada M, Salacia reticulate inhibits differentiation of 3T3-L1 adipocytes., Journal of Ethnopharmacology,136(1): 67-74, 2011.

8) 飯坂真司, 峰松健夫, 大場美穂, 赤瀬智子, 真田弘美, 須釜淳子, 肥満者の皮膚生理機能の評価と減量との関連., 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌, 14 (3): 258-65, 2011.

9) Minematsu T, Yamamoto Y, Nagase T, Naito A, Takehara K, Iizaka S, Komagata K, Huang L, Nakagami G, Akase T, Oe M, Yoshimura K, Ishizuka T, Sugama J, Sanada H, Aging enhances maceration-induced ultrastructural alteration of the epidermis and impairment of skin barrier function., Journal of Dermatological Science, 62(3): 160-168, 2011.

10) Nakagami G, Minematsu T, Asada M, Nagase T, Akase T, Huang L, Morohoshi T, Ikeda T, Ohta Y, Sanada H, The Pseudomonas aeruginosa quorum-sensing signal N-(3-oxododecanoyl) homoserine lactone can accelerate cutaneous wound healing through myofibroblast differentiation in rats., FEMS Immunology & Medical Microbiology, 62(2): 157-63, 2011.

11) Sasaki Y, Shimada T, Iizuka S, Suzuki W, Makihara H, Teraoka R, Tsuneyama K, Hokao R, Aburada M, Effects of bezafibrate in nonalcoholic steatohepatitis model mice with monosodium glutamate-induced metabolic syndrome., European Journal of Pharmacology,662,1-8, 2011.

12) Akase T, Nagase T, Huang L, Ibuki A, Minematsu T, Nakagami G, Ohta Y, Shimada T, Aburada M, Sugama J, Sanada H., Aging-Like Skin Changes Induced by Ultraviolet Irradiation in an Animal Model of Metabolic Syndrome.Biological Research for Nnursing Vol.14 No.2 180-187.2011.

13) Minematsu T, Huang L, Ibuki A, Nakagami G, Akase T, Sugama J, Nagase T, Yoshimura K, Sanada H, Altered expression of matrix metalloproteinases and their tissue inhibitors in matured rat adipocytes in vitro.Biological Research for Nnursing Vol.14 No.3 242-249.2011.

14) Ibuki A, Akase T, Nagase T, Minematsu T, Nakagami G, Horii M, Sagara H, Komeda T, Kobayashi M, Shimada T, Aburada M, Yoshimura K, Sugama J, Sanada H,Skin fragility in obese diabetic mice: possible involvement of elevated oxidative stress and upregulation of matrix metalloproteinases.Experimental Dermatology Vol.21 No.3 118-122.2011.



2010

1) Akase T, shimada T, Ikeya Y, Sanada H, Aburada M, Antiobesity effects of Kaempferia parviflora in spontaneously obese type II diabetic mice., Journal of Natural Medicines, 65(1): 73-80, 2011.

2) Inoue S, Watanuki Y, Miyazawa N, Kudo M, Sato T, Kobayashi N, Mishina K, Sasaki M, Kaneko T, Ishigatsubo Y, High Frequency of β-Lactamase-Negative, Ampicillin-Resistant Strains of Haemophilus Influenzae in Patients with Chronic Bronchitis in Japan., Journal of Infection and Chemotherapy, 16: 72-75, 2010.

3) 林さとみ, Risk perception (リスク認識) の概念精査 Risk perceptionの概念開発に向けて., 看護研究, 43(2): 109-122, 2010.

4) Ueda K, Akase T, Nakagami G, Nagase T, Minematsu T, Sagara H, Ohta Y and Sanada H, A possible animal model for critical colonization., Journal of Wound Care, 19(7): 285-290, 2010.

5) Shimada T, Nagai E, Harasawa Y, Akase T, Aburada T, Iizuka S, Miyamoto K, Aburada M, Metabolic disease prevention and suppression of fat accumulation by Salacia reticulata., Journal of Natural Medisine, 64(3): 266-74, 2010.

6) Minematsu T, Nakagami G, Sari Y, Akase T, Sugama J, Nagase T, Sanada H, Candidate Biomarkers for Deep Damage from Molecular Biological and Biochemical Aspects., Journal of Tissue Viability,19(2): 77-83, 2010.

7) Sari Y, Nagase T, Minematsu T, Akase T, Nakagami G, Sanada H, Sugama J, Hypoxia is involved in deep tissue injury formation in a rat model., WOUNDS, 22(2): 45-51, 2010.

8) 藤川潤子, 仲上豪二朗, 赤瀬智子, 須釜淳子, 松尾淳子, 田端恵子, 真田弘美, 新しい高齢者用ダイナミッククッションにおける圧分散の評価., 日本褥瘡学会雑誌, 12(1): 28-35, 2010.

9) 星美和子, 林さとみ, 金井Pak雅子, 看護知識の構造における中範囲理論の位置づけ., 看護研究, 43(2): 99-104, 2010.



2009

1) Inoue S, Inayama Y, Goto H, Ishigatsubo Y, Rapid enlargement of mediastinal nonseminoma due to hemorrhagic necrosis induced by chemotherapy: CT findings., European Journal of Radiology Extra, 71(1): e15-e17, 2009.

2) 小山洋道, 成体ホヤの中枢神経系., 海洋と生物, 31(5): 570-576, 2009.

3) 塚越みどり, 自律神経調節とTRPチャネルファミリー 痛み、飲水、カルシウム吸収から血圧調節に至る多彩な関与 ラット骨格筋および皮膚に分布するTRPV1受容体の神経学的検討., 自律神経, 46(3): 205-207, 2009.

4) Kato S, Inoue S, Inamori M, Miyazawa N, Sato T, Kobayashi N, Mishina K, Sasaki M, Ishigatsubo Y, Nakajima A, Esophagomediastinal and esophagealbronchial fistulas associated with invasive aspergillosis., Endoscopy, 41: E1-E2, 2009

5) Kudo M, Matsuo Y, Nakasendo A, Inoue S, Goto H, Tsukiji J, Watanuki Y, Ueda A, Kaneko T, Ishigatsubo Y, Potential clinical benefit of the in situ hybridization method for the diagnosis of sepsis., J Infect Chemother , 15: 23-26, 2009.

6) 山下雅子, 金井Pak雅子, 林さとみ, 前田樹海, 梶原祥子, 島田将夫, 林洋, 北島泰子, 平田美和, 山本かほる, 高橋雪子, 金井一薫, 看護学生の自覚的精神身体状況把握の試み —ベースラインとしての入学時の様相—., 東京有明医療大学雑誌, 1: 99-104, 2009.



2008

1) Akase T, Hihara E, Uematsu K, Kodaka M, Akase T and Tashiro S, Single center survey of the relationship between pregnancy anemia and prepregnancy., YAKUGAKU ZASSHI, 128(7): 1081-1086, 2008.

2) 赤瀬智子,小林敏生, 妊娠時鉄欠乏性貧血における適切な食事指導に関する基礎的検討—鉄補充のためのレバー過剰摂取の問題点—., 日本看護研究学会雑誌, 31(2): 17-24, 2008.

3) 赤瀬智子, 嶋田努, 原沢友紀子, 赤瀬朋秀, 池谷幸信, 田代眞一, 油田正樹, メタボリックシンドロームに対するコタラヒムブツ(Salacia reticulata)の予防効果., 薬理と治療, 36(1): 39-48, 2008.

4) Shimada T, Kudo T, Akase T, Aburada M, Preventive effects of Bofutsushosan on various disease states associated with metabolic syndrome., Biological Pharmaceutical Bull.etin Biol Pharm Bull., 31(7): 1362-1367, 2008.

5) 嶋田努, 丸山博文, 赤瀬智子, 栗原久, 丸山悠司, 油田正樹, 田七人参成分のサイトカイン(IL-1β)分泌抑制作用., 薬理と治療, 36(3): 191-198, 2008.

6) 栗原久, 丸山悠司, 赤瀬智子, 嶋田努, 油田正樹, 田七人参薬理活性物質の探索—薄層および高速液体クロマトグラフィーによる田七人参と人参成分の比較検討—., 日米高齢者保健福祉学会誌, 3: 145-155, 2008.

総説、研究報告など

2016
1) 赤瀬智子 知るとおもしろい!薬理学の世界. Clinical Study12月号, 第37巻第14号, 65~73, 2016.

2) 編)真田弘美, 正木治江 著)赤瀬智子他多数 老年看護学技術 改訂第2版. 404-414「薬物療法を受ける高齢者の看護」, 南江堂.
 
3) 伊吹愛, 藤本千尋, 松本裕, 堀川和政, 赤瀬智子 更年期女性のホットフラッシュに対するクラリセージ精油の経皮吸収効果の検討. 一般財団法人横浜総合医学振興財団 研究等報告書抄録集, 21, 2016.

4) 松本裕, 赤瀬智子, 伊吹愛, 堀川和政 アトピー性皮膚炎患者への軟膏処置についての実態調査, 一般財団法人横浜総合医学振興財団 研究等報告書抄録集, 23, 2016.

5) 堀川和政 出願特許「食品の摂取方法」 特開2016-132641 (P2016-132641A)  公開日:2016/07/25

6) 落合亮太, 松本裕, 大河内彩子, 宮内清子, 塚越みどり, 片山典子, 中村幸代, 渡邉知子, 佐藤朝美, 叶谷由佳, 渡部節子 看護大学1年生を対象とした看護英語教育プログラムに関する実践報告,横浜看護学雑誌, 第10巻第1号, 19~24,2017

7) 松本裕, 日下真咲代, 大久保みづき, 藤本千尋, 堀川和政, 伊吹愛, 赤瀬智子 クラリセージオイルの経皮吸収に対する検討-更年期症状に対する看護ケアの確立に向けて- 日本未病システム学会雑誌.第22巻第2号,72~76,2016


2015
1) 赤瀬智子他多数, 介護支援専門員基本テキスト七訂, 編)介護支援専門員テキスト編集委員会, 2 介護保険サービス, 第1編第6章第1節~5節122-134, 第9節~第12節143-158, 第2編第4章300-302, 一般財団法人 長寿社会開発センター(東京), 2015

2) 編)古川裕之, 赤瀬智子, 林正健二, 大西弘高, 著)赤瀬智子他6名, 臨床薬理学, 3章68-88, 7章158-182, 8章184-204, 9章9節237, 資料8 260-263, メディカ出版(大阪), 2016


2014

1) Zingani E, Inoue S, Muungo LTM: The current status of infrastructure for monitoring the efficacy of antimalarial therapeutics in Zambia. MalariaWorld Journal 5(9) September 2014

2) Ibuki A, Inoue S, Matsumoto Y, Horie Y, Akase T: Evaluation of Epidermal barrier function in the Skin of Japanese Obese Women: a Pilot Study. Yokohama Journal of Nursing (in press).

3) Inoue S, Zingani E, Ibuki A, Akase T:A fieldwork program in the Republic of Zambia - health seminar by nursing students, Yokohama Journal of Nursing 2015 (in press)

4) 松本裕, 那須史明, 片野由美, 石幡明: ポリフェノールの心血管保護作用とフレンチパラドックス, 基礎科学をもとにしたCo-Medical研究会雑誌 Vol.2(1), 11-17, 2014

5) 服部紀子, 中村博文, 林さとみ, 金嶋祐加, 塚越みどり, 廣瀬幸美, 渡部節子, 叶谷由佳: 看護学士課程2年次生の自己教育力と看護実践能力との関連, 横浜看護学雑誌.8巻:1-10, 2015

6) 井上聡他, 2014年度必修問題トレーニングテスト, メディカ出版

7) 井上聡他, 2015年受験者対象看護師国家試験対策テスト第1回, メディカ出版

8) 井上聡他, 2015年受験者対象看護師国家試験対策テスト第2回, メディカ出版

9) 井上聡他, 2015年受験者対象看護師国家試験対策テスト第3回, メディカ出版

10) 井上聡他, 2016年受験者対象看護師国家試験対策テスト第1回, メディカ出版


2013
1) 赤瀬智子(分担執筆), ナーシング・グラフィカI『疾病の成り立ち:臨床薬理学』第3版, メディカ出版, 2013.

2) 井上聡(分担執筆), メディカコンクール 2013年度科目別実力テスト 人体の構造と機能 解剖生理学 解答・解説 編集協力者:高等学校用 人体と看護 人体の構造と機能編 文部科学省著作教科書, 教育出版,2013

3) 林さとみ: II-9-[3]留学や海外で働く,星直子(編),看護職をめざす人の仕事ガイド,初版,桐書房,東京:91-93,2014.

4) 塚越みどり(分担執筆), 香春知永・斉藤やよい編集, 基礎看護技術.改訂第2版,南江堂,東京:呼吸・循環調節章執筆(頁未確定) 2014.3

5) 井上聡, 2014年度版 科目別実力テスト「疾病の成り立ちと回復の促進 病態生理学」「人体の構造と機能 解剖生理学」,メディカ出版


2012
1) 林さとみ, 勝山貴美子, Potential Nursing Interventions for Treatment Delay among Patients with Acute Myocardial Infarction in Japan., 横浜看護学雑誌, 5(1): 9-14, 2012.


2011
1) 赤瀬智子(分担執筆), ジーサプリイメージできる臨床薬理学第2版,メディカ出版, 2011.

2) 赤瀬智子(分担執筆), 老年看護学技術, 南江堂, 392-396, 2011.


2010
1) 長瀬敬, 赤瀬智子, 真田弘美, 臨床講座 褥瘡の基礎と予防・ケア., Pharma Tribune, 2(5): 19-29, 2010.

2) 林さとみ, The Perception of Risk of Heart Disease Scale日本語版の作成., 東京有明医療大学雑誌, 2: 21-23, 2010.

3) 赤瀬智子(分担執筆), 看護学大辞典第2版, 医学書院, 2010.


2009
1) 仲上豪二朗, 峰松健夫, 赤瀬智子, 真田弘美, これからの皮膚排泄ケア、創傷領域のトピックス、クリティカルコロナイゼーション., ナーシングトウディ, 24(14): 39-42, 2009.

2) 塚越みどり(分担執筆), 基礎看護技術第1版 呼吸・体温調節章執筆, 南江堂, 2009.


2008
1) 赤瀬智子, 田代眞一, 妊娠時鉄欠乏性貧血における適切な食事指導に関する検討., ペリネイタルケア, 27(2): 210-216, 2008.

2) 赤瀬智子, ホンとの出会い., NURSING BUSINESS, 2(1), 83, 2008.

3) 林さとみ, アリゾナ大学College of Nursingと博士課程オンライン教育の概要., 看護研究, 41(4): 263-269, 2008.

4) 林さとみ, アリゾナ大学大学院博士課程におけるオンライン教育のプロセス., 看護研究, 41(4): 279-291, 2008.

5) 金井Pak雅子, 林さとみ, オンライン教育がもたらすものと日本の大学院教育における可能性., 看護研究, 41(4): 307-318, 2008.


2007
1) 赤瀬智子(分担執筆), 薬まるくん, メディカ出版, 2007.

学会発表

2017
1) 槇原弘子, 大山亜希子, 堀井麻里子, 木田真胤, 赤瀬智子, 肥満者における皮膚神経線維の形態変化とそのメカニズム解析, 第38回日本肥満学会, 大阪, 2017, 10

2) 前澤美香, 槇原弘子, 伊吹愛, 赤瀬智子, 肥満者に対する最適な経皮的与薬方法の検討-皮膚内シトクロムP450発現変動の検証-, 第5回看護理工学会学術集会, 金沢, 2017, 10

3) 大山亜希子, 堀井麻里子, 槇原弘子, 伊吹愛, 赤瀬智子, 肥満に対する疼痛看護ケア方法の開発①-肥満モデルマウスを用いた皮膚神経線維の基礎的検討-, 第5回看護理工学会学術集会, 金沢, 2017, 10

4) 堀井麻里子, 大山亜希子, 槇原弘子, 伊吹愛, 赤瀬智子, 肥満に対する疼痛看護ケア方法の開発②-ヒト検体を用いた基礎的検討-, 第5回看護理工学会学術集会, 金沢, 2017, 10

5) 伊吹愛, 豊崎由紀子, 相羽美咲, 槇原弘子, 柴田恵理子, 寺内康夫, 赤瀬智子, 肥満糖尿病者の皮膚生理機能の評価と皮下脂肪蓄積の影響, 第24回日本未病システム学会学術総会, 神奈川, 2017, 11

6) 赤瀬智子, 伊吹愛, 槇原弘子, 便秘治療に対する酸化マグネシウム服用の実態調査, 第27回日本健康医学会総会, 神奈川, 2017, 11

7) 坂元一早, 前澤美佳, 槇原弘子, 伊吹愛, 赤瀬智子, 肥満者における薬物代謝酵素の発現変動-肥満を考慮した経皮的薬物投与を考える-, 第27回日本健康医学会総会, 神奈川, 2017,11


2016
1) 伊吹愛, 堀川和政, 前澤美佳, 松本裕, 赤瀬智子:肥満による創傷治癒遅延への影響‐皮下脂肪組織の低酸素に着目して‐, 第25回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会, 石川, 2016, 6

2)  松本裕, 伊吹愛, 赤瀬智子: アトピー性皮膚炎患者に対する軟膏指導とセルフケアの実態, 第25回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会, 石川, 2016, 6

3) 堀江良子, 堀川和政, 伊吹愛, 松本裕, 赤瀬智子: BMIと皮膚脂質量との関連, 第37回日本肥満学会, 東京, 2016, 10

4) 伊吹愛, 堀江良子, 松本裕, 堀川和政, 勇史行, 寺内康夫, 赤瀬智子: 肥満糖尿病による皮膚の加齢性変化に関する実態調査, 第37回日本肥満学会, 東京, 2016, 10

5) 伊吹愛, 前澤美香, 松本裕, 赤瀬智子: 肥満および老化マウスにおける皮膚組織の構造比較, 第4回看護理工学会学術集会, 岩手, 2016, 10

6) 赤瀬智子, 松本裕, 狩野美華, 益田ゆず香, 杉山紹美, 杉村篤士, 藤波富美子, 伊吹愛, 廣瀬幸美: アトピー性皮膚炎患者の外用アドヒアランスに及ぼす背景因子-ステロイド外用薬の塗布量に着目して-, 第23回日本未病システム学会学術総会, 福岡, 2016, 11

7) 松本裕, 狩野美華, 益田ゆず香, 杉山紹美, 杉村篤士, 藤波富美子, 伊吹愛, 廣瀬幸美, 赤瀬智子: アトピー性皮膚炎患者の外用アドヒアランスに及ぼす背景因子-ステロイド外用薬の塗布回数に着目して-, 第23回日本未病システム学会学術総会, 福岡, 2016, 11

8) 堀川和政, 大久保みづき, 松本裕, 赤瀬智子: スクラレオールによる脂質代謝の促進と血中コレステロールの低下作用, 第23回日本未病システム学会学術総会, 福岡, 2016, 11

9) 堀川和政, 後藤千鶴, 小此木辰輝, 松本裕, 赤瀬智子: 軽度肥満者における皮膚理モデリング関連遺伝子の発現動態, 第46回日本創傷治癒学会, 東京, 2016, 12

10) 槇原弘子, 日高萌子, 坂井佑衣, 堀江良子, 五嶋良朗, 赤瀬智子: 肥満2型糖尿病モデルマウスを用いた肥満に伴う真皮弾性線維の減少とそのメカニズム解析, 第31回日本糖尿病・肥満動物学会, 神奈川, 2017, 2

11) 赤瀬智子, 伊吹愛, 前澤美佳, 堀江良子, 槇原弘子: 肥満モデルマウスとヒトにおける皮膚組織の構造比較, 第31回日本糖尿病・肥満動物学会, 神奈川, 2017, 2



2015
1) Ibuki A, Horie Y, Horikawa K, Matsumoto Y, Akase T, HOW OBESITY IMPAIRS HUMAN SKIN FUNCTIONS?, The 6th International Academic Consortium for Sustainable Cities Symposium, Yokohama, 2015.9

2) 松本裕, 堀川和政, 藤本千尋, 大久保みづき, 日下真咲代, 伊吹愛, 赤瀬智子, クラリセージオイルの経皮吸収に対する検討 -更年期症状に対する看護ケアの確立に向けて-, 第22回日本未病システム学会, 北海道, 2015.10

3) 堀江良子, 伊吹愛, 赤瀬智子, 肥満による表皮の組織学的変化, 第24回創傷・オストミー失禁管理学会, 2015.5

4) 日高萌子, 堀川和政, 伊吹愛, 松本裕, 槇原弘子, 袴田仁人, 赤瀬智子, 肥満マウスの紫外線照射による炎症性皮膚障害に対するKaempferia Parvifloraの有効成分の検討, 第3回看護理工学会, 2015.10

5) 堀江良子, 堀川和政, 伊吹愛, 松本裕, 赤瀬智子, 肥満者における皮膚バリア機能に関連する因子の評価, 第36回日本肥満学会, 2015.10

6) Nakao R, Yamamoto S, Horikawa K, Yasumoto Y, Nikawa T, Mukai C, Oishi K, ABERRANT EXPRESSION OF CIRCADIAN CLOCK GENES IN DENERVATED MOUSE SKELETAL MUSCLE, XIV European Biological Rhythms Society (EBRS) and IV World Congress of Chronobiology (WCC), 2015.8

7) 橋本千秋, 堀川和政, 菊池洋介, 沖田公子, 福留真一, 和田直之, 大石勝隆, 小麦アルキルレゾルシノールの抗肥満効果, 第2回時間栄養科学研究会(共催:第10回ニュート リズム検討会)時間栄養学の橋渡し研究, 東京, 2015.9

8) 橋本千秋, 堀川和政, 菊池洋介, 沖田公子, 福留真一, 和田直之, 大石勝隆, 小麦アルキルレゾルシノールはコレステロールの排出を促進し肥満を抑制する, BMB2015(第38回日本分子生物学会年会, 第88回日本生化学会大会 合同大会), 神戸, 2015

9) 橋本千秋, 堀川和政, 菊池洋介, 牧田美希, 沖田公子, 福留真一, 和田直之, 大石勝隆, 小麦アルキルレゾルシノールはコレステロールの排出を促進し肥満を抑制する Wheat alkylresorcinols suppress diet-induced obesity by increasing cholesterol excretion in mice, LS-BT合同研究発表会, つくば, 2016, 2



2014
1) 赤瀬智子, 伊吹愛, 松本裕, 井上聡 :肥満マウスの炎症性皮膚障害に対する生姜成分の抗炎症・抗酸化作用の検討, 第2回看護理工学学会, 大阪, 2014.10.4-5.

2) 伊吹愛, 赤瀬智子 , 井上聡, 堀江良子: 肥満女性の皮膚組織における経度炎症とヒスタミンの評価, 第2回看護理工学学会, 大阪, 2014.10.4-5.

3) 赤瀬智子, 伊吹愛, 堀江良子, 松本裕, 槇原弘子, 井上聡: 肥満によるヒト皮膚組織の変化, 宮崎, 2014.10

4) Matsumoto Y, Nishihara A, Saito K, Fuse J: Potential Risks of the Torches for Nocturnal Rounds, The 19th annual International Forum on Quality and Safety, Paris(France), April 8th-11th, 2014

5) 伊吹愛, 峰松健夫, 吉田美香子, 飯坂真司, 野口博史, 松本勝, 森武俊, 須釜淳子, 真田弘美: 肥満皮膚における皮膚の機械的脆弱性に対する遺伝子多型の関与-真皮コラーゲン密度とHeme oxygenase-1遺伝子GT反復配列の解析-, 第23回創傷・オストミー・失禁管理学会, 大宮, 2014.5

6) 赤瀬智子, 伊吹愛, 槇原弘子, 松本裕, 井上聡: 肥満による炎症性皮膚障害に対する生姜成分の抗炎症・抗酸化効果, 第21回日本未病システム学会, 大阪, 2014.11

7) 吉良いずみ, 塚越みどり, 加藤木真史他:便秘症状緩和のための温罨法Q and A, 日本看護技術学会, 京都, 2014.9

8) 塚越みどり,服部紀子, 中村博文, 林さとみ, 金嶋祐加, 廣瀬幸美, 渡部節子・叶谷由佳,看護学士課程1年次生の自己教育力と看護実践能力の現状,日本看護研究学会第19回東海地方会学術集会, 浜松, 2015, 2

9) 服部紀子, 中村博文, 林さとみ, 金嶋祐加, 塚越みどり, 廣瀬幸美, 渡部節子,叶谷由佳: 看護学士課程2年次生の自己教育力と看護実践能力との関連, 日本看護研究学会第19回東海地方会学術集会, 浜松, 2015.2



2013
1) 塚越みどり, 背部温罨法における指尖、足趾血流量の検討., 第17回日本看護研究学会東海地方学術集会, 相模原, 2013.3

2) Akase T, Ibuki A, Sanada H, Makihara H,Inoue S, Aging-like skin changes occurred through mineralocorticoid receptor signling pathway in a mouse model for metabolic syndrome. Asia-Pacific Diabetes and Obesity Study Group Symposium, Tokyo 2013.11.12.

3) 赤瀬智子,伊吹愛,真田弘美,Metabolic syndrome モデルマウスの加齢性皮膚変化に対するミネラルコルチコイド受容体の関与, 第34回日本肥満学会,東京,2013.10.11.

4) 槇原弘子, 古田明子, 大橋健一, 井上聡, 堀江良子, 大門伶子, 鈴木亘, 鈴木祥太, 下島千明, 赤瀬智子, 食餌減量による肥満皮膚障害に対する予防効果の検討,第20回日本未病システム学会学術総会, 東京,2013.11.09.

5) 赤瀬智子, 竹内星爾, 槇原弘子, 井上聡, 肥満における皮膚障害に対するKP(Kaempferia parviflora)の予防効果の検討, 第20回日本未病システム学会学術総会,東京, 2013.11.10.

6) 槇原弘子, 日高萌子, 坂井佑衣, 堀江 良子, 井上 聡, 大橋 健一, 赤瀬 智子, 肥満皮膚障害の病態メカニズム解析—肥満モデルマウスを使用した皮膚の組織学的検討, 日本薬学会第134回年会, 熊本, 2014.3.30.

7) 赤瀬智子, 北山彩夏, 槇原弘子, 井上聡, 胃内PH条件に対する酸化マグネシウム剤投与法の検討,日本薬学会第134回年会, 熊本, 2014.3.29.

8) 塚越みどり,船越健悟,菱沼典子:背部温罨法における足趾皮膚温・皮膚血流量の検討,浜松,第11回日本看護技術学会学術集会,2013.9

9) 塚越みどり:背部温罨法による筋硬度の変化,第18回日本看護研究学会東海地方学術集会,名古屋,2014.3

10) 中村博文,服部紀子,渡部節子,塚越みどり,臺由佳,林さとみ,金嶋祐加,井上聡,廣瀬幸美,叶谷由佳:看護学士課程4年生における看護実践能力到達度の状況,第18回日本看護研究学会東海地方学術集会,名古屋,2014.3

11) 林さとみ:循環器疾患リスクに向けた行動を支援する看護;患者の視点から,第10回日本循環器看護学会学術集会,船堀,2013.9

12) Inoue S :Education program for Japanese nursing students to learn about healthcare support in developing countries,. International Academic Consortium for Sustainable Cities University of Philippine Manila, 2013. 9



2012
1) 堀井素子, 須釜淳子, 大江真琴, 峰松健夫, 長瀬敬, 赤瀬智子, 仲上豪二朗, 伊吹愛, 真田弘美, 超音波画像による肥満者の真皮と皮下脂肪組織の構造変化の抽出ならびに酸化ストレスとの関連性の検討., 第21回日本創傷・オストミー・失禁管理学会, 神戸, 2012.5.

2) Akase T, Nagase T, Ibuki A, Huang L, Horii M, Sugama J, Sanada H, Latent inflammation and oxidative stress in the skin of metabolic syndrome mice., 4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Yokohama, 2012.9.

3) Ibuki A, Akase T, Nagase T, Minematsu T, Nakagami G, Horii M, Sugama J, Sanada H, Oxidative stress mediates skin fragility in metabolic syndrome mice., 4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Yokohama, 2012.9.

4) Horii M, Sugama J, Minematsu T, Oe M, Nagase T, Yabunaka K, Akase T, Ibuki A, Miyanaga A, Sanada H, Ultrasonography reveals structural changes associated with increased oxidative stress in dermis of obese patients., 4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Yokohama, 2012.9.

5) Tamai N, Yamamoto Y, Akase T, Minematsu T, Higashi K, Igarashi K, Nakamuura S, Oe M, Nagase T, Sanada H, Moisture-associated dermatitis and components of wound fruid in breast cancer patients with malignant wounds., 22nd Conference of the European Wound Management Association, Denmark, 2012.5.

6) 赤瀬智子, 長瀬敬, 伊吹愛, 須釜淳子, 真田弘美, 経時的紫外線照射によるmetabolic syndrome(MS)モデルマウスの皮膚変化., 日本肥満学会, 京都, 2012.10.

7) 井上聡, Healthcare Infrastructure for Malaria Treatment in Zambia., 第3回国際アカデミックコンソーシアム(IACSC), タイ, 2012.9.

8) 塚越みどり, 背部温罨法における上肢皮膚温、指尖皮膚血流の検討., 第11回日本看護技術学会学術州会, 福岡, 2012.9.

9) 塚越みどり, 看護学生の全身骨格スケッチと呼吸系フィジカルアセスメントに必要とされる指標の理解., 第117回日本解剖学会学術集会, 山梨, 2012.3.

10) 塚越みどり, 安静仰臥位における上肢皮膚温・指尖皮膚血流量の検討., 第16回日本看護研究学会東海地方学術集会, 浜松, 2012.2.

11) 槇原弘子, 太田雅富, 嶋田努, 永峰里花, 鍔田仁人, 木下薫, 高橋邦夫, 油田正樹, Terminalia belliricaの活性成分gallic acidにおける脂肪細胞分化誘導作用に関する研究., 第29回和漢医薬学会学術大会, 東京, 2012.9.

12) 太田雅富, 木下 薫, 高橋邦夫, 槇原弘子, 油田正樹, 嶋田 努, 町田恵理子, 斉藤三知代, 永峰里花, 鍔田仁人, Terminalia belliricaからのα-glucosidase阻害活性化合物の探索, 日本生薬学会第59回年会, 千葉, 2012.9.



2011
1) 上豪二朗, 赤瀬智子, 長瀬敬, 大江真琴, 森武俊, 須釜淳子, 真田弘美, Establishment of Novel Model for Deterioration of Deep Tissue Injury in Rat., 第20回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会, 金沢, 2011.5.

2) 浅田真弓, 仲上豪二朗, 峰松健夫, 長瀬敬, 黄麗娟, 赤瀬智子, 真田弘美, 滲出液RT-PCR法を用いた創傷感染における宿主免疫状態の検討., 第20回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会, 金沢, 2011.5.

3) 峰松健夫, 山本裕子, 黄麗娟, 仲上豪二朗, 赤瀬智子, 長瀬敬, 大江真琴, 森武俊, 須釜淳子, 真田弘美, スキン・ブロッティング~皮膚内部の非侵襲的アセスメントツール., 第20回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会, 金沢, 2011.5.

4) 山本裕子, 峰松健夫, 仲上豪二朗, 赤瀬智子, 大江真琴, 長瀬敬, 森武俊, 須釜淳子, 真田弘美, 浸軟皮膚における新しいバリア機能評価法:ドットブロット法によるセラミドの測定., 第20回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会, 金沢, 2011.5.

5) 黄麗娟, 峰松健夫, 杉本隆, 仲上豪二朗, 長瀬敬, 赤瀬智子, 大江真琴, 森武俊, 須釜淳子, 真田弘美, 糖尿病ラット皮膚欠損創の治癒過程における上皮化の遅延と形態異常., 第20回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会, 金沢, 2011.5.

6) 杉本隆, 峰松健夫, 黄麗娟, 仲上豪二朗, 長瀬敬, 赤瀬智子, 大江真琴, 森武俊, 須釜淳子, 真田弘美, 糖尿病モデルラット皮膚全層欠損創の治癒過程における上皮化遅延とAquaporin3発現異常., 第20回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会, 金沢, 2011.5.

7) 赤瀬智子, 長瀬敬, 伊吹愛, 峰松健夫, 仲上豪二朗, 黄麗娟, 浅田真弓, 堀井素子, 須釜淳子, 真田弘美, 肥満糖尿病マウス皮膚における潜在的炎症状態と酸化ストレスの関与., 第20回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会, 金沢, 2011.5.

8) 伊吹愛, 赤瀬智子, 長瀬敬, 峰松健夫, 仲上豪二朗, 堀井素子, 大江真琴, 森武俊, 須釜淳子, 真田弘美, 肥満糖尿病マウスの皮膚の脆弱性における酸化ストレスの関与., 第20回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会, 金沢, 2011.5.

9) Asada M, Nakagami G, Minematsu T, Nagase T, Akase T, Huang L, Sanada H, Novel biomakers for the detection of wound infection by wound fluid RT-PCR in rats., 21st Conference of the European Wound Management Association, Belgium, 2011.5.

10) Tamai N, Akase T, Horii M, Takehara K, Okajima S, Minematsu T, Nakagami G, Sanada H, Analysis of organic acids in the wound exudate from malignant fungating wounds related to breast cancer., 21st Conference of the European Wound Management Association, Belgium, 2011.5.

11) Sari Y, Minematsu T, Nakagami G, Akase T, Nagase T, Oe M, Mori T, Sugama J, Sanada H, Activation of MMP-2 and MMP-9 during deterioration of deep tissue injury., 第13回日本褥瘡学会学術集会, 福岡, 2011.8.

12) Sari Y, Minematsu T, Nakagami G, Akase T, Nagase T, Oe M, Mori T, Sugama J, Sanada H, Vibration attenuates the deterioration of deep tissue injury., 第13回日本褥瘡学会学術集会, 福岡, 2011.8.

13) 井上聡, Clinical Trials in Japanese University Hospital., Partnerships in Clinical Trials in Asia, China, 2011.10.

14) 小山洋道, 群体ホヤSymplegma virideの脳神経節の微細構造., 第82回日本動物学会大会, 旭川, 2011.9. 

15) 槇原弘子, 太田雅富, 嶋田努, 永峰里花, 鍔田仁人, 木下薫, 高橋邦夫, 油田正樹, Teminalia belliricaの脂肪細胞分化誘導作用とその活性成分の探索., 日本生薬学会第58回年会, 東京, 2011.9.



2010
1) 駒形和典, 峰松健夫, 長瀬敬, 黄麗娟, 仲上豪二朗, 赤瀬智子, 須釜淳子, 真田弘美, ヒト浸軟皮膚の組織学的解析と浸軟モデルラットの作製., 日本創傷・オストミー・失禁管理学会, 東京, 2010.5.

2) 飯坂真司, 仲上豪二朗, 浅田真弓, 大江真琴, 赤瀬智子, 松尾淳子, 須釜淳子, 真田弘美, 療養型病院入院中の高齢者に対する栄養スクリーニング指標の相互関連., 第52回日本老年医学会, 神戸, 2010.6.

3) 峰松健夫, 伊吹愛, 黄麗娟, 仲上豪二朗, 赤瀬智子, 長瀬敬, 須釜淳子, 真田弘美, 培養脂肪細胞の成熟過程におけるMMP-8の発現および活性の動態., 第12回日本褥瘡学会学術集会, 千葉, 2010.8.

4) 浅田真弓, 真田弘美,仲上豪二朗, 飯坂真司, 峰松健夫, 黄麗娟, 赤瀬智子, 長瀬敬, 浸出液グルコース濃度で褥瘡感染を同定できるか., 第12回日本褥瘡学会学術集会, 千葉, 2010.8.

5) 赤瀬智子, 長瀬敬, 峰松健夫, 仲上豪二朗, 飯坂真司, 須釜淳子, 真田弘美, メタボリックシンドロームモデルマウスにおける皮膚障害と紫外線感受性., 第31回日本肥満学会, 前橋, 2010.10.

6) 飯坂真司, 須釜淳子, 大場美穂, 峰松健夫, 赤瀬智子, 真田弘美, 肥満者の皮膚状態の評価と減量との関連.,第31回日本肥満学会, 前橋, 2010.10.

7) 峰松健夫, 黄麗娟, 仲上豪二朗, 赤瀬智子, 大江真琴, 長瀬敬, 須釜淳子, 真田弘美, 糖尿病ラットの皮膚創傷治癒過程における新生上皮の形態学的異常とAcylhomoseline lactoneによる改善., 第40回日本創傷治癒学会, 東京, 2010.12

8) 仲上豪二朗, 峰松健夫, 浅田真弓, 長瀬敬, 黄麗娟, 赤瀬智子, 真田弘美, 緑膿菌クオラムセンシングシグナルによるMMP発現制御機構の解明., 第40回日本創傷治癒学会, 東京, 2010.12

9) 浅田真弓, 仲上豪二朗, 峰松健夫, 黄麗娟, 赤瀬智子, 長瀬敬, 真田弘美, 滲出液RT-PCR法による創感染バイオ-マーカーの探索., 第40回日本創傷治癒学会, 東京, 2010.12.

10) 小山洋道, 群体ホヤSymplegma virideの神経複合体., 第81回日本動物学会大会, 東京, 2010.9.

11) 塚越みどり, 健常者への背部温罨法がもたらす上肢皮膚温の推移., 第14回日本看護研究学会東海地方学術集会, 静岡, 2010.3.

12) 槙原弘子, 嶋田努, 永峰里花, 鍔田仁人, 油田正樹, Terminalia belliricaのメタボリックシンドローム諸症状に対する効果の検討., 日本薬学会第130年会, 岡山, 2010.3.

13) 槙原弘子, 町田恵理子, 嶋田努, 永峰里花, 鍔田仁人, 油田正樹, メタボリックシンドローム諸症状に対するTerminalia belliricaの効果及び作用機序の検討., 第14回日本地域薬局薬学会年会, 東京, 2010.8.

14) 槇原弘子, 町田恵理子, 嶋田努, 永峰里花, 鍔田仁人, 油田正樹, Terminalia belliricaの脂質吸収抑制によるメタボリックシンドローム予防効果., 日本生薬学会第57回年会, 徳島, 2010.9.



2009
1) 原沢友紀子, 嶋田努, 赤瀬智子, 永井栄一, 宮本謙一, 油田正樹, Salacia reticulata による脂肪蓄積抑制効果の作用メカニズムの解明., 日本薬学会129年会, 京都, 2009.3.

2) 峰松健夫, SariYunita, 黄麗娟, 仲上豪二朗, 赤瀬智子, 長瀬敬, 須釜淳子, 真田弘美, 褥瘡モデル動物における深部筋組織の損傷と低酸素マーカーHIF-1αの局在—DTIの病態解明をめざして., 第11回日本褥瘡学会学術集会, 大阪, 2009.9.

3) 赤瀬智子, 上田皓平, 峰松健夫, 仲上豪二朗, 黄麗娟, SariYunita, 長瀬敬, 須釜淳子, 真田弘美, 創傷におけるクリティカルコロナイゼーション動物モデルの作成., 第11回日本褥瘡学会学術集会, 大阪, 2009.9.

4) 赤瀬智子, 上田皓平, 峰松健夫, 仲上豪二朗, 黄麗娟, SariYunita, 長瀬敬, 須釜淳子, 真田弘美, A novel animal model of critical colonization in the skin wounds., The 1st International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science, 神戸, 2009.9.

5) 飯坂真司, 須釜淳子, 大場美穂, 赤瀬智子, 真田弘美, 痩身プログラム参加肥満者のボディイメージと体重減少/脱落の相互関連., 第29回日本看護科学学会学術集会, 千葉, 2009.11.

6) 峰松健夫, 伊吹愛, 赤瀬智子, 仲上豪二朗, 黄麗娟, 長瀬敬, 須釜淳子, 真田弘美, メタボリックシンドロームにおける皮膚の形態学的特徴と皮下脂肪細胞のMMPsおよびTIMPsの発現異常., 第39回日本創傷治癒学会学術集会, 東京, 2009.12.

7) 仲上豪二朗, 峰松健夫, 浅田真弓, 黄麗娟, 赤瀬智子, 長瀬敬, 真田弘美, 緑膿菌クオラムセンシングシグナルによる創傷部における炎症の誘導., 第39回日本創傷治癒学会学術集会, 東京, 2009.12.

8) 林さとみ, 日本人成人が認識する循環器疾患の危険因子., 第29回日本看護科学学会学術集会, 千葉, 2009.11.

9) 小山洋道, 群体ホヤ、Clavelina cyclusの神経複合体., 第81回日本動物学会大会, 東京, 2009.9.

研究助成金

赤瀬智子
1) ポーラ化成工業株式会社 奨学寄附金, 肥満皮膚に関する研究.,2013.(研究代表者)
2) 文部科学省科学研究費 基盤研究(C), 肥満皮膚障害における薬理学的アプローチからの適正な与薬方法の確立., 2012-2016.(研究代表者)
3) 文部科学省科学研究費 基盤研究(C), 振動刺激による血管新生の基礎的・臨床的検討—心地よい振動がなぜ創傷を治すのか?, 2011-2013.(研究分担者)
4) TSOD(肥満・糖尿病)マウス研究会助成金, メタボリックシンドローム(MS)モデルマウスにおける加齢性皮膚変化., 2011.(研究代表者)
5) 文部科学省科学研究費 挑戦的萌芽研究, メタボリックシンドローム(MS)対象者の皮膚障害に対するスキンケアの開発., 2009-2011.(研究代表者)

井上 聡
1) 一般財団法人横浜総合医学振興財団 助成金, ザンビア国における薬剤耐性マラリアの拡大防止を目的としたヘルスケア人材育成のための国際保健., 2012.(研究代表者)
2) 一般財団法人横浜総合医学振興財団 助成金,ザンビア共和国での地域医療支援活動を通した学生交流.,2013.(研究代表者)

林さとみ
1) 文部科学省科学研究費 基盤研究(C), 日本人成人の循環器疾患リスク認識モデルの構築., 2012-2014.(研究代表者)

小山洋道
1) 水産無脊椎動物研究所 助成金, ホヤ類の背索の構造に基づく系統分類学的研究., 2011.(研究代表者)

塚越みどり
1) 文部科学省科学研究費 基盤研究(C), 背部温罨法における作用機序モデルの構築., 2012-2014.(研究代表者)
2) 日産自動車総合研究所 共同研究, 車両用温罨法に関する研究., 2012-2013.(研究分担者)
3) 文部科学省科学研究費 基盤研究(C), 背部温罨法による上肢の皮膚温上昇に影響を及ぼす知覚神経、交感神経系の基礎研究., 2009-2011.(研究代表者)

地域貢献

■共同研究

赤瀬智子
  • 肥満皮膚の解析(東京大学)
  • 東京大学医学系研究科:肥満に対する食事療法における皮膚への効果
赤瀬智子, 井上聡, 松本裕, 伊吹愛
  • 横浜市立大学附属病院糖尿病内科・内科外来(2014-):肥満・糖尿病患者における皮膚の実態調査
  • 横浜市立大学附属病院皮膚科・皮膚科外来(2014-):皮膚科における軟膏処置の実態調査:アトピー性皮膚炎
赤瀬智子,井上聡,槇原弘子
  • 横浜市立大学附属病院形成外科・センター病院・形成外科・手術室・千葉大学 薬学部:肥満皮膚の病態メカニズム解析
  • 横浜市立大学附属病院・薬剤部:下剤の適正な使用方法の検討—酸化マグネシウム製剤の服用方法に関する調査研究—
赤瀬智子・槇原弘子
  • ポーラ化成工業株式会社「肥満皮膚に関する研究」
  • 東洋新薬株式会社「肥満に伴う皮膚障害の改善作用に関する研究」
  • 帝京大学薬学部:肥満皮膚に対する抗酸化療法の検討
井上 聡
  • ザンビア大学医学部:発展途上国におけるマラリア医療の実態
塚越みどり
  • グローバルヘルス社(2014.7- 9月)高齢者運動教室の企画・監修・実施評価




■プロジェクト事業

井上聡:一般企業従業員の健康管理(生活習慣病予防)



■講師派遣

赤瀬智子
1) 薬学看護医療系進学について, 市立金沢高等学校, 2012.5.
2) メタボリックシンドローム(MS)モデルマウスにおける加齢性皮膚変化, 第8回TSOD(肥満糖尿尿)マウス研究会情報交換会, 2012,11 (東京)
3) 看護薬理学, 東京大学大学院医学系研究科創傷看護学II講師(東京), 2013.3.
4) NPO法人医療教育研究所 肥満における皮膚障害について2013.9.5 
5) 東京大学医学系研究科創傷看護学分野 創傷看護学特論 非常勤講師 2014.3/3
6) 千葉科学大学看護学部:からだの構造と機能??, 非常勤講師,2014.4-9
7) 山形大学医学部:非常勤講師,2014.11-2015.3
8) 東京大学医学系研究科創傷看護学分野 創傷看護学特論 非常勤講師 2015.3.9
9) 横浜市立大学附属市民総合医療センター病院講演会:看護の開発・基礎実験研究,2014.7.17
10) 横浜市立大学医学部後援会講話:肥満と皮膚障害,2014.7.31
11)千葉科学大学看護学部:からだの構造と機能ⅠⅡ, 非常勤講師,2016.4-9
12)東京大学医学系研究科創傷看護学分野:創傷看護学特論 非常勤講師
13)横浜市医師会保土谷看護専門学校第一看護学科:形態機能学 2016.9

赤瀬智子, 松本裕, 伊吹愛
1)横浜市立大学附属病院口腔外科病棟:逆流性超選択的動注化学放射線療法を受ける口腔癌患者に発生する皮膚障害に関する実態調査,2016.4-2017.3

赤瀬智子, 井上聡, 松本裕, 伊吹愛
1) 横浜市立大学附属病院皮膚科外来,アトピー性皮膚炎患者への軟膏指導の実態調査,2014.4-2015.3

松本裕
1) 附属病院看護師国家試験対策,2016.12

伊吹愛
1)横浜市医師会保土谷看護専門学校第一看護学科:形態機能学 2016.10/20.10/27

井上聡
1) 臨床研究概論, 横浜市立大学医学部大学院医学研究科, 2010-現在
2) Translational medicine in YCU . Harvard Medical School, USA(Boston), 2010.3.
3) 横浜市立大学附属病院 第103回看護師国家試験対策講義2013.12
4) 横浜市立大学国際総合科学部 発展途上国の都市開発の為の保健医療支援2013.7
鵠沼高校 「国際保健・看護」講義
5) Yokohama City University Sustainable Urban Development Program,「Current Status of Health Care Infrastructure in Developing Countries」2013.8
6) Destiny Community School, Lusaka, Republic of Zambia ,Importance of helping others - career in medicine.,2014.3
7) アフリカ ザンビア共和国に本学看護学科生7名と訪問 看護学科生の地域コミュイニティスクールで保健衛生指導(手洗い、歯磨き、栄養),2014.3
8) 横浜市立大学附属病院 第103回看護師国家試験対策講義2014.12
9) 医学研究科,非常勤講師,臨床研究概論A「臨床研究における法規制と倫理」,2014.7.9
10) 医学科非常勤講師,コアカリキュラムE2 臨床薬理学,「臨床研究について?」,2014.11.26
11) 医学科非常勤講師,コアカリキュラムE2 臨床薬理学,「臨床研究について?」, 2014.12.4

林さとみ
1) 看護マネジメント/国際看護, 弘前市医師会看護専門学校看護学科, 2013.1.21.
2) 専門看護, 茨城県立医療大学大学院保健医療科学研究科大学院博士後期課程, 2012.4.1.~2013.3.31.
3) キャリアと私の人生, 帝京大学医学部付属病院 帝京大学看護職・人材育成センター, 2012.7.3.
4) 看護研究の国際連携~国際的看護研究の勧め, (第3回看護経済・政策研究学会学術集会)アルベルタ大学看護学部ドナ ウィルソン博士による招聘特別講演「カナダにおける医療政策の改善と看護の貢献:国際的視点から(通訳), 看護経済・政策研究学会, 2012.9.8.
5) フィジカルアセスメント, 埼玉県立がんセンター看護部, 2012.10.16,11.7,12.5.
6) 周手術期の看護, 茅ヶ崎北陵高校, 2012.10.18.
7) 米国におけるナースプラクティショナーの教育・実践・研究の実際, 日本私立看護系大学協会, 2012.12.22.
8) 胸腔ドレーンに対するエビデンスに基づいた固定方法の導入と評価, 横浜市立大学附属病院7-4病棟
9) 埼玉県立がんセンター研修会講師 フィジカルアセスメントを学ぶ2013.9-11
10) 横浜市立大学附属病院 ・7-4病棟 腹腔ドレーン管理手順の導入における患者のアウトカムの検討:腹腔ドレーン、ドレーン管理手順、患者アウトカム検討 2013.4
11) 横浜市立金沢高校リレー講座 「周手術期にある人の看護」講義 2013.11.
12) 弘前市医師会看護専門学校看護学科 非常勤講師 看護マネジメント/国際看護2014.1

小山洋道
1) ホヤの生物学, 横浜市立大学, 2010,2011.
2) 系統進化的に見たホヤの神経系, 横浜市立大学, 2009.

塚越みどり
1) 横浜船員保険病院 看護研究指導, 2013.
2) 横浜市立大学附属病院 新採用看護師フィジカルアセスメント研修講師, 2008-現在.
3) 北海道温罨法研究会 平成25年度 第1回温罨法研究会講師(温熱刺激・温罨法・皮膚血流)2013.6/2
4) 横浜市立大学附属病院 新採用フィジカルアセスメント研修・講師(フィジカルアセスメント・呼吸・循環)2013.8/22.29
5) 横浜サイエンスフロンティア高校アドミッションズセンター依頼 模擬授業「血圧測定」授業後懇話会 2013.4/23
6) 横浜市立大学附属病院 新採用看護師フィジカルアセスメント研修,2014.8
7) 横浜保土ヶ谷中央病院・東4病棟看護研究指導テーマ:感染対策,手指衛生に関する意識向上と実践に向けた取り組み,2014.4-2015.3
8) 横浜保土ヶ谷中央病院・東2病棟,看護研究指導テーマ:DPNS導入による当病棟看護師の働く意欲ややる気に関する傾向,2014.4-2015.3
9) 横浜保土ヶ谷中央病院・西2病棟,看護研究指導テーマ:老人福祉施設から入院する高齢者の情報共有と看護師の意識の変化~情報共有シートの検討~,2014.4 2015.3



■学会役員・各種委嘱委員

赤瀬智子
  • 厚生労働省・保健師助産師看護師試験委員
  • 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
  • 公益財団法人 一般用医薬品 セルフメディケーション振興財団
  • 日本薬学会関東支部幹事
  • 日本未病システム学会評議員
  • 日本創傷・オストミー・失禁学会評議員、査読委員
  • 看護理工学会評議委員、査読委員
  • 日本褥瘡学会評議委員、査読委員、倫理委員
  • 日本看護研究学会査読委員
  • TSOD肥満糖尿病マウス研究会 理事

受賞

赤瀬智子
横浜市立大学理事長表彰, 2016

伊吹愛 
第24回日本未病システム学会学術総会 一般演題発表 優秀演題賞:「肥満糖尿病者の皮膚生理機能の評価と皮下脂肪蓄積の影響」, 2017.11

看護学専攻修士課程(2018年度より博士前期課程)