医学部看護学科・医学研究科看護学専攻医学部看護学科
医学研究科看護学専攻

看護学専攻長挨拶

看護学専攻長挨拶

看護学専攻長 松下年子

 
 本専攻では、市民および国民の保健・医療ニーズに応じて、看護学の高度な知識や技術を駆使できる高度実践看護師の育成と、将来の看護界を担う教育・研究者の育成を目指しています。またそれらを保障するために、各分野には、看護実践と研究活動において優れた実績をもつトップレベルの教授陣を配しています。近い将来、学部から大学院までの、一貫した、グローバルスタンダードに準じた看護学教育が実現されつつあります。
 昨今、看護師の業務拡大や高度実践看護師の内実について様々な議論が交わされてきましたが、目指すところは、対象となる個人、家族、集団の健康と安寧への還元です。看護学教育の高度化も大学院の設置も、その一環として位置づけることができます。そして、本使命の本質を見誤ることなく、看護独自の専門性を発揮できる人材や、変革に向けて成果を出せる人材、看護の発展を牽引し得る人材を継続的に輩出するには、教員や研究者をはじめ、それに見合う教育資源は必須といえます。本専攻では、以上の認識をもって大学院の教育環境・体制を整備し、皆様の入学をお待ちしております。
 当事者から学ぶ真摯な姿勢とともに、未来の看護をデザインする溢れ出る意欲と精神力をもった皆さん、激動のただ中にある今の看護界で一緒にチャレンジしませんか。

看護学専攻修士課程(2018年度より博士前期課程)