YCU 横浜市立大学

第39回日本高血圧学会総会で岸尾望さんがYoung Investigator’s Promotion(YIP)最優秀賞を受賞!

2016.12.20
  • TOPICS
  • 学生の活躍

第39回日本高血圧学会総会で岸尾望さんがYoung Investigator’s Promotion(YIP)最優秀賞を受賞!

平成28年9月30日(金)~10月2日(日)に仙台国際センターで開催された第39回日本高血圧学会総会で、医学部医学科4年生の岸尾望さんがYoung Investigator's Promotion(YIP)最優秀賞を受賞しました。
岸尾望さん

今回の学会では、どのような内容を発表されたのでしょうか? また、どのような点が今回の受賞につながったのでしょうか?

発表内容は、「C57BL/6野生型マウスにおけるアンジオテンシンII刺激によるインスリン抵抗性の検討および1型アンジオテンシンII受容体結合因子(ATRAP)の脂肪組織特異的高発現マウスの作製」でした。この研究は、本学医学部4年次のリサーチクラークシップというカリキュラムの一環で行い、ATRAPという新規分子が、糖尿病の病態の1つであるインスリン抵抗性の悪化を抑制するという可能性について発表しました。
今回のYIPという企画は、ポスターにて上述の内容について説明し、スライドにて研究における自己評価や考察、さらには自分のこれからの目標や夢について発表する、というものでした。また、どうして私が研究に興味を持つようになったのかというきっかけについても発表し、学生のうちから熱心に研究をするという姿勢をアピールすることができました。若さや将来性が評価されて今回の受賞に至ったのだと思っています。そして、循環器・腎臓内科学教室の田村功一教授や涌井広道助教、大城光二先生を始めとする先生方の厳しくかつ丁寧な指導なくしては、今回の受賞には至りませんでした。

今回の学会に参加することになった経緯や、参加された際の感想、エピソード等あれば、お聞かせください。

学生のうちから学会に参加できる点に魅力を感じ、参加を決めました。実際に参加してみて、日本は広いと思いました。全国各地から最新の研究成果が集まり、著名な先生方も一堂に会すような場に参加したことで、学内にいては経験することのない刺激を受けました。今回のような規模の、公の場での発表は生まれて初めてだったので、非常に緊張しました。

参加にあたって、事前準備など特に意識した点や工夫した点があれば、お聞かせください。また、苦労した点と、それをどのように乗り越えられたかも教えてください。

プレゼンテーションの準備に苦労しました。先生方の厳しくも手厚い指導のもと、何度も推敲を重ねて入念に準備しました。また、原稿を繰り返し読み込んで暗記し、淀みなく話せるようにして本番に臨みました。

受賞された際の研究室の皆さんや先生の反応はいかがでしたか?

受賞後、教室の先生方に我が事のように喜んでいただけたことで、熱心に指導をしてくださった先生方に少しは恩返しができたのかなと思っています。

研究室では普段どのような研究・勉強をされているのでしょうか?

生活習慣病の悪化を抑制しうる、ATRAPという新規分子の機能について研究しています。

岸尾さんの将来の夢や、目標を教えてください。

今回、学外で発表したという経験は、大きな刺激となりました。これからも、基本的な知識をできるだけ多く身につけ、将来に活かすために、医学部の勉強を頑張ろうと改めて思いました。また、今までは臨床医一本でやっていこうと考えていましたが、この機会を経て、臨床医として活躍しながら研究も進めてみたいと思うようになりました。決して今回の受賞がゴールではないので、まだまだ自分の可能性を伸ばす努力をしていきたいです。

大城先生から岸尾さんの受賞についてコメントをお願いします。

岸尾望さん、第39回日本高血圧学会YIP最優秀賞受賞、誠におめでとうございます。大変栄誉のある賞を学生でありながら受賞され、とてもすばらしいです。
岸尾さんは文武両道を志す学生に相応しく、熱心に研究に取り組みながらも、硬式野球部の活動と、今後の臨床実習に向けた勉強にも時間を惜しんでよく励まれていました。 今回の学会発表に至る研究結果も、岸尾さんが誠実に粘り強く取り組まれた成果であると感じます。学会発表の際は、惜しみない練習が実り、堂々とした発表と質疑応答で感心させられました。
岸尾さんのYIP最優秀賞受賞は、研究成果はもちろんのこと、審査員の先生方の興味を惹きつける、若々しく将来性を感じさせるプレゼンテーションが高く評価されたものと思います。
今回の岸尾さんの指導にあたられた、田村主任教授をはじめ循環器・腎臓内科学教室の研究グループの先生方も皆、岸尾さんの受賞を大変喜ばしく思っています。 今後の岸尾さんの益々の活躍に期待しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加