YCU 横浜市立大学

パリ公立病院連合(AP-HP)※と覚書を締結しました

2015.02.10
  • プレスリリース
  • 病院

パリ公立病院連合(AP-HP)※と覚書を締結しました

~救急医療をはじめとした医療分野の連携や交流を進めます~

平成27年2月2日
健康福祉局医療政策課課
横浜市立大学医学・病院企画課

横浜市と横浜市立大学は、より良質な医療を市民へ提供していくため、高度先進医療や人材育成の分野において連携強化を図っています。
今回、横浜市・横浜市立大学の連携のもと、フランスのパリ公立病院連合(AP-HP)との間で、臨床・研究・教育の協力関係の構築に向けた覚書(MOU)を締結しました。
今後、この覚書に基づき、横浜市・横浜市立大学それぞれの立場から、救急医療をはじめとした医療分野の連携や交流などの具体的な取組につなげていきます。

1 調印式概要

日 時:平成27年1月13日(火)
場 所:フランス・パリ市 ネッカー病院
締結者:・横浜市 林文子市長
     (医療政策室 増住敏彦室長が代理出席)
    ・横浜市立大学 田中克子理事長
    ・パリ公立病院連合(AP-HP)
     Mr.Martin HIRSCH(マーチン・ヒルシュ)CEO
     他2名

2 本覚書(MOU)の主な内容

  • 医療ケア、医療トレーニング、臨床・研究、地域の救急医療および病院経営の分野における共同プロジェクトの立ち上げ、推進に努める
  • 医療関係者および学生の人的交流
  • 医療分野における優れた取組や専門知識の共有
  • 地域の救急医療および病院経営分野における優れた取組の共有

3 今後の主な取り組み予定

  • パリ公立病院連合(AP-HP)医師による講演の開催(平成27年4月予定)
  • 市大医師のフランス派遣などによる人事交流
  • フランスの救急医療体制「SAMU(サミュー)」の研究(下記:SAMUのイメージ資料)

※ パリ公立病院連合(AP-HP):パリ市及び周辺地方(人口1,230万人)をカバーする国立病院群(37病院)を統括する公的機関。(下記:面積および人口規模比較資料)

SAMU(サミュー)のイメージ資料

フランスには、医療機関が担うSAMU(サミュー)という救急医療体制があります。主な特徴としては、SAMU指令センターへの通報内容によって症状に応じた医療介入がなされ、特に重症者に対しては医師が医療処置を行いながら医療機関へ搬送する仕組みが確立されています。

面積および人口規模比較資料

  面積(km2 人口(万人)
パリ市及び周辺地方 17,174 1,230
パリ市(県と同格の特別市) 105 219
横浜市 435 371
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県 13,529 3,593
お問い合わせ先
健康福祉局救急・災害医療担当課長     黒岩 大輔   Tel 045-671-3740
横浜市立大学医学・病院企画課長      新井 達夫   Tel 045-787-2991

締結式の写真が必要な場合は、お問合せ先までご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加