生命ナノシステム科学研究科生命ナノシステム科学研究科

研究科長の挨拶

生命ナノシステム科学研究科長
橘 勝(教授)

 近年の自然科学の飛躍的な発展は、従来の物理学・化学・生物学といった学問領域を統合し、生命を含む自然現象を原子・分子のシステムとして解明しようとする学問体系に基づいています。
 生命ナノシステム科学研究科は、「生命の持つ複雑な機能・組織を物質要素のシステム化により発現すると考える」という研究科の共通した理念のもと、2専攻固有の階層的研究を対象に専門性の高い教育研究を行います。特に、文部科学省理数学生育成支援事業「YCU型高大院一貫科学者養成プログラム」の支援を受けて学部コースとの強い連携に基づく専門性の高い学識を身につけられるよう教育研究を行っています。
 また、国内の独立行政法人(理化学研究所、海洋研究開発機構、物質・材料研究機構、農業生物資源研究所)やNTT物性科学基礎研究所と連携大学院を組むことにより最先端の教育・研究環境を整備することができました。さらに、国外の研究教育機関とのネットワークにより、グローバルな視点から教育研究を行っています。これに加え、科学技術者の社会との融合を図るため、科学者の社会的倫理や生命倫理、特許や知的財産管理の知識、起業に関する知識を習得するためのカリキュラムを設け、社会的キャリアの構築や次世代を担うグローバルな人間形成の構築ができるよう支援します。

研究科概要