医学教育センター医学教育センター

医学教育センターの理念

基本概念 公立大学としての使命

1 教育重視

自らの課題を見つけ探求する姿勢と様々な問題に対して解決する能力が備わった人材の育成に努めます。 

2 学生中心

常に学生のキャリア開発に主眼を置き、学生のニーズに応える様々な支援プログラムの提供に努めます。 

3 地域貢献

横浜市が有する意義ある大学して、地域への貢献をさらに推し進めます。 

医学教育センターの目的

本学医学部・附属2病院における教育・診療・研究の一体的な運用のもと、医学教育の質の向上を図ることにより、優れた医療人を育成することを目的として、横浜市立大学医学部医学科に「医学教育センター」を設置しました。 

医学教育センターの基本的考え方について

本学医学部・附属2病院における教育・診療・研究の一体的な運用のもと、医学教育の質の向上を図ることにより、優れた医療人を育成することを目的として、横浜市立大学医学部医学科に「医学教育センター」を設置しました。
「医学教育センター」は本学における「教育重視」、「学生中心」、「地域貢献」の3つの基本理念のもとに、公立大学としての使命としての地域医療の充実や“国際港都横浜“にふさわしい国際標準にも適う医学・臨床教育に取り組んでいます。 

卒業時教育成果・実践能力(コンピテンシー)

横浜市立大学医学部では、次に掲げる能力を持った医療人を育成します。

1. プロフェッショナリズム
医師をめざす者として、それにふさわしい倫理観や価値観をもち、法令を遵守できる。
また、診療に参加して、患者・家族や診療チームのメンバーと良好かつ適切な関係を築くことができる。

2. 医学知識
科学的根拠に基づく医療(EBM)に関わる幅広い知識を修得して、それらを実践に応用することができる。

3. 医療の実践
急性あるいは慢性の頻度の高い疾患において、診断および治療の基本的技能を理解し、修得することができる。

4. 対人関係とコミュニケーション技能
患者やその家族と、また医療従事者との間で、他者を理解し、互いの立場を尊重した関係を構築し、コミュニケーションをとることができる。

5. 医療と社会
医学、医療、健康に関する法律(法規)と社会制度、関係学術機関の規則等を理解し、それらに基づいた業務を通して社会に貢献する準備ができている。

6. 生涯学習
医学・医療及び関連の広い分野の科学的情報を評価し、論理的思考を行うことができる。

7. 医学の進歩への貢献に向けた準備
基礎、臨床、社会医学領域での未解決の医学的課題を認識し、科学的探究の意義を理解のうえ、その解決に向けて貢献する準備ができている。 

The ToKYoToC Doctor Project

2013年11月25日~29日に、SGB Consultants によるWFMEの評価基準を利用した外部評価を受けました。

5大学(東京大学・慶應義塾大学・横浜市立大学・東京医科歯科大学・千葉大学) が連携して卒業時教育成果・実践能力(コンピテンシー)を策定しました。それに基づく学習成果基盤型教育(Outcome-based Education, OBE)を導入することによって、 医療安全や患者中心の医療など社会的ニーズに的確に応えられる医師を育成する、更にその成果を 点検・評価してOBEの有用性を検証することが本事業の目的に実施しました。
The ToKYoToC Doctorの事業名は 参加5大学の頭文字を表しています。