医学部医学科・医学研究科医科学専攻医学部医学科
医学研究科医科学専攻

臓器再生医学

臓器再生医学

科目担当者 谷口 英樹

教室の特色

「再生医学(Regenerative Medicine)」は、器官発生や組織再生などに見られる生物学的プロセスを解明し、それらを人為的に最適化することにより、革新的な新規治療法を開発することを試みる新しい学問領域です。当研究室では、iPS細胞(induced pluripotent stem cell)やがん幹細胞(cancer stem cell)を対象として医療応用技術の開発を行う世界的な最先端研究を推進しています。

研究テーマ

  1. iPS細胞を活用したヒト臓器創出法の開発
     現在、末期臓器不全症に対して臓器移植が有効な治療法として実施されています。しかし、ドナー臓器の供給量は絶対的に不足しており、再生医療への期待が急速に高まっています。当研究室では、iPS細胞を活用してヒトの臓器を創出することを目指した臨床研究を行っており、画期的な研究成果を挙げています (Nature 2013他)。ノーベル賞受賞者である山中教授をリーダーとする大型国家プロジェクト(再生医療実現拠点ネットワークプログラム)にも研究開発拠点として選抜されており、“オールジャパン”のメンバーの一員として再生医療の実現化に取り組んでいます。
  2. ヒト軟骨前駆細胞を用いた軟骨再生技術の開発
     頭頸部領域の先天奇形や、交通事故による外傷等に起因する変形に対する質の高い治療法の開発は、全世界で望まれている臨床的解決課題です。当研究室は、耳介軟骨膜中に存在するヒト軟骨前駆細胞を世界で初めて同定しました(PNAS 2011)。現在、臨床応用を目指して、ヒト軟骨前駆細胞を成熟した軟骨細胞へ効率的に分化誘導を行うための新規細胞培養技術の開発を行っており、本学附属病院での臨床研究の実施に向けた準備を進めています。
  3. 膵癌幹細の治療抵抗性メカニズムの解析
     代表的な難治癌である膵癌の放射線・化学療法への高い抵抗性には、膵癌幹細胞が深く関与していることが示唆されています。当研究室では、抗癌剤に耐性を示すヒト膵癌の手術検体を対象としてプロテオーム解析を実施することにより、ヒト膵癌幹細胞で発現している薬剤排出に関わる多数のトランスポーターの阻害剤探索を試みています。膵癌幹細胞を制御可能な新たな抗癌剤開発に繋がる研究です。

参考文献

  1. Vascularized and functional human liver from an iPSC-derived organ bud transplant. Nature 499: 481-484, 2013
  2. Generation of a vascularized and functional human liver from an iPSC-derived organ bud transplant. Nature Protocols in press, 2013
  3. Reconstruction of human elastic cartilage by a CD44+ CD90+ stem cell in the ear perichondrium. Proc Natl Acad Sci U S A. 108:14479-14484, 2011

医学研究科 医科学専攻