ナビゲーションをスキップして本文へ
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • サイトマップ
  • 大学トップ

研究者検索


ここから本文

HOME  > 学生の地域貢献活動

学生の地域貢献活動

横浜市立大学では、大学の基本方針の1つに「地域貢献」を掲げ、地域の課題に対して、教職員はもちろんのこと、学生による多様な地域貢献活動を推進しています。
地域貢献の一環として、いま学生が地域に根ざした様々な活動を展開しています。

学生が取り組む地域貢献活動支援事業

本助成事業は、学部・大学院生活、課外活動などを通じて、自主的な探究心、外部との調整力、積極的な行動力、チャレンジ精神などを育成するとともに、地域の活性化を図ることを目的としています。

キャンパスタウン金沢

金沢区・関東学院大学と連携し、『大学の活力を生かしたまちづくり』に取り組んでいます。大学が二つあるという金沢区ならではの強みをいかし、大学と区が連携することで、両大学の知識や施設だけでなく、大学生の発想力や行動力を生かし活力ある個性豊かなまちを目指しています。

マイタウン金沢八景プロジェクト

横浜市立大学と関東学院大学の学生、NPO法人横濱金澤シティガイド協会、駅前商店街の金沢八景共栄会の四者による金沢八景駅前の商店街を盛り上げる目的で立ち上げられたまちづくりプロジェクトです。
「キャンパスタウン金沢(大学のあるまちづくり)」のモデル事業として発足した地域経済の活性化に向けた取り組みで、横浜市観光局の主催する「地域経済元気づくり事業」に認定されています。