ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 日本語
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • Korean
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • 資料請求
  • お問合せ
  • サイトマップ

研究者検索


ここから本文

HOME > 国際交流 > 【開催報告】スーパーサイエンスハイスクール生徒およびアメリカ、インド、台湾の高校生が本学を訪問しました

【開催報告】スーパーサイエンスハイスクール生徒およびアメリカ、インド、台湾の高校生が本学を訪問しました

パシフィコ横浜で開催された「スーパーサイエンスハイスクール(※)生徒研究発表会(主催:独立行政法人科学技術振興機構)」に参加するため、横浜に滞在していた北海道滝川高等学校と神奈川県立厚木高等学校の生徒と、アメリカ、インド、台湾の高校生ら41名が8月8日(金)に、本学を訪問し、理学系教員によるセミナーと、「理数学生育成支援事業」の参加者を含む本学理系学生との交流会が行われました。セミナー・交流会は全て英語で行われました。
まず、国際総合科学部理学系長の荒谷康昭教授から本学の概要と理学系コースの紹介が行われ、その後、国際総合科学部理学系生命環境コースのカナリー ロバートA.准教授が、環境や食に関する問題についてセミナーを行い、参加者からは積極的な意見や質問が飛び交いました。
セミナーの後は、高校生と本学学部生・大学院生・教員がグループに分かれ、自己紹介の後、相互の研究について自由にディスカッションを行いました。
参加者は約100名規模となり、教員間でも活発な質疑がされるなど、大変盛況な交流会となりました。

<独立行政法人科学技術振興機構ホームページより抜粋>
※スーパーサイエンスハイスクール:文部科学省よりSSH(スーパーサイエンスハイスクール)の指定を受けた学校では、科学技術系人材育成のため、各学校で作成した計画に基づき、独自のカリキュラムによる授業や、大学・研究機関などとの連携、地域の特色を生かした課題研究など様々な取り組みを積極的に行っています。


ページトップへ