ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 日本語
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • Korean
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • 大学トップ

研究者検索


ここから本文

HOME  > 経営科学系

経営科学系

経営学コース  会計学コース  経済学コース

グローバル経済における多様な価値観を理解し、合理的な経営判断ができる人材を育てます。

[取得できる学位]:学士(経営学)、学士(会計学)、学士(経済学)

育成目標

グローバルなビジネス・経済社会での多様な価値観を理解し、合理的な意思決定能力と実行力を備えた人材を養成します。そのために必要となるのが、問題発見や課題解決の際に必要な分析力と他者を説得するコミュニケーション能力です。これらは経営科学系の学生に共通の素養となりますが、さらに経営学・会計学・経済学の3コースを設け、専門性を深化させた学びを展開します。経営学コースではグローバルに企業経営の課題をとらえ、解決できる人材を育成し、会計学コースでは世界共通のビジネス言語である会計数字を的確に理解できる人材を育成します。そして経済学コースでは、国際標準の経済学の理解と現実への応用力を備えた人材を育成します。

経営学・会計学・経済学、そして法律学の理論と実践応用力で、現実社会の課題を解決します。

現代社会は日々大きく変化し、グローバル競争も激しさを増しています。こうした社会では、迅速に課題を発見し、その課題を的確に解決する力が必要です。この力を身につけるには、多様な考えを理解する広い視野と研ぎ澄まされた感性が不可欠です。広い視野は、経営学・会計学・経済学および法律学の基礎理論を学習することで身につきます。研ぎ澄まされた感性は、専門性の高い科目を学んでいくことで鍛えられます。そして、ゼミ(演習)を通して、広い視野と研ぎ澄まされた感性を総合的に習得できるのです。経営科学系では、このような教育カリキュラムによって、現代社会で活躍できる人材の育成を行っています。


経営科学系の3つのコース

経営学コース

企業などの組織をリードし、諸問題を解決するマネジメントを学びます

経営学は企業を対象に発展してきましたが、今日その成果は官公庁・病院・NPO等あらゆる組織で活かされています。経営学・経営管理・経営戦略・国際経営・人的資源管理・経営財務・マーケティングなどを通してマネジメントの理論と実践を学び、社会現象の分析、戦略と組織の理解、問題の発見と解決につながる力を育んでいきます。

このような志向を持つ人に最適

■経営やビジネス活動を深く体系的に理解したい
■企業をはじめ組織でのマネジメントを学びたい
■グローバル経営の課題に理論・実証面から取り組みたい
■戦略的思考・企画力・分析力・表現力を習得したい


会計学コース

会計理論を学び、企業経営の本質を数字の面から理解します

企業業績を適切に測定するための会計学の理論を基礎とし、これに国内および国際的な会計基準や企業法、税法の知識などを付加します。これら“土台”となる知識をもとに、財務諸表(決算書)を分析するためのスキル、企業業績を改善するための手法、および株式への投資判断の基礎となる企業価値評価の手法を身につけます。

このような志向を持つ人に最適

■ビジネスの言語である会計を学びたい
■会計専門職(公認会計士、税理士など)を目指したい
■企業の業績改善のためのスキルを学びたい
■証券投資の分析手法を学びたい


経済学コース

経済学や金融論の理論的理解と数量的分析力を育成します

ミクロ経済学・マクロ経済学・計量経済学などの基本的知識を修得したうえで、グローバルに広がる市場経済や国際的な金融市場、あるいは行政に関する社会現象について分析・理解する能力を身につけます。その上で“Cool Head”で“Warm Heart”にものごとを評価することのできるバランス感覚を鍛えます。

このような志向を持つ人に最適

■経済の現状と課題を体系的に学びたい
■グローバル化する国際経済を舞台に活躍したい
■金融政策や金融機関の活動に興味がある
■民間企業から国、地方の公務員まで、幅広い可能性に対応したい