保健管理センター保健管理センター

調査・研究

保健管理センターに所属するメンバーによる調査・研究および地域貢献の実績についてお知らせします。

最近の活動

◆参加・発表した学会・研修会など

‐第25回日本産業ストレス学会;2017年12月8日(金)~12月9日(土)
 口頭発表 岸本さん(キャンパス相談) 

‐第55回全国大学保健管理研究集会;2017年11月29日(水)~11月30日(木)
 ポスター発表 伴野さん(キャンパス相談)、米山さん(バリアフリー支援室)
 参加 御小柴さん(保健・相談)

‐第14回日本うつ病学会総会;2017年7月21日(金)~7月22日(土)
 ポスター発表 土井原さん(キャンパス相談)
 参加 上村さん(キャンパス相談)

◆参加した学会・研修会など

‐全国大学メンタルヘルス学会第39回総会(12月14~15日:愛知)
 上村さん(キャンパス相談)

‐全国障害学生支援セミナー「専門テーマ別セミナー」(11月2日:東京、23日:仙台)
 米山さん(バリアフリー支援室)

‐障害学生支援実務者育成研修会【応用プログラム】(9月14~15日)
 米山さん(バリアフリー支援室)

‐全国大学保健管理協会関東甲信越地方部会研究集会(8月31日~9月1日:千葉)
 圓谷さん(保健・相談)・伴野さん(キャンパス相談)

‐全国障害学生支援セミナー「体制整備支援セミナー」(8月18日:東京)
 米山さん(バリアフリー支援室)

‐全国高等教育障害学生支援協議会(6月17~18日:京都)
 米山さん(バリアフリー支援室)

‐第90回日本産業衛生学会(5月11~13日:東京)
 御小柴さん(保健・相談)・岸本さん(キャンパス相談)
(2017年12月28日)

◆「自殺企図の再発防止に対する複合的ケース・マネージメントの効果:多施設共同による無作為化比較研究」(通称 ACTION-J)について

学術院医学群の平安教授、河西教授(前センター長)らの研究グループが自殺未遂者の自殺企図再発予防プログラムを開発し、多施設共同無作為化比較試験によってその有効性が検証されました。
そしてその成果が「The Lancet Psychiatry」誌第1巻第3号に掲載されました。
Kawanishi et al., Assertive case management versus enhanced usual care for people with mental health problems who had attempted suicide and were admitted to hospital emergency departments in Japan (ACTION-J): a multicentre, randomised controlled trial.
The Lancet Psychiatry, Volume 1, Issue 3, Pages 193 - 201, 2014.
doi: 10.1016/S2215-0366(14)70259-7
※研究の概要とその意義については、
研究をサポートした、国立精神神経医療研究センターから発信されたプレス・リリースをご参照ください。

調査・研究