保健管理センター保健管理センター

【要注意】海外へ行かれる方・帰国された方へ

【要注意】海外へ行かれる方・帰国された方へ

海外では日本であまり知られていない感染症にかかる可能性があります。
海外へ行く前に、目的地で流行している感染症などを確認し、予防に努めましょう。
厚生労働省検疫所FORTHのウェブサイトで目的地の状況を確認してください。

感染症予防のポイント

・渡航先で最も感染の可能性が高いのは、食べ物や水(生水、氷など)を介しての消化器系の感染症です。
 海外で注意しなければならない感染症については、添付の表を参照してください。
・海外では、蚊やマダニなどを媒介する病気が流行していることもあり、WHOが根絶を目指している麻しん(はしか)やポリオも諸外国では流行していることがあります。

帰国後に体調が悪くなったら

  • 帰国時に発熱や下痢など、具合が悪いなどあったら、空港や港にある検疫所で相談しましょう。
  • 感染症には、潜伏期間(感染してから発症するまでの期間)が数日から1週間以上あるものがあります。帰国後に具合が悪くなったら、速やかに医療機関を受診しましょう。
 ★受診時伝えてほしい事:
  渡航先、滞在期間、現地での飲食状況、渡航先での活動内容、鳥や動物などとの接触状況、
  ワクチン接種の有無、虫刺されの有無

必ずお読みください