• 外来担当医表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-787-2800
045-787-2800


{

HOME  > 周術期口腔ケア推進の取り組み

周術期口腔ケア推進の取り組み

~口の環境を整えて手術を受けていただくために~

周術期口腔機能管理とは?

周術期口腔機能管理についての流れの図

周術期」という言葉は聞きなれない方も多いかと思いますが、簡単にいうと手術日を含めた手術前後の時期を指します。一般的に全身麻酔の手術を受けると身体の抵抗力が落ちやすく、合併症を発症しやすくなると言われています。そこで「なぜ口を気にするのか、口腔(口の中)ケアを行う必要があるか?」ですが、口腔内には実に多くの細菌が存在していて、それが肺や血液の中に入る事で肺炎や感染などの重篤な合併症につながります。
全身の治療前から十分な口腔ケアを行い、手術時に“健口”(=口の中がきれいで術後に口が原因の感染を生じにくい状態)な状態に整えておくことが大切です。周術期口腔機能管理は口の清掃だけでなく飲み込みといった機能回復も視野に入れた治療・ケアを行うために、平成24年度から健康保険診療に導入されました。同時にがん治療を受ける患者さんは抗がん剤や放射線治療にも適応があります。これらの治療中は免疫力が低下し、健康時にはかかりにくい細菌感染や口内炎が生じ口の状態が悪くなりやすいため、この時期にも口腔機能管理を行うことが重要です。


口が原因の合併症と周術期口腔機能管理の効果

細菌が体内に入る仕組みのイラスト

全身麻酔手術では口からのどの奥を通って肺の近くまで呼吸をサポートするチューブを入れます。口の中が汚れていると大量の細菌が本来清潔でなければならない気管・肺の中に押し込まれ、肺炎のリスクが高まります。また、著しく揺れている歯があるとチューブを入れる時に歯を損傷する可能性があります。抗がん剤治療では40%の患者さんに口内炎や味覚異常などの口のトラブルが生じるとされています。口内炎は使用する抗がん剤の種類や組み合わせによって発生のしやすさが変わります。口腔内の清掃が十分でない場合に口内炎が悪化しやすく、口から栄養を十分に摂取することが難しくなり、ひどい場合には全身の治療方法の変更をせざるを得なくなる場合があります。治療による副作用を減らすために、歯科医師・歯科衛生士による口腔内の定期的な評価・治療と専門的な清掃が必要です。周術期口腔機能管理を行うことで、肺炎・重症感染症などの合併症の予防や入院日数の短縮などの効果が期待されます。


在院日数の減少グラフ

周術期口腔機能管理で期待される効果(左:在院日数の減少、右:口腔癌手術後の感染の発生率の低下)

横浜市大・横浜市・横浜市歯科医師会との協定

近年、口の健康と全身の健康状態との関連が注目されるようになり、医科と歯科の連携強化がさけばれるようになってきました。そこで横浜市では、周術期患者さんにおける口腔ケアを推進していくために平成29年2月に横浜市立大学、地域の歯科医療を管轄する横浜市歯科医師会、横浜市の三者で「周術期歯科医療連携推進に向けた包括的連携協定」を締結しました。今回の協定のように教育機関・地域歯科医療行政・自治体が一体となった取り組みは全国でも先駆的で、市内共通の病院と地域歯科医院の紹介システムの確立を目指しています。また横浜市大が病院と地域の歯科医院の間を取り持つコーディネーターとなり、全身麻酔手術、抗がん剤治療、放射線治療を行う前に患者さんの口の中を診察し、かかりつけ歯科や連携に登録した歯科医院と一緒に治療がスムーズにまた安全に進むようにサポートしていきます。

周術期口腔機能管理のイメージ

周術期口腔機能管理のイメージ

当院における周術期口腔ケア

当院では平成24年度から周術期口腔ケアユニットを開設し口腔機能管理を行ってきましたが、本年度からは麻酔科との連携のもとさらに充実した管理を行うために、歯科・口腔外科・矯正歯科外来に周術期口腔機能管理部門を作り、ほぼ全ての全身麻酔を受ける患者さんに対して口腔内チェック(スクリーニング)を行い、地域の歯科医院に入院前、退院後の口腔管理を依頼し、入院中の口腔管理は当院で行うという役割分担を推進しています。また放射線や化学療法などのがん治療に際しても地域連携を含めた口腔管理を実施しています。外来化学療法室にも歯科衛生士がラウンドしていますので、味覚異常や口内炎などの悩みのある患者さんは是非ご相談ください。また地域の歯科医師向けの講習会・勉強会を開催し、周術期口腔機能管理に関する知識の共有をはかり、安全・安心な医療を患者さんに提供できる体制を整えています。
患者さんにも“全身の治療を受ける前に口をきれいする”ことを意識して頂けるように市民向けの講演や公開講座を横浜市と協力しながら行っていく予定ですので、ぜひ一度参加してみてください。

藤内診療部長、來生外来医長と周術期口腔管理担当の大橋医師の写真

藤内診療部長(中央) 來生外来医長(左) 周術期口腔管理担当の大橋医師(右)

ページトップへ