• 外来担当医表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-787-2800
045-787-2800


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 診療部門  > 一般外科

一般外科

診療内容・特色・主な対象疾患

当科では、「消化器外科、呼吸器外科、乳腺外科、甲状腺・内分泌外科」と外科学全般を取り扱っております。それぞれの診療部門の専門家が連携して、迅速な診断と適切な治療方針の決定が可能です。さらに、院内の他診療科(消化器内科、呼吸器内科、臨床腫瘍科、内分泌・糖尿病内科、放射線科など)と連携して最善の診断・治療を行うよう心がけております。また、心臓血管外科と連携した血行再建を要する消器・呼吸器・甲状腺手術にも積極的に対応しております。

消化器・一般外科グループ

扱っている主な疾患:
<上部消化管(食道・胃)疾患>
食道癌に対する腹腔鏡・胸腔鏡補助下手術、胃癌に対する外科治療(早期癌に対しては腹腔鏡)、高度進行食道癌・胃癌に対する術前補助化学療法、食道癌・胃癌再発後の化学療法・放射線治療・ステント留置術・サルベージ手術、逆流性食道炎に対する外科治療(腹腔鏡手術)、胃GIST及び早期胃癌に対する腹腔鏡・内視鏡合同手術、十二指腸腫瘍に対する腹腔鏡手術
<下部消化管(小腸・結腸・直腸)疾患>
大腸癌・小腸腫瘍に対する開腹・腹腔鏡下手術、進行・再発癌(小腸癌・大腸癌)に対する化学療法。
<肝胆膵領域の良性・悪性疾患>
胆嚢結石・総胆管結石症の手術(腹腔鏡下の手術が中心)、原発性・転移性肝癌の手術、胆嚢癌・胆管癌・膵癌の外科治療・補助療法。
<脾臓の良性・悪性疾患>
遺伝性球状赤血球症、肝硬変等による脾腫や、脾臓腫瘍に対する腹腔鏡下切除。
<一般外科>
鼠径・腹壁瘢痕ヘルニアの手術(腹腔鏡手術も導入)、腹腔内腫瘤、体表部腫瘤、小外科(切開、縫合、生検など)。
積極的な胸腔鏡・腹腔鏡手術の導入:
胸腔鏡・腹腔鏡手術のメリットとして、美容面(傷が小さい)・術後の痛みの緩和(腹壁・胸壁の温存)・カメラによる拡大視効果により精度の高い手術が行えるなどのメリットがあり、食道癌・肺癌に対する胸腔鏡手術、胃癌・大腸癌・小腸腫瘍に対する腹腔鏡下手術を積極的に導入しております。
また脾腫、脾臓腫瘍に対しても腹腔鏡手術を実施しています。また、胃粘膜下腫瘍や一部の早期胃癌、十二指腸腫瘍に対しては、消化器内科と連携しての内視鏡・腹腔鏡合同手術を導入し、胃の切除範囲を小さくすることに取り組んでいます。これにより従来では広範な胃切除を要していた症例でも胃局所切除が可能となってきています。
昨今、腹腔鏡手術による死亡がマスコミでも取り上げられております。この点も踏まえ、当科は日本内視鏡外科学会による技術認定医が5名在籍し、より安全な鏡視下手術の提供ができるよう心がけております。手術中に癒着の程度や体格ゆえに手術操作が困難であると判断した場合には無理せず開腹開胸手術に切り替えるなどの手術方法の変更を行って、「患者さんの安全を第一に」をモットーとしております。
また院内に既に配置されている手術支援ロボットdaVinciⓇを使用した、ロボット支援消化器外科手術(胃および大腸)の導入も着々と進んでいます。
進行癌に対する積極的な集学的治療(術前化学療法、術前化学放射線療法):
進行癌に対する治療は、臓器によっては手術治療のみでは長期成績は悪く化学療法や放射線療法との適切な組み合わせが必要であることが分かってきました。当科ではより精度の高い適切な術前診断を行い、患者さんの状態に応じて手術治療前に化学療法・化学放射線療法を行います。これにより癌の遠隔転移を抑え・他臓器に浸潤した癌も切除が可能となり、治療成績の向上を目指しています。

呼吸器外科グループ

呼吸器外科では肺癌、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、良性肺腫瘍、胸壁腫瘍、自然気胸、肺のう胞症、びまん性肺疾患の肺生検、肺気腫の容量減少手術、膿胸、胸部外傷、悪性胸膜中皮腫、胸腺腫を伴う重症筋無力症、手掌多汗症などに対し、外科的治療を行っています。これら多岐に渡る疾患に対し胸腔鏡手術を積極的に導入することで、侵襲の軽減に努めています。
とくに肺癌に対しては、従来の開胸術と同等以上のリンパ節郭清を伴う肺切除術を完全胸腔鏡下で行っております。また、通常の肺癌に対する肺葉切除のみならず、早期肺癌に対する肺区域切除や部分切除も積極的に完全胸腔鏡下手術で行っております。肺癌に対する胸腔鏡手術は、優れた整容性、創痛の軽減、入院期間短縮、早期社会復帰という大きなメリットがありますが、病変の進行度に応じ適切な肺切除量やリンパ節郭清を行うことで根治度も保つことができ、開胸術と同等の成績を得ています。また、肺区域切除や部分切除などでは肺機能を温存することができるため、以前は切除困難であった肺機能低下症例や、過去に肺切除術を受けた患者さんに対しても手術適応が拡大しています。さらに、心疾患・呼吸器疾患などのリスクの高い併存症を有する患者さんに対しても、大学病院の強みを生かし他科と連携して適切に術前評価を行い、安全かつ根治度の高い手術を心がけています。
胸腔鏡手術は治療法として優れるのみならず、診断にも有用です。近年、胸部レントゲンやCTで肺癌の可能性のある結節を指摘することが増加しておりますが、特に肺末梢部に発生した結節に対しては内科的にアプローチ困難であり、診断と治療を兼ねる胸腔鏡手術の良い適応となります。診断に迷う肺結節陰影を認めた場合は、積極的にご紹介ください。
また、当呼吸器外科グループは他科との連携も積極的に行っています。進行肺癌や悪性胸膜中皮腫に対しては診断から治療まで呼吸器内科、放射線科とも連携して集学的治療を行っております。さらに、複雑な手術については当科(外科治療学)の心臓血管外科医、消化器外科医、甲状腺外科医と連携し、また胸壁や頚部の手術についても整形外科医や耳鼻咽喉科医など他科とも連携し行っております。

乳腺外科、甲状腺・内分泌外科グループ

乳腺疾患:
乳癌治療は近年大きな変遷を遂げています。手術において以前は乳房切除術が殆どでしたが、乳房温存手術が主流となり、近年ではインプラントが保険収載されて、ただ単に切除するだけでなく形態的により美しくがんを切除することが求められるようになってきました。この傾向は、腋窩リンパ節の郭清に対しても同様で、センチネルリンパ節生検は従来の腋窩郭清と同等の成績と上肢の浮腫などの合併症の軽減をもたらしました。薬物治療においては、新たに多くの抗癌剤やホルモン剤、分子標的薬が開発され、手術後の補助療法や再発後の治療において、その有効性が科学的にも実証されています。日進月歩の進化を遂げている乳癌の治療において、科学的根拠に基づいた最適な治療を、皆様とともに考え提示させていただいています。
甲状腺疾患:
甲状腺外来では、悪性・良性を含めた腫瘍性疾患や、バセドウ病などの機能性疾患をはじめとする甲状腺疾患、原発性および続発性(腎性)副甲状腺機能亢進症などの副甲状腺疾患を中心に診療をしています。手術は病気の根治性と術後のQOLを考慮して決定して、手術に関する詳細な説明と情報提供を常に心がけています。また、甲状腺癌では新しい分子標的薬が相次いで保険収載されていますが、これらの薬剤は甲状腺癌の病態を十分に把握したうえで使用することが望まれます。我々は長年の治療経験から甲状腺癌の特性を理解したうえで適切な治療法をご提供しています。甲状腺・副甲状腺の病気を疑われたらお気軽に受診してください。

その他

紹介していただく時の留意事項

患者さんを紹介される際は診療情報提供書(紹介状※1)と共に画像データを患者さんに持参いただくようお願いいたします。
初診受付日:火・木 午前9:00~11:00※2
但し、それ以外の曜日でも紹介状があれば対応は可能です。
※1 保険医療機関発行のもの
※2 午前8:30~10:30の間に総合案内で初診手続きをお済ませください。

ページトップへ