• 外来担当医表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-787-2800
045-787-2800


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 診療部門  > 心臓血管外科・小児循環器

心臓血管外科・小児循環器

担当部長/主任教授
益田 宗孝

小児循環器担当部長/准教授
磯松 幸尚

診療内容・特色・主な対象疾患

心臓血管外科グループ

狭心症・心筋梗塞などの虚血性心疾患、心臓弁膜症、大動脈疾患(胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤など)等の『成人心臓病』に対する外科治療と外来診療を担当しています。

心臓血管外科・小児循環器グループ

『小児心臓病』(先天性心疾患(含成人先天性心疾患)、小児不整脈、心筋症、川崎病、原発性肺高血圧症など)に対する診断、内科的・外科的治療、外来診療を担当しています。

診療の特色

出生直後の赤ちゃんから成人、そして80歳を超える高齢者にいたるまで幅広い年齢層の患者さんを対象として、心臓病の診断と内科的・外科的治療を総合的に行っています。入院治療は年齢や重症度に応じて、心臓血管外科病棟(主として成人の方)または小児病棟、あるいは集中治療室(ICU)や新生児集中治療室(NICU)にて行っています。手術は、心臓麻酔を専門とする麻酔科医との緊密な連携のもと、心臓外科手術を専門とする心臓血管外科専門医が担当します。ICU治療が専門の集中治療部医師、NICU治療が専門の新生児科医師との協力体制も緻密に整えられており、患者さんのご家族の方にも安心して治療を任せていただけることと思います。

主な治療実績・専門外来・検査等

成人心臓病

狭心症・心筋梗塞などの虚血性心疾患では、通常当院循環器内科において診断(心臓エコー検査、心臓カテーテル検査等)が行われます。人工心肺を使用するバイパス手術(オンポンプバイパス)と使用しないバイパス手術(オフポンプバイパス)とを、患者さんの状態によって適宜使い分けをしています。弁膜症では、僧帽弁病変と三尖弁病変に対しては原則として弁形成術を第一選択としており(第二選択は人工弁置換術となります)、大動脈弁病変に対しては原則として人工弁置換術が選択されます。また人工弁には生体弁と機械弁の二種類がありますが病変の程度や病因、患者さんのご希望を総合的に考慮して選択します。
大動脈疾患では、胸部大動脈瘤・腹部大動脈瘤ともに手術方法は人工血管による置換手術が行われます。また解離性大動脈瘤は突然発症することが多く、この疾患に対する緊急手術にも積極的に対応しています。
平成21年から腹部大動脈瘤に対するステント治療(血管内治療)を開始し、平成23年から胸部大動脈瘤に対するステント治療も開始しました。従来の手術治療と比較して、患者さんへの侵襲が少ないことが利点です。動脈瘤の解剖学的位置・動脈硬化の程度等によりステント治療の適応とならない場合には、手術治療が必要となります。

小児心臓病

先天性心疾患全般、小児不整脈、心筋症、川崎病、原発性肺高血圧などを対象としています。また出生前の心臓超音波検査による胎児診断を行っています。さらに、横浜市および神奈川県下の学校検診の精密検査も行っています。心臓カテーテル検査は年間約150例、カテーテル治療は約30-40例行われています。カテーテル治療としては動脈管のコイル塞栓術、あるいは肺動脈弁狭窄症、大動脈弁狭窄症などに対するカテーテルによるバルーン形成術などを行っています。不整脈ではWPW症候群・房室結節回帰性頻拍症などに対するカテーテル治療を循環器内科と協力しながら施行しています。徐脈性不整脈(完全房室ブロック、洞機能不全症候群)に対するペースメーカー治療と管理も行っております。また外科と協同して、心不全に対する心臓再同期治療CRTや致死的不整脈に対する植込み型除細動器治療も行っています。
QT延長症候群の診断・治療にも積極的に取り組んでおり、国内でも最多の症例数を経験しています。原発性肺高血圧症では診断・心臓カテーテル検査後、重症例ではプロスタグランディンの在宅持続点滴療法を行っています。
当院における先天性心疾患(小児先天性心疾患および成人先天性心疾患)に対する積極的な外科治療は平成12年度より開始され、現在までの小児心臓病手術件数は1,200例を超えています。当初は心室中隔欠損症、心房中隔欠損、ファロー四徴症が多かったですが、大血管転位症、総肺静脈還流異常症などの新生児期に根治手術を行う疾患が増えています。
さらに最近では幼小児期にファロー四徴症や房室中隔欠損症の手術を受けられた後、成人期に到達した方の再手術・再治療症例が増加しつつあります。本年4月から水曜日午後に『成人先天性心疾患』外来を開設しましたので、幼小児期に心臓手術を受けた皆様のお力になりたいと考えております。

専門外来初診受付日

■心臓血管外科外来
火・木 午前 9:00~11:00 ※1
(上記以外の曜日でも紹介状があれば対応可能です。事前にご相談ください。)
■小児循環器外来
火 午前 9:00~11:00 ※1
水 午後 12:30~15:00 ※2
※1 午前8:30~10:30の間に総合案内で初診手続きをお済ませください。
※2 小学生以上対象。初診手続きについては総合案内にお問い合せください。
■成人先天性心疾患外来
水 午後 14:00~16:00 ※3
※3 診療情報提供書(紹介状)のご持参を原則としています。

その他

地域の先生方へのお願い

患者さんを紹介される際は診療情報提供書(紹介状)と共に画像データを持参いただくようお願いいたします。

患者さんへのお願い

初診の方は、まず地域の医療機関におかかりになり、紹介状※をお持ちください。(お持ちでない場合、受診のご希望に添えないことがあります。)
※保険医療機関発行のもの
横浜市立大学外科治療学教室ホームページ

ページトップへ