• 外来担当医表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-787-2800
045-787-2800


{

HOME  > 来院される方へ  > 看護の日 ハートフルコンサート開催

看護の日 ハートフルコンサート開催

平成26年5月12日(月)、附属病院2階ホールにて看護部主催の「看護の日 ハートフルコンサート」が開催されました。
男性看護師会による賑やかなダンスに始まり、手術部看護師有志のフラダンスでは、陽気な音楽とダンスでフロアが南国ムードに包まれました。
また横浜市大のピアノサークル「Yokohama Medical Klavier」は、クラシックからポピュラーまで幅広い曲目を演奏し、観客を楽しませてくれました。


最後はJAZZバンド シャンティドラゴンによるサックスとピアノの演奏でした。附属病院の患者さんでもあるサックス奏者の金剛督さんは、圧巻のパフォーマンスのみならず、御自身の闘病体験を踏まえて熱いメッセージを送られていました。
観客の皆さんも手拍子をしたり、フラを踊ったりと、積極的にご参加いただき、盛況のうちに幕を閉じました。
その他、院内学級の生徒さんが医学部の桜をモチーフに作成した絵画「夜桜」、各病棟の看護師が作成した「病棟のお仕事紹介」が展示されました。


イベント概要

日時:平成26年5月19日(月)16時~17時
開場:附属病院2階ホール
対象:来院された患者さん、職員
主催:看護部

「看護の日」の由来とは・・・
5月12日は近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日。ICN(国際看護師協会)は1965年、この日を「国際看護の日」と定め、以来、看護師がどのように社会に役立っているか、一般の人々の認識を高めるために活動を行っています。

ページトップへ