ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 日本語
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • Korean
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • 資料請求
  • お問合せ
  • サイトマップ

研究者検索

研究・産学連携


ここから本文

HOME > 横浜市立大学エクステンション講座 「明日からできる広告医学!?」

横浜市立大学エクステンション講座 「明日からできる広告医学!?」

寿命が伸び、あなたや大切な家族の健康には運動・食・睡眠など生活習慣がますます大切に。けれど、健康メンテナンスは「分かっているけど」「おっくうで…」と先送りにしがちです。
・・・・ならば、視点を変えてみませんか?
「分かりやすい」「やってみたい」「ついしてしまう」、デザインで行動を起こす広告×医学の考え方から、すぐに出来る取り組みから街づくりまで。生活の場でできることを、医学者と広告プランナーの二つの視点で紹介します!

日時 平成28年5月26日 木曜日 17:30〜19:00 (全1回)
会場 横浜市立大学 福浦キャンパス 先端医科学研究棟 5階
講師 清水 真哉(株式会社 電通 ビジネス・クリエーション・センター プランニング・ディレクター)
   武部 貴則(横浜市立大学学術院医学群臓器再生医学 准教授)
※ 講師2名による講義・対談となります。
受講料 無料

横浜市立大学大学院医学研究科 武部貴則准教授と(株)電通が推進している「広告医学プロジェクト」は、アートやデザイン、コピーライティングなどの広告的視点を医学におけるコミュニケーション手法に取り入れながら、健康行動を自然に動機づける方法の研究で、市民の皆さまが将来重篤な病を発症することを未然に防ぎ、健康寿命の延伸を目指す新しい試みです。
今年度、横浜市や若手クリエーター・アーティスト等と連携・協力し、楽しみながら健康づくりができる仕掛けとして、横浜市大×電通『広告医学プロジェクト2016』が本格始動しました。

  • お問い合わせ先一覧

ページトップへ