YOKOHAMA CITY UNIVERSITY

Courses 2014

Home > Academics > syllabus list > Courses 2014
Share |
CodeJPL101
Course NameJapanese 1-1
InstructorNagatani, Naoko
Credits2
TermTerm1
MajorLanguage
Course goals(This course requires an upper intermediate or higher Japanese language level to understand the following syllabus in Japanese)
横浜市大の学生としてふさわしい学校生活を送り、学業を行うのに十分な日本語を身につけること。さらに、より円滑なコミュニケーションを目指し、相手に配慮した日本語を身につけること。
Course outlineこのクラスでは、「書く」技能を伸ばすことを目的としている。特に、さまざまな、「書く」場面を挙げ、どのように書いたら、より正確に伝わるか、より円滑にコミュニケーションがとれるかを、話し合いながら考えていく。
コース前半は、依頼、謝罪、誘い、問い合わせなどメールによるコミュニケーションの練習を行う。友達同士のメール、先生へのメール、メーリングリストへの投稿、会社や店への問い合わせのメールなど、さまざまな場面におけるコミュニケーションの練習を行う。(先生や会社へのメールの練習のために、敬語の復習も行う)毎回、宿題を課す予定である。
コース後半は、自分が好きな作家を紹介したり、好きな本(小説など)の魅力を効果的に伝える方法、書評を書く方法などを学ぶ。
Evaluation Scale and Policies課題の提出(20%)、授業への出席・参加態度(30%)、テスト(25%)、発表(25%)
Prerequisites授業への積極的な取り組みを重視する。
3分の1以上の欠席は原則として成績評価の対象としない。
Texts, materials, and suppliesその都度、教師がコピー教材を準備する。
授業で関連のある資料、引用文の原本など、提示し、紹介する。
Homepage
Remark
Course Schedule/Plan第1週目: オリエンテーション
第2~7週目:さまざまなメールの作成
(必要に応じて、文法の復習、敬語の復習も行う予定である)
第8週:テスト
第9-13週 ブックレビュー発表のための練習
第14-15週 発表(ブックレビュー発表)
 

Academics