ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 日本語
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • Korean
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • 資料請求
  • お問合せ
  • サイトマップ

研究者検索

公開講座・地域貢献


ここから本文

HOME > 公開講座・地域貢献 > 国際総合科学部鈴木・国吉ゼミが「黄金町読本2014」を発行

国際総合科学部鈴木・国吉ゼミが「黄金町読本2014」を発行

国際総合科学部国際都市学系まちづくりコースの鈴木・国吉ゼミ「黄金町班」では、横浜市中区黄金町のKogane-X Lab.(コガネックスラボ)を中心として、まちの再生に取り組んでいます。
その取り組みと黄金町地区の歴史などを記載した「黄金町読本」の2014改訂版を発行しました。

「黄金町読本」は、2007年版・2010年版と版を重ねてきましたが、今回「黄金町読本2014」では、黄金町地区の更なる変化として初黄・日ノ出町環境浄化推進協議会やNPO法人黄金町エリアマネジメントセンターの取り組みについて情報を更新し、充実させています。
また、今年開催されるヨコハマトリエンナーレや、東アジア文化都市のシンポジウムに向け、国内外の多くの方にも黄金町のことを知ってもらいたいという思いから英語表記も充実させました。
冊子の体裁 A5サイズ 130ページ
配布場所 黄金町エリアマネジメントセンター
〒231-0066 横浜市中区日ノ出町2-158 TEL 045-261-5467

この「黄金町班」は「人を呼び込むまちづくり」をテーマに、毎月第二日曜日に行われる黄金町のワンデイマルシェ「はつこひ市場」の運営や、今年10月末から11月頭に予定している大岡川ライトアッププロジェクトの企画にに取り組んでいます。

ページトップへ