ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 日本語
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • Korean
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • 資料請求
  • お問合せ
  • サイトマップ

研究者検索

公開講座・地域貢献


ここから本文

HOME > 公開講座・地域貢献 > 横浜市立高校との連携事業について

横浜市立高校との連携事業について

「横浜市立大学と横浜市立高等学校との教育連携に関する協定書」(平成19年1月締結)に基づき、平成19年度には「横浜市立大学と横浜市立高等学校との連携協議会」が設置され、新たに以下の連携事業が行われています。

I.横浜サイエンスフロンティア高等学校(YSFH)との連携

<連携内容>
・サイエンスリテラシーI・II・III
・市大チャレンジプログラム
・サタデーサイエンス
・プレ・オープンキャンパス参加(入試説明会の実施)
・卒業論文発表会見学

II.横浜商業高等学校(Y校)との連携

<連携内容>
(国際学科)
・「Global Learning」における特別講義開催および発表会参加
(商業科)
・「総合実践」における講評および指導・助言
(両学科)
・プレ・オープンキャンパス参加(入試説明会の実施)
・卒業論文発表会見学

III.金沢高等学校との連携

<連携内容>
・自己形成プログラムにおける金沢高校リレー講座開催
・英語力育成プログラムにおけるPractical English講座の開催
・卒業論文発表会見学

IV.南高等学校との連携

<連携内容>
・スタートアップ研修における特別講義開催

V.授業への受け入れ

市立高校の生徒を対象に、共通教養科目の中から4、5限に開講され、1年生が履修可能な「総合講義」および「基礎科学講義B」の中の科目について、「横浜市立大学と横浜市立高等学校との教育連携に関する協定」にもとづき、受講者を受け入れています。

2015年度前期は4科目7名の高校生が受講しました。
2014年度前期は5科目39名、後期は3科目12名の高校生が受講しました。
2013年度前期は6科目15名、後期は3科目8名の高校生が受講しました。
2012年度前期は7科目33名、後期は3科目5名の高校生が受講しました。
2011年度前期は3科目39名、後期は2科目10名の高校生が受講しました。
2010年度前期は8科目45名、後期は2科目7名の高校生が受講しました。
2009年度前期は7科目23名、後期は2科目4名の高校生が受講しました。
2008年度前期は6科目16名、後期は2科目4名の高校生が受講しました。

VI.英語科教員研修

横浜市立高校英語科教員を対象に、英語力および指導力向上を目的とした研修を行っています。

横浜市立大学と横浜市立高等学校との連携協議会(組織図)

全体の事業を統括する連携協議会では、
1)大学の教育に通ずる教育内容、方法の研究に関すること
2)高校教員の教育力向上に関すること
3)大学の教員による高校生を対象とする講座の実施に関すること
4)その他大学と高校との教育連携に関し必要と認める事項

について、包括的・体系的な連携を展開します。

連携協議会において年度方針を決定した後、運営委員会にて具体的な内容を検討、さらに各高等学校における部会にて事業運営の詳細を決定していく体制になっています。

ページトップへ