ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 日本語
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • Korean
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • 資料請求
  • お問合せ
  • サイトマップ

研究者検索

公開講座・地域貢献


ここから本文

HOME > 公開講座・地域貢献 > 「新古今和歌集竟宴和歌」の文化財指定について

「新古今和歌集竟宴和歌」の文化財指定について

本学、学術情報センター(金沢八景キャンパス)所蔵の貴重資料のうち、「新古今和歌集竟宴和歌 一巻」が国の重要文化財に指定されました。

 

文化財概要

新古今和歌集竟宴和歌 一巻

【大きさ】
 縦28.4センチ、全長302.5センチ
【時 代】
 鎌倉時代
【概 要】
 新古今和歌集の完成を祝って、元久(げんきゅう)二年(1205 年)に、後鳥羽院(1180〜1239 年)によって
催された歌会(うたかい)の和歌である。
 後鳥羽院が作った1首と、藤原良経(よしつね)らの各1首の計20首を収めている。
 勅撰集(ちょくせんしゅう)の完成に伴い、初めて催された竟宴における和歌であり、かつ、鎌倉時代中期に
さかのぼる最古の写本として貴重である。

資料の公開について

東京国立博物館(本館8室・11室)「平成27年 新指定国宝・重要文化財」展にて、「新古今和歌集竟宴和歌」が
展示されます。
 ◆開催期間:平成27年4月21日〜平成27年5月10日

お問い合わせ

学術情報センター
 電話:045-787-2073(平日9:00〜17:00)
 E-mail:library@yokohama-cu.ac.jp

ページトップへ