キャリア支援センターキャリア支援センター

インターンシップ

在学中・卒業直後の学生が、自分の専攻や将来のキャリアと関連した就業体験を一定期間行なう制度のことです。横浜市立大学では、実習前・実習後に所定の手続きをした場合、単位認定されます (一部、対象外の研究科・専攻があります)。また、海外インターンシップでは所定の条件を満たした場合に、後援会加入者を対象として後援会より地域別等に応じて補助金が支給されます。なお、学部1年生は夏季インターンシップ実習への参加は対象外となり、春季インターンシップ実習から参加可能となります。

実習先の探し方、申込み方法、手続き、単位認定、補助金 (海外インターンシップのみ) 等について詳細を記載した冊子をキャリア支援センターにて配布しています。また、実習先情報についてはYCUポータルの「キャリア・進路」より「インターンシップ情報検索」にて確認してください。

大まかな流れ

夏季

4月 ・オリエンテーション参加
5~7月 ・実習先情報提供
・参加申込書提出
・事前研修参加
  ※ビジネスマナー
  ※コンプライアンス
  ※海外安全教育 (海外インターンシップ参加者対象)
8~9月 ・実習 ※参加は夏季休業期間中(2017年8月4日~2017年9月21日)とする
9月 ・報告書提出
10月 ・報告会参加

春季

10月 ・オリエンテーション参加
11~1月 ・実習先情報提供
・参加申込書提出
・事前研修参加
  ※ビジネスマナー
  ※コンプライアンス
  ※海外安全教育 (海外インターンシップ参加者対象)
2~4月 ・実習 ※参加は春季休業期間中(2018年2月6日~2018年4月4日(予定))とする
4月 ・報告書提出
・報告会参加

H28年度実績

国内インターンシップ実習先

業 界 企 業 ・ 団 体 名
公務 横浜市役所、金沢区役所、内閣人事局および各府省、文部科学省、東京都庁、神奈川県庁、岩手県庁、栃木県庁、長野県庁、広島県庁、新潟市役所、群馬県大泉町役場
国際機関 国際協力機構 横浜国際センター(JICA横浜)、国際熱帯木材機関(ITTO)、国連食糧農業機関(FAO)、世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)
教育・学術機関 宇宙航空研究開発機構(JAXA)、横浜市立大学
金融・保険業 横浜銀行、かながわ信用金庫、三井住友海上火災保険、損害保険ジャパン日本興亜、東京TYフィナンシャルグル—プ
製造・建設業 日本発条、積水メディカル、大同特殊鋼、石友ホーム
物流業 日新、丸全昭和運輸、山九、日本物流団体連合会
情報通信業・マスコミ NTTソフトウェア、みずほ情報総研、デル、富士通エフサス、日本放送協会(NHK)、毎日新聞社横浜支局、琉球新報社
医療・福祉業 総合メディカル、ゆうあいクリニック、進和学園、菅田心愛の里
サービス・その他 ニトリ、みなとみらい特許事務所、税理士法人アイ・パートナーズ、大和リゾート、DeNAトラベル、コトラボ、新日本プロレスリング、studio-L

海外インターンシップ実習先

国・都市名 企業・団体名
アメリカ・ロサンゼルス Takuyo Corporation Lighthouse, Nippon Express Travel, United Television Broadcasting Systems Inc.
オーストラリア・シドニー 日本旅行
オーストラリア・ブリスベン Southern Queensland Tourism, Royal on the Park Hotel, Huckleberry Australia, Brisbane Marriott Hotel, Jams TV, Lone Pine Koala Sanctuary
オーストラリア・メルボルン Ashburton Primary School
インド・プネ Sustainability Initiatives
ベトナム・ハノイ ミナ日本語センター
シンガポール T.Ware
韓国・ソウル 韓日社会文化フォーラム、ベストフレンド韓国語学校
中国・上海 上海良図商務諮詢有限公司