ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 日本語
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • Korean
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • 資料請求
  • お問合せ
  • サイトマップ

研究者検索

学生生活


ここから本文

HOME > 学生生活 > 環境ボランティアStepUp↑が、地域環境保全功労者として環境大臣賞を受賞!

環境ボランティアStepUp↑が、地域環境保全功労者として環境大臣賞を受賞!

横浜市立大学環境ボランティアStepUp↑の表彰式

平成28年6月8日(水)に「平成28年度環境保全功労者等の表彰式」があり、YCUからは「環境ボランティアStepUp↑」が地域環境保全功労者として環境大臣賞を受賞しました。 今回は、環境ボランティアStepUp↑の高橋紘太さん(国際総合科学部3年)、土屋梓さん(国際総合科学部2年)にお話をお伺いしました。

地域環境保全功労者表彰とは

※地域環境保全功労者表彰は、地域環境保全や地域環境美化に関して、著しい功績をあげた団体に対して行われる、環境大臣による表彰です。

環境大臣賞の受賞おめでとうございます。今回の受賞について評価されたポイントを教えてください。

私たちStepUp↑は、「学生ができる身近な環境活動を考え、行動する」をモットーとし活動をしていますが、実はメンバーの多くが、StepUp↑に入った直後は、環境についての知識は決して多くありませんでした。だからこそ、環境問題に対して興味がない人の立場にたって、「どうしたら興味を持ってもらえるのか」という視点で、発信できると考えています。まずは多くの人に気軽に参加してもらうことが大切だと思い、楽しみながら環境問題について知ってもらえる活動やイベントを企画しています。そのような視点での活動が、今回評価されたと思っています。

受賞した際、団体の中で何か反応はありましたか?

横浜市立大学環境ボランティアStepUp↑の表彰式

率直に「すごいね!」という声が多かったです。実は今回、横浜市環境創造局から私たちの活動を環境大臣賞に推薦してもらい、受賞することができました。横浜市から評価をしてもらったことも、とても嬉しかったです。

StepUp↑の日ごろの活動について教えてください。

横浜市立大学環境ボランティアStepUp↑の活動

現在は1・2年生を中心とし約150名の部員で活動しています。なかでも最も力をいれている活動は、学内美化の活動です。学内では、リリパック(再利用可能なプラスチック容器)やペットボトルのキャップを回収しています。他にも学内の節電意識を高めてもらうために、キャンドルナイトといって、キャンドルの光だけで、野外で音楽やダンスパフォーマンスをするイベントも運営しています。
近年は大学や地域・行政とも連携することも多くなりました。金沢区西大通地区の寺子屋塾の活動にも参加し、地域の子どもたちの宿題をお手伝いする交流を行ったり、毎年6月には、海の公園でビーチクリーン活動も行っています。
活動をするにあたって大切にしていることは「自分たちも楽しみながら活動する」ということです。自分たちも環境問題について知識がないまま活動を開始しましたが、楽しむことでだんだんと環境問題を身近なものとして考えられるようになりました。この経験をさらに広げていけたら、と思っています。

今後の活動の目標を教えてください。

横浜市立大学環境ボランティアStepUp↑の活動

学内の環境問題の意識をもっと高めていきたいと思っています。現在リリパックの回収率は40%程度ですが、いずれは60%の回収を目指していきたいです。他にも、学内ごみの分別がまだまだできていないと感じています。3か月に一度ポスターを掲示して、啓発をしていますが、さらに意識を高める活動をしていきたいです。
また自分たちでイベントを企画していく機会も増やしていこうと考えています。最近は、私たちの活動を評価してくださり、学外のイベントからお声がけいただくことも多くなりました。ただそれだけではなく、StepUp↑が主体となって企画・運営するイベントをさらに増やし、「楽しく環境問題を知る」きっかけをより多く作れたらいいと思います。

ページトップへ