ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • サイトマップ
  • 大学トップ

研究者検索


ここから本文

HOME  >  研究成果  > 泌尿器病態学 佐野 太助教_ベストポスター賞・金賞受賞

泌尿器病態学 佐野 太 助教が『Joint Congress of Medical Ultrasound in Seoul』でベストポスター賞・金賞を受賞!

横浜市立大学 学術院医学群 泌尿器病態学 佐野 太 助教が、5月11〜13日にソウルで開かれた『2012 Joint Congress of Medical Ultrasound in Seoul』で、ベストポスター賞・金賞を受賞しました。

受賞のテーマは、“Contrast-enhanced ultrasonography of the prostate: various imaging findings that indicate prostate cancer”で、前立腺造影超音波についての研究成果です。

通常の経直腸的超音波検査(Bモード)では、早期前立腺がんは発見されにくいと言われています。佐野助教は、泌尿器病態学 上村博司准教授、窪田吉信教授の指導のもと、造影超音波法を前立腺に適応し、前立腺がんが多様な造影所見を呈することを見出しました。
また、得られた所見から前立腺がんが疑われる部位を同定して標的生検することで、従来の方法よりも効率よく前立腺がんを検出できる可能性が示され、今回の受賞となりました。

授賞式の様子(右が佐野助教)