YCU 横浜市立大学

提案 III. コンピュータを使ってみよう !

提案 III. コンピュータを使ってみよう !

大学では、高校までよりぐっとコンピュータを使う機会が増えます。事務室からのお知らせ、授業の履修申請・成績確認など、ほとんどのサービスがインターネットを使うことを前提としていますし、ワープロソフトによるレポート作成、表計算ソフトを用いたデータの集計やグラフ化、プレゼンテーションソフトを用いた発表など、日々の学習活動にも必須の道具となります。ですから、入学するとすぐに「情報コミュニケーション入門」の授業で、実践的な課題で基本的なスキルを身につけることになります。
2013年度の「情報コミュニケーション入門」では、習熟度別に分けた3グループのクラスを開講する予定です。情報コミュニケーション科目の案内、クラス分け試験の方法や内容については、以下のURL からWebページを参照してください。

http://self.cc.yokohama-cu.ac.jp/pre2014/(4月公開予定)

コンピュータ環境のアドバイスも掲載していますので、これからコンピュータ購入を計画しているみなさんは、ぜひ参考にしてくださいね。

また、情報コミュニケーション科目では、コンピュータの特性・情報の成立ちなどの理論面についても重視していきますので、関連用語の意味なども調べておきましょう。2012年度の「情報コミュニケーション入門」で紹介している参考書を以下に示します。これ以外では,高等学校で行われている教科「情報(A・B・C)」の教科書・参考書の内容をひととおり復習しておくことをお奨めします。

参考書


著者名 書名  
草薙信照 情報処理 第3版 サイエンス社,2012
坂村健 痛快!コンピュータ学 集英社,2002
ジョン・マコーミック 世界でもっとも強力な9のアルゴリズム 日経BP社,2012
石黒圭 「読む」技術 光文社,2010
奥野宣之 情報は一冊のノートにまとめなさい ナナ・コーポレート・コミュニケーション,2008
石黒圭 論文・レポートの基本 日本実業出版社,2012
藤沢晃治 「分かりやすい説明」の技術 講談社,2002
石黒圭 スッキリ伝わるビジネス文書 光文社,2010
ドナ・M・ウォン 図解表現のルール かんき出版,2011

その他に、ITパスポート試験の参考書・例題集などもいいですよ。

大学入学までの過ごし方