ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 日本語
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • Korean
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • 資料請求
  • お問合せ
  • サイトマップ

研究者検索


ここから本文

HOME > 学部・大学院 > 【開催報告】平成28(2016)年度 教養ゼミFD研修会

【開催報告】平成28(2016)年度 教養ゼミFD研修会

開催回数
日時
会場
参加者数 テーマ 研修会の様子
概要
第1回
9/1(木)
10:30〜12:00

八景キャンパス
YCUスクエア
ピオニーホール
35名
(教員23名、
職員12名)
テーマ:「学生へ課す課題量について」 第1回研修会の写真(1)

第1回研修会の写真(2)

第1回研修会の写真(3)
昨年度末に開催された教養ゼミFD研修会で、各クラスで課している課題量や成績評価について情報共有を行い、非常に参考になった教員が多数いたため、今回は各クラスの課題量に関してアンケートを取り、それに基づきディスカッションを行いました。

シラバス等で成績評価の方法は共有されていますが、レポートの分量や発表数はクラス担任に一任され、運営されています。今年度の教養ゼミを振り返り、レポートの文字数・個人やグループの発表数について各クラスの普段の様子も交えて情報共有を行いました。また教養ゼミを担当していない教員にも参加いただき、グループワークの基本的やり方は経験していてほしい等、教養ゼミに期待する学生指導について、意見が出されました。

学術情報課からは、今年度のガイダンス・レファレンスの実施報告、後期の案内の他、レポートの参考文献の探し方や書き方、レポート添削についても、学生の個々のテーマに合わせてアドバイスをすることも可能なため、積極的に利用いただきたいとのことでした。

教養ゼミは学生だけでなく、教員も専門分野が異なる複数の教員が担当しているため、一人一人の個性を活かしつつも、基本となる課題量やレポートフォーマットを共有、統一していることを学生が認識できるようにしていくことを確認しました。

ページトップへ